342件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2020-12-16 12月16日-06号

また、介護事業者が大幅な減収で、倒産や縮小、介護事業から撤退を余儀なくされるような事態は避けなければなりません。そのためにも安心して介護事業を継続できる経済支援が必要です。こうした困難を早急に打開し、新型コロナウイルス第2波、第3波、さらには「長期化」に備えて介護基盤を強化していくことが必要です。 介護保険制度は施行後丸20年を経過しました。

由利本荘市議会 2020-12-08 12月08日-03号

あまり影響がないような答弁でしたけども、全国的には、今年の9月、10月になって飲食業など従業員5人未満の小規模零細事業者とか、家族で経営している店舗などの倒産店じまいが増えているというデータが、東京商工リサーチから発表されています。私も本市店じまいをしているケースを何件か耳にしていますが、当局にはそのような情報が入っているでしょうか。もし、入っているのであれば伺います。

男鹿市議会 2020-12-07 12月07日-05号

やっぱり今から二十数年前、秋田市の大きなA級という土建屋がばたばたと倒産しました。なしてかっていうと、競争してねがったんだす。切磋琢磨してなかったです。男鹿業者は残ったす。それはやっぱり競争原理で生き残ってきて、財務的な面も技術的な面も頑張ったからですよ。そういうことがないと、やっぱり残っていけない。過保護はやっぱり絶対うまくないと思います。

男鹿市議会 2020-12-04 12月04日-04号

まあどんどん広がっていろんなところで倒産した方もいるようでありますけれども、そういう点の業者へのいわゆる私の気づいた点、いろいろ取り上げてますから、市も先ほど、今日の報告、昨日の答弁で七、八つの対策をやっていますから、全てっていうわけではないんだけども、幾らかは評価したいと思います。

男鹿市議会 2020-12-03 12月03日-03号

しかしながら、交付金でしのいではいるものの、本市実体経済中小企業においては、倒産危機にあるということも実情であります。また、まさに現在は第3波の真っただ中にあり、今後も冬場にかけてインフルエンザとともに感染が拡大されることが危惧されております。 先日、佐竹知事首都圏との移動制限はしないと記者会見しました。

鹿角市議会 2020-11-27 令和 2年第6回定例会(第1号11月27日)

鹿角パークホテル倒産しましてその理由というのは、やはりコロナ影響もありますけれども、年々、人口が減少して利用客が少なくなったということで売上げが減って赤字が重なったと、こういう形で倒産したわけですけれども、今、新しい業者がそれを引き継いで再開するにして、果たしてうまくやっていけるかと非常に心配なんですね。  

仙北市議会 2020-09-25 09月25日-05号

市内雇用状況では、現在のところ、コロナに起因する倒産は発生していない。ただし、4事業所が休業されている。様々な下支えをしながら、経済回復に向け、第4次の経済対策として、最終日補正予算追加提案を予定している。 2、農業用マルチコプター導入事業について。 当初の計画では、先進的な技術とし、農業用ドローン導入計画した。

由利本荘市議会 2020-09-04 09月04日-04号

また、倒産事業終了当市に与える影響は当事者のみならず、当市財政面にも大きく影響することから、状況を見据えながら迅速な事業者支援とともに、先ほど述べたような給付融資など、そこに働く方々への様々な支援が必要と認識します。当局の考え方をお伺いします。 続いて、②光ファイバ整備地域整備方針及びそれに関連する事業についてお伺いします。 

男鹿市議会 2020-09-03 09月03日-02号

5点目は、コロナ禍による事業倒産解雇等男鹿市で出ておられるのかどうか、お伺いいたします。 6点目として、今後の市の支援策財源等について、どう考えておられるのか。当然今後の支援策も必要じゃないかと思うわけでございますので、お答え願いたいと思います。 それから、2点目は、風力発電による男鹿市への影響についてであります。 

男鹿市議会 2020-06-18 06月18日-04号

そういうことでマイバッグができないというわけではないんですけども、今回の予算のことについては何回もいってるように、まず人命にかかわること、感染予防と、二つ目経営が大変だと、経営倒産したり事故があって亡くなるようなことがないような、そのことをやるということを優先的にやっています。 

男鹿市議会 2020-06-17 06月17日-03号

ということで、もうちょっと現実的なことを聞くと、今、県内では、特にホテルとか飲食業関係倒産とか休業、あるいは従業員解雇とかふえておりますけども、男鹿のこのホテルとか飲食業とかは、そういうふうな面でどういうふうな状況なのでしょうか。 ○議長(吉田清孝君) 小玉観光文化スポーツ部長     [観光文化スポーツ部長 小玉博文君 登壇] ◎観光文化スポーツ部長小玉博文君) お答えいたします。 

能代市議会 2020-06-16 06月16日-03号

やはり様々な方々から非常に大変困ったという声がありますし、全国的に見ても先ほど持続化給付金の話も出ましたけれども、なかなか申請しても1か月過ぎても来ないので、私の店はちょっともうぎりぎりだと、このままではもう倒産、廃業をせざるを得ないというふうなテレビのインタビューも皆さんも見ていらっしゃると思います。

男鹿市議会 2020-06-16 06月16日-02号

現在も生産、流通や人の往来などが鈍くなり、昨年との比較で売り上げ、入り客とも大幅に減って、このままでは倒産危機に陥る事業者が数多く出てくることが予想されます。影響は全業種にも及んできており、厳しい環境下で先々に不安を抱いている事業者も多いことでしょう。このことは、観光飲食関連業種以外にも一次産業まで幅広く及んでおります。新型コロナウイルスの災禍、思いがけない災難です。

鹿角市議会 2020-05-29 令和 2年第4回定例会(第1号 5月29日)

新型コロナウイルス感染拡大状況下において、市内経済や市民の安全・安心を守る取組を進める一方で、中心市街地に立地するホテル倒産など、本市基幹産業の一つである観光宿泊業は特に厳しい状況に直面しておりますので、国や県の動向を注視しながら、各関係機関とも連携し、必要な緊急経済対策を時期を逸することなく講じてまいります。