957件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

まず、子育てアンケートについてですが、教育費の負担に不安を抱えている方が多く、将来の進学などの費用に対する不安が全体の46%、現在の授業料、保育料などの負担が重いと答えた方が13%、学習塾、家庭教師、習い事などの費用負担が重いと考えた方が10.4%、制服や学用品の購入や買いかえ費用の負担が重いと回答した方が3.2%と、教育費の負担に不安を感じている方が全体の74%おられることがわかりました。  

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

また、子育ての支援としては、第1子に対してはファーストベビー祝い金、第2子以降には保育料や放課後児童クラブ、ファミリーサポートセンター等の利用料の無料化、さらに第3子以降には小学校から高等学校までの教育費を支援しており、多子世帯の経済的負担の軽減が図られるように、段階的に手厚く支援を行っております。  

男鹿市議会 2018-06-26 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号

次に、議案第49号男鹿市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてであります。  本議案は、家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部改正に準じて、家庭的保育事業者等の最低基準を改めるため、本条例の一部を改正するものであります。  

鹿角市議会 2018-06-21 平成30年第5回定例会(第3号 6月21日)

次に、議案第55号鹿角市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正についてでありますが、本案の審査に当たり、委員から、家庭的保育事業について、現在市内で行われている事業所があるのかただしております。  

男鹿市議会 2018-06-15 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月15日−04号

最初に、議案第49号男鹿市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてであります。  本条例改正は、国の家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準に改正があったことから、市の基準の一部を改正するもので、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものであります。  次の12ページをお願いいたします。  

男鹿市議会 2018-06-13 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号

せっかく男鹿に移住したいと思い、市役所に住居のこと、学校のこと、保育所のこと、福祉のこと、ガス、水道のことなどを尋ねたら、いろんな窓口を案内されたということでした。その人が次に秋田市に行ったら、一つの窓口で素早くすべて進み、結局、秋田市に移住を決めたという話を聞き、非常に残念に思いました。ほかにも埼玉県から男鹿に来ようと思っていた人も、残念ながら同じようなケースでした。

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

監視カメラの設置についてでありますが、カメラの設置は事前に犯罪を踏みとどまらせる抑止効果に加え、証拠記録として事件の解決にも大きく寄与するものと認識しており、市ではこれまで保育園や学校施設を初め、市役所や文化施設等に安全管理、防犯対策としてカメラを設置しております。  

男鹿市議会 2018-06-11 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  [職員朗読]  議案第46号 男鹿市債権管理条例の制定について  議案第47号 男鹿市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について  議案第48号 男鹿市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例について  議案第49号 男鹿市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について

鹿角市議会 2018-05-29 平成30年第5回定例会(第1号 5月29日)

議案第55号鹿角市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について  鹿角市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を別紙のとおり改正するものとする。  平成30年5月29日提出。鹿角市長。  

鹿角市議会 2018-03-12 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日)

出生数の減少は保育料の無償化だけで解決できるとは思っておりませんが、若い世代が結婚、出産に二の足を踏む理由の一つである経済的課題を少しでも軽減することが行政としてできる有効策と考えますので、思い切って第1子保育料無償化を検討してはいかがでしょうか。

鹿角市議会 2018-03-06 平成30年第3回定例会(第2号 3月 6日)

3款の民生費の2項のページが122ページ、保育人材確保事業というところについてお尋ねいたします。今この確保事業なんですけれども、どのくらいの保育士さんを育成するためにとられた予算か。  それから、今保育士に関しては、男性の保育士さんが最近余り見えないなと。前はよく見えたんですけれども、男女比、もしわかったらお知らせください。  

鹿角市議会 2018-03-02 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日)

また、新たな支援策として、第3子以降の病児・病後児保育や一時預かり事業の利用料の無料化や、第2子保育料の無料化について所得制限を一部緩和するほか、放課後児童クラブでの高学年児童の受け入れを順次進めてまいります。  

男鹿市議会 2018-03-02 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月02日−03号

まず、職員数の20名削減についてでありますが、削減の対象は、従来の方針どおり保育士と技能労務職を退職不補充とするものであります。このうち保育士につきましては、各保育園の管理運営を指定管理しているため退職不補充としているものであり、退職不補充となった人員につきましては、同法人が必要に応じて確保していくものと考えております。

鹿角市議会 2017-12-20 平成29年第7回定例会(第4号12月20日)

また、本市において保育園の待機児童がゼロであることから、保育園における保育の実施が行われないなどの、特に必要と認められる理由により2歳に達する日まで延長するケースはほとんどないとの答弁がなされております。  さらに、委員からは、職員全体について育児休業の取得に当たって、1歳6カ月まで取得する方が多いのかについてただしております。  

鹿角市議会 2017-12-12 平成29年第7回定例会(第3号12月12日)

未利用施設の現状と今後の見込みについてでありますが、普通財産の建物33施設のうち、現在、未利用であるものは6施設となっており、内訳は旧保育園が2か所、学校施設、市民センター、高齢者施設、観光施設であった施設がそれぞれ1か所ずつでありますが、このうち1か所については、市内で起業を目指している方に貸し付けする予定としております。

男鹿市議会 2017-12-08 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月08日−04号

条文の第3条の改正規定は、育児休業の再度の取得ができる場合、第4条の改正規定は、育児休業期間の再度の延長ができる場合、第10条の改正規定は、育児短時間勤務終了から1年以内に再度の育児短時間勤務をすることができる場合の特別な事情といたしまして、それぞれ保育所への入所等の申し込みを行っているが、当面、入所等の見込みがない場合を加えるものであります。  条例の施行期日は、交付の日であります。