109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-03-22 平成31年第2回定例会(第6号 3月22日)

次に、1款5項入湯における滞納繰越分について、本来、入湯の滞納繰越は考えられないが、その状況についてただしております。  これに対し、入湯を納めていただく対象となる1社について破産等の状況となっており、現在交付要求を行っているが、その法人の所有する財産の処分が公的になされて配当を受けるのを待っている状況であるため、予算計上したものであるとの答弁がなされております。  

鹿角市議会 2017-02-02 平成29年第1回定例会(第1号 2月 2日)

4項市たばこ税、5項入湯は、平成28年度決算見込みから、それぞれ1.2%減、7.1%増を見込んでおり、市税全体では2%増で計上いたしました。  2款地方譲与税から次のページの8款地方特例交付金までと21、22ページの10款交通安全対策特別交付金については、地方財政の収支見通しや平成28年度の収入見込みを参考に算出しております。  21、22ページをお開きください。  

能代市議会 2016-03-09 平成28年  3月 定例会-03月09日−04号

6項入湯は127万5000円の計上をしております。  2款地方譲与税は2億7200万円の計上で、1項地方揮発油譲与税は6500万円、2項自動車重量譲与税は1億8200万円、3項特別とん譲与税は2500万円の計上であります。  3款利子割交付金は700万円の計上で、1項利子割交付金も同額であります。  4款配当割交付金は4400万円の計上で、1項利子割交付金も同額であります。  

由利本荘市議会 2016-03-03 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月03日−02号

市としてもこうした取り組みに呼応し、入湯の課税免除や、毎月第4日曜日を道の駅の日として、イベントの開催や特産品販売等の支援を行ってまいりました。その結果、昨年度は2社が黒字決算となり、改善が見られました。さらに今年度は、それぞれの第三セクターで実施している経営会議などに市も積極的に参加し、経営強化に取り組んでおり、黒字決算第三セクターがふえる見込みであります。  

鹿角市議会 2016-02-26 平成28年第2回定例会(第1号 2月26日)

5項1目入湯の現年課税分185万8,000円は、温泉施設等の利用実績がふえる見込みであることから、調定見込みにより追加するものです。  次のページをお願いいたします。  11款1項1目1節農地費分担金の農地災害復旧費分担金24万3,000円は、平成25年8月豪雨等により被災した農地のうち、今年度に復旧した28カ所の受益者負担金の調整によるものです。  

北秋田市議会 2015-12-24 平成27年 12月 定例会-12月24日−04号

日程第1 総務文教常任委員長報告  日程第2 議案第103号 行政不服審査法の全部改正に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について  日程第3 議案第104号 北秋田市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用等に関する条例の制定について  日程第4 議案第106号 北秋田市市税条例の一部を改正する条例の制定について  日程第5 議案第107号 北秋田市入湯条例

男鹿市議会 2015-12-17 男鹿市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月17日−05号

第10点として、温泉施設整備に向けた入湯充当の考え方について。  第11点として、男鹿市斎場指定管理料の積算内容について。  第12点として、複合観光施設に関することでは、男鹿地域振興公社を指定管理者とすることの是非について、水産振興の拠点として位置づけるとした道の駅の考え方について及び施設機能の重視した事業展開のあり方について並びに男鹿駅前開発を再協議することの認識について。

能代市議会 2015-12-16 平成27年 12月 定例会-12月16日−04号

第26条の2第7項、第44条の2第1項第1号、第69条第2項第2号、第119条の3第2項第1号、第127条第1号は、それぞれ市民税・固定資産税軽自動車税・特別土地保有税・入湯に関する申告書・申出書・申請書の記載事項に関する規定で、改正規定中の法人番号定義規定の追加等を行うものであります。  

能代市議会 2015-09-09 平成27年  9月 定例会-09月09日−04号

第7条が特別土地保有税に関する経過措置、第8条が入湯に関する経過措置の規定であります。  なお、この改正による今年度の税収への影響はありません。以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(後藤健君) 質疑を行います。      (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(後藤健君) 質疑なしと認めます。よって、議案第66号は総務企画委員会に付託いたします。

男鹿市議会 2015-06-30 男鹿市議会 会議録 平成27年  6月 定例会-06月30日−06号

議長(三浦利通君) 杉本副市長      [副市長 杉本俊比古君 登壇] ◎副市長(杉本俊比古君) 男鹿市の最近の事例と申し上げますと、入湯の関連で平成17年度の事例でございますが、市長が減給3カ月の10分の1、当時の助役が減給1カ月の10分の1、当時の収入役が減額1カ月の10分の1と。

鹿角市議会 2015-04-15 平成27年第3回臨時会(第1号 4月15日)

この一部改正の最終ページ、15ページ目に当たりますが、第6条におきまして特別土地保有税に関する経過措置、また第7条で入湯に関する経過措置を規定しております。  以上で本議案の説明を終わります。  続きまして、議案第52号をごらんいただきたいと思います。  地方税法第179条第1項の規定によりまして専決処分をいたしましたので、承認を求めます。  平成27年4月15日提出。鹿角市長。  

由利本荘市議会 2014-06-11 由利本荘市議会 会議録 平成26年  6月 定例会-06月11日−02号

特に経営難であった温泉施設である岩城アイランドパークにおいては、燃料費が想像以上に高騰したことなどを受け、指定管理料の増額や入湯の課税免除、そしてそれに伴って入浴料を値下げ、集客アップを図るといった大きな経営改善策を打ったばかりであり、市民の関心は高く、今後の発展を望む声は大変大きなものとなっております。  

由利本荘市議会 2014-03-19 由利本荘市議会 会議録 平成26年  3月 定例会-03月19日−05号

自主財源の根幹をなす1款市税では、法人市民税のほか、課税免除措置による入湯の減少などを見込んでいるものの、均等割額の見直しに伴う個人市民税の増や、固定資産税などが前年比で増加となるなど、市税全体では前年度比1.2%、約9,100万円増の79億650万1,000円となり、歳入総額に占める割合は15.8%となっております。  

鹿角市議会 2014-03-05 平成26年第2回定例会(第2号 3月 5日)

この市税であります入湯についてお伺いしますけれども、これは15ページですか、平成25年度でありますが、観光客数あるいは宿泊客数ともに昨年よりも伸びているという状況の中で、この補正が270万円減額をされているという状況であります。観光客がふえている、宿泊客がふえている、そういう状況にあってなお減額をしなければいけない。

鹿角市議会 2014-02-28 平成26年第2回定例会(第1号 2月28日)

1款5項1目入湯の現年課税分の270万円の減額は、災害台風の影響などを含めた実績見込みによる減額であります。  11款1項1目1節農地費分担金の農地災害復旧費分担金663万4,000円は、8月豪雨及び9月の台風により被災した農地82カ所の査定終了による事業費の追加分に対する受益者負担金です。以下実績見込みによる増減であります。  17ページをお開きいただきたいと思います。