13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

能代市議会 2016-12-13 平成28年 12月 定例会-12月13日−03号

災害対応についても、建物は耐震構造とし、発電設備や電算室、災害対策本部災害時の一時的避難場所として使用できる議場等の重要諸室は3階以上に配置し、洪水津波にも備えたつくりとしているほか、雨水をトイレ洗浄水等に活用する雨水注水利用システムの導入など、防災拠点として十分な機能を備えております。

能代市議会 2016-06-22 平成28年  6月 定例会-06月22日−05号

事務の調査については、当局から、新庁舎建設工事等の施工状況として、新庁舎南側棟及び外構工事の現況について説明があり、また、今後の予定としては、北側耐震棟及び南側棟について、引き続き内外装の仕上げ工事を行い、8月上旬から外部足場を順次解体する。外構工事については、引き続き旧渟城第二小学校グラウンド側の駐車場舗装工事を行うとともに、照明設備等の設置を行う、との説明があったのであります。  

能代市議会 2015-12-08 平成27年 12月 定例会-12月08日−01号

庁舎整備事業についてでありますが、新庁舎建設工事につきましては、10月に装置の設置を終え、現在、1階部分の躯体工事を行っております。第1駐車場(さくら庭)建設工事については、鋼材需要の高まりにより鉄骨資材の搬入がおくれたことから、完成期限を11月30日から1月15日に変更しましたが、全体の工事工程に影響はありません。

能代市議会 2015-03-24 平成27年  3月 定例会-03月24日−06号

また、装置ゴムが国の性能基準を満たしていなかった問題が報道されたが、新庁舎建設工事への影響について触れられ、当局から、装置については、設計の性能を満たす仕様の製品を設置することとしており、同等の製品を扱うメーカーは複数あり、どのメーカーを選定するかについては、今後、工事請負業者が選定することとなっている、との答弁があったのでありますが、これに関連し、工事請負業者が装置メーカーの選定をするということであるが

能代市議会 2013-09-09 平成25年  9月 定例会-09月09日−02号

防災拠点機能として、構造を採用しています。また、主要機械室を津波被害の受けない3階と4階に設置し、給電・給水・空調の確保をするとのことです。8月に公表された県の地震被害想定調査報告書によると、3海域連動型地震による津波高さは11.41メートルと出ています。そこで、屋上も含めた3階を一時避難のスペースとしています。

由利本荘市議会 2012-03-06 由利本荘市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-03月06日−03号

次に、東日本大震災による消防救急無線の被害を教訓とした対策でありますが、地震対策として新消防庁舎の通信指令室を構造とし、通信機器を保護いたします。  また、長時間の停電対策として、庁舎や無線基地局などにそれぞれ非常電源装置を設置するとともに、無線機器などの被災対策として衛星携帯電話の配備や防災行政無線などの活用を考えてまいります。  

由利本荘市議会 2011-12-07 由利本荘市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月07日−03号

①由利本荘市における防災活動拠点としての整備について、ア、1階基礎部分を構造にすることについて。  質問技術の最大の目的は、大地震の際の人命や財産の被害を防ぐと言われることであります。構造にするべきとの前提で質問をさせていただきます。  

鹿角市議会 2011-09-14 平成23年第5回定例会(第3号 9月14日)

また、本市では日常の事務処理あるいは窓口サービスなども情報システムで処理しておりますが、これらに要する電源確保あるいは機器の二重化、化にも取り組んでおりまして、今後もさまざまなケースを想定しながら必要な整備を進めてまいります。 ○議長(髙杉正美君) 宮野和秀君。 ○13番(宮野和秀君) 今市長の方から消防本部等に設置可能な場合はそちらの方に置くと。

由利本荘市議会 2011-09-06 由利本荘市議会 会議録 平成23年  9月 定例会-09月06日−03号

さらに、建物が耐震構造と構造とに分けて建築しているなど、耐震性能について十分な研究をしているのだなと大変参考になりました。  鶴岡市の人口は13万8,000人余りであります。本市との地理的状況や人口動態について相違があり、比較することは多少無理があるかもしれませんが、人命救助災害からまちを守るという理念は同じと思います。

由利本荘市議会 2011-07-27 由利本荘市議会 会議録 平成23年  7月 臨時会-07月27日−01号

こういうものができればいいなというふうに思いましたし、一例を挙げれば、屋上にヘリコプターの離着陸場もあってしかるべきだなというふうなことも思いましたし、鶴岡市の説明の中での建物、それから耐震の建物、そういった各建物に合わせた耐震構造になっているということで、非常に研究されているなというふうなことを思いましたので、市長がその報告を受けた時点での感想を聞かせていただければありがたいと思います。  

由利本荘市議会 2011-06-03 由利本荘市議会 会議録 平成23年  6月 定例会-06月03日−02号

その対応策の第1点目は、敷地の盛り土や耐震及び構造とするほか、津波水圧や浮力にも耐えることができる構造にすることであります。  第2点目は、通信指令装置や非常電源など、災害対応における重要な設備を可能な限り上階に配置することであります。  第3点目は、最上階を周辺住民の緊急避難場所として利用できるようにすることであります。  

由利本荘市議会 2011-03-04 由利本荘市議会 会議録 平成23年  3月 定例会-03月04日−02号

建物の地震対策には、耐震制震、この3つの工法があるわけでありまして、建物の構造、あるいはコンクリートの耐久性、工事期間、費用対効果等、建物の用途や特徴に応じた検討が欠かせないわけであります。  さて、市長は12月議会、今野英元議員の一般質問において、新庁舎の方向性に対し、現庁舎を耐震補強する旨の発言をしたわけであります。  

  • 1