44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能代市議会 2020-03-10 03月10日-03号

次の公共施設等総合管理計画個別施設計画公営住宅あり方でありますが、市長報告で、市営万町住宅に触れておられました。津波に耐え得る強固な構造ということで、事業費がかかり増しになるのではとの印象を受けました。 総合管理計画施設の総量35%縮減目標は、30年後には4割以上の人口が減少するのに伴い、後年度負担をかけさせないというのが趣旨であります。

仙北市議会 2020-03-04 03月04日-02号

また、問題の大きな一つは、個別施設計画の未策定公共施設の件でありますけども、令和2年度中に計画策定を求められていて、統廃合等による施設維持管理経費削減が持続可能な財政運営には不可欠な状況です。高い目標といわれたんですけれども、延べ床面積35%削減でありまして、これはなかなか進捗を見ることができずにいる現状にありますけれども、市民皆様関係者等、慎重な議論はしなければいけません。

男鹿市議会 2020-03-02 03月02日-02号

また、インフラについては、平成29年に策定した公共施設等総合管理計画を踏まえ、現在、各公共施設等に関する個別施設計画策定に取り組んでおります。 今後、計画策定を通じて、施設あり方や適切な維持管理に向けた方策を検討しつつ、市民生活に必要な施設については、国・県の財政支援等を活用し、将来の財政負担の抑制や平準化等を図りながら、計画的な維持管理及び更新に努めてまいります。 

北秋田市議会 2020-03-02 03月02日-03号

わんぱぁく」の個別施設計画を見ますと、確かに集約複合化可能性検討しているということが書いてあります。子育て包括支援センターは新設ですので、もろびこども園はどういうふうになっているかお伺いいたします。 ○議長黒澤芳彦)  当局の答弁を求めます。 市長。 ◎市長津谷永光)  健康福祉部長から答弁させます。 ○議長黒澤芳彦)  健康福祉部長

仙北市議会 2020-02-25 02月25日-01号

また、公共施設等個別施設計画策定施設計画策定し、可能なものから売却譲渡等を進め、持続可能な市政運営のため、市にとって真に必要な事業以外は事業廃止も含めた見直しを行います。令和3年度の予算編成に向け、今から関係者等との協議説明をさせていただく場面もあると思います。市職員はもちろん、議員皆様市民皆様にも御理解をどうかよろしくお願いを申し上げます。 第3章であります。

仙北市議会 2019-11-29 11月29日-01号

昨年からの急激な出生率の低下、来年度には文部科学省から求められている個別施設計画策定に相当の時間を費やすことを考慮し、教育委員会総合教育会議での協議など意見をいただき、今年度の実施設計を見送る判断をさせていただきました。今後、議会の皆様をはじめ各関係者等協議させていただきながら進めていきます。 中川小学校角館小学校統合準備進捗状況について。 

北秋田市議会 2019-09-11 09月11日-02号

今、個別施設計画をちょっと参考にさせていただいておりますが、先ほど話題にありました、まず一番古いのが綴子児童館であります。こちら、昭和52年4月に落成式を行っておりました。私も確認させていただいて、ヒアリングでちょっと伺ったところ、昭和53年ということで、ちょっと誤差はあるにしろ、いずれにしても41年経過していると。西児童館においては、この個別計画では建築年月日不明となっています。

北秋田市議会 2019-06-25 06月25日-04号

点検修理等がしてこなかったのかとの質疑があり、当局からは、平成15年には屋根の防水工事平成16年には内装工事平成22年には防水補修工事、外壁の補修工事ということで、これまではふぐあいが発生してからそれぞれ補修工事を行っているという状況だったが、個別施設計画、総合管理計画の中でも予防保全が大事だということで、定期的に点検をしながら進めていきたいと考えている中で、今回、こういった落下事故が発生してしまったとの

仙北市議会 2019-06-17 06月17日-03号

中町庁舎は、新角館庁舎開庁後、公共施設等個別施設計画で解体の方針となっております。 角館庁舎跡地については、火除けの復元を考えております。また、中町庁舎跡地については、曳山会館用地として活用してほしい旨の答申書曳山会館検討委員会からいただいております。いずれにしても、具体的な事業内容、時期等は定まっていない現状にあります。

仙北市議会 2019-03-07 03月07日-03号

これを受け、平成29年3月には総合管理計画、そして平成30年3月には第1期個別施設計画仙北市で策定されております。これを見ますと、2016年現在の統計でございますが、仙北市が持っている300ほどの公共施設、このうち半分近い147施設建築後30年を経過していると。更新費用を試算した結果、今後40年間でおよそ1,000億かかる、必要になるという試算が出ております。年更新費用、割ればおよそ25億円。

仙北市議会 2019-03-06 03月06日-02号

議員は少し誤解されてるようでありますので、そこをお話ししますけれども、公共施設等マネジメント事業は、平成29年3月に策定した仙北公共施設等総合管理計画に基づいて昨年度、これは平成29年度です、は、建築系公共施設個別施設計画策定と、さらに旧角館老人福祉センター東前郷児童館総合技能センターの3施設を解体しております。もう着手は始まっているとこです。

男鹿市議会 2019-03-04 03月04日-04号

また、財政健全化ということでは、今年度に引き続き来年度も補助金事業事業見直しを行っていきたいと考えてございますし、さらには、現在、公共施設統廃合に向けた個別施設計画を、に着手してございますので、そういった部分で、できるだけ早期計画策定しながら、適正な公共施設配置を行って、維持補修費等削減などを行いながら、歳入と歳出の均衡を図った財政運営となるように努めていかなければならないものだというふうに

仙北市議会 2019-02-25 02月25日-01号

遊休市有財産のほか維持管理費財政を圧迫する施設等は、早急に個別施設計画等を策定し、可能なものから売却譲渡等を行います。これには義務教育施設文教施設等統廃合も例外としません。また、市単独補助金など全ての事業を改めてゼロベースで見直しし、市にとって真に必要な事業以外は事業廃止も含めた見直しを行います。平成32年度の予算編成に向け、既に廃止縮減事業等洗い出し作業に入っております。