運営者 Bitlet 姉妹サービス
1509件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-21 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月21日−06号 第2点として、健診受診率の向上対策及び健康ポイント制度との連携について。  第3点として、子育て支援等として第3子以降の国民健康保険税均等割に係る基準見直し等への考え方について。  第4点として、介護に係る住所地特例の要因、改善策等の検討について。  第5点として、地域包括ケアシステム推進に係る医療、介護等多職種連携への取り組みについて。   もっと読む
2018-09-10 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号 だから何とか今これ料金値上げすることによって、健康の駅とか、それからトレーナーをつけるとか、そういうもっとこう進化したっていうか、深いその健康づくりの活動ができないかなと、できるんじゃないかなということをまず狙っております。  そしてまた、男鹿の特殊性っていうのは、観光文化スポーツ部っていうのをつくりました。 もっと読む
2018-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号 母子手帳アプリは、自治体が交付する母子健康手帳の記録をデジタル化して保存でき、一人一人に合った情報が手元に届くアプリです。紙の母子健康手帳と併用することで、医療と自治体が一体となって、妊娠・出産・育児期の家族を継続的にサポートできます。 もっと読む
2018-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号 関係地域の勝平地区では、電磁波による健康被害はドクターヘリにも影響、何よりも近くに小・中・高校の公共施設等があり、また、住宅密集地区であり、住めない地域にされるとしております。地元新屋勝平地区全16町内で構成する勝平地区振興会は、「基地は必要ない」と決議しております。住宅密集地に施設は必要ないとして、県や市に計画撤回の態度を示すよう要望書を提出しました。 もっと読む
2018-09-03 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月03日−01号 次に、議案第63号平成29年度男鹿市特別会計歳入歳出決算の認定については、同特別会計歳入歳出決算の認定を求めるもので、国民健康保険特別会計では、歳入48億5,937万800円、歳出46億2,746万1,328円、歳入歳出差引残額2億3,190万9,472円となったものであります。   もっと読む
2018-06-26 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号 次に、議案第47号男鹿市国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてであります。  本議案は、持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律が公布され、都道府県が市町村とともに国民健康保険を行うこととされたことに伴い、国民健康保険税の税率改正を行うため、本条例の一部を改正するものであります。   もっと読む
2018-06-15 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月15日−04号 次に、議案第47号男鹿市国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてであります。  議案書では7ページからになります。  本議案は、本年度から都道府県が市町村とともに国民健康保険事業を行うことに伴い、国民健康保険税の税率改正を行うため、本条例の一部を改正するものであります。   もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 今年度、市では健康寿命の延伸を目指し、新たに健康ポイント事業を実施しております。生涯にわたり運動習慣を身につけることは、「健康で生き生きと、住み慣れたまちで生涯安心して暮らせるまちづくり」につながり、生活習慣病や介護予防など大きな効果が期待できます。   もっと読む
2018-06-13 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 大要2点目は、健康増進施策について質問いたします。  厚生労働白書によりますと、日本人の平均寿命は、2017年に過去最高を更新し、日本全体で平均寿命・健康寿命ともに伸びていることが記されております。しかしながら、平均寿命と健康寿命の差に関しては、男女ともに開きが大きくなっていることが伺えます。   もっと読む
2018-06-11 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  [職員朗読]  議案第46号 男鹿市債権管理条例の制定について  議案第47号 男鹿市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について  議案第48号 男鹿市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例について  議案第49号 男鹿市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について もっと読む
2018-05-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  5月 臨時会-05月02日−01号 本市では、複合観光施設「オガーレ」を核とした産業振興と雇用の創出、移住・定住対策、健康寿命の延伸や市民参加のごみ減量などに積極的に取り組んでまいります。  今後とも議員の皆様のご理解、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。 ○議長(吉田清孝君) 次に、副市長より当局の説明員を紹介したい旨の申し出がありますので、これを許します。 もっと読む
2018-03-23 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日) 欠席議員(なし) ───────────────────────────────────────────── 説明のため出席した者の職氏名  市長        児 玉   一 君    副市長       阿 部 一 弘 君  教育長       畠 山 義 孝 君    理事        安 保 一 雄 君  総務部長      児 玉   晃 君    市民部長      海 沼   均 君  健康福祉部長 もっと読む
2018-03-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号 はじめに、議案第7号男鹿市国民健康保険条例及び男鹿市国民健康保険事業財政調整基金条例の一部を改正する条例についてであります。  本議案は、持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律の公布に伴い、都道府県が市町村とともに国民健康保険を行うこととされたことから、所要の改正を行うため、各条例の一部を改正するものである。   もっと読む
2018-03-14 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日) 欠席議員(なし) ───────────────────────────────────────────── 説明のため出席した者の職氏名  市長        児 玉   一 君    副市長       阿 部 一 弘 君  教育長       畠 山 義 孝 君    理事        安 保 一 雄 君  総務部長      児 玉   晃 君    市民部長      海 沼   均 君  健康福祉部長 もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) ○議長(宮野和秀君) 健康福祉部長。 ○健康福祉部長(豊田憲雄君) 里帰り出産につきましては現在も受け入れていただいておりますので、引き続き受け入れていただけるものと考えております。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 次に、こころと身体の健康づくりについてお伺いいたします。  施政方針にもありましたが、秋田県では10年後、健康寿命日本一を目標に、昨年から県民を巻き込んだ運動を展開し、本市でも健康寿命日本一の実現に向けて、10年後、脳卒中で亡くなる方を8割減らしますという健康宣言をしたところです。  本市の平均寿命は、平成22年、国調で男女とも県内最下位という残念なデータがあります。 もっと読む
2018-03-06 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第2号 3月 6日) 次に、議案第16号鹿角市国民健康保険事業財政調整基金条例の一部改正について質疑を受けます。質疑ございませんか。中山一男君。 ○8番(中山一男君) 議案第17号ですが……違ったか。言っていない。 ○議長(宮野和秀君) 16号で。 ○8番(中山一男君) 16号ですか。済みません。 ○議長(宮野和秀君) よろしいですか。じゃ、進めてまいります。      もっと読む
2018-03-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月05日−04号 まず、議案第7号男鹿市国民健康保険条例及び男鹿市国民健康保険事業財政調整基金条例の一部を改正する条例についてであります。  今回の条例改正は、新年度より都道府県が市町村とともに国民健康保険事業を行うこととされたことから、所要の条例改正が必要となるものであります。  続きまして、8ページをお願いいたします。  8ページは、改正条例の本文でございます。   もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 健康づくりの推進については、本市の健康宣言として「10年後、脳卒中で亡くなる方を8割減らす」ことを掲げ、健康寿命日本一を目指す県民運動と連動した取り組みを展開することとしており、脳卒中リスクが高い方への個別指導など、重症化予防を強化しながら、その達成を目指してまいります。また、婦人科の特定健診やがん検診などに、インターネット予約システムを導入し、利便性と受診率の向上を図ってまいります。   もっと読む
2018-03-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月02日−03号 健康の駅」活動についてであります。  秋田県は、健康寿命日本一の県を新たに目指すことを宣言し、男鹿市でもロコモティブシンドローム、いわゆる日本語で言うと運動機能障害症候群的な予備軍のことなんですが、そういうものの予防の教室や、高齢者の健康機能の保持を助けるもろもろのグループの動きが始まっていると思います。 もっと読む