1147件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 鹿角市議会 平成30年第8回定例会(第4号12月19日) これに対し、候補者である秋八高原リゾート合同会社は、秋田八幡平スキー場の経営を主に行っているが、当団体の代表者は、周辺の温泉宿泊事業者等で構成される八幡平温泉リゾート協会に加入しているほか、八幡平エリアの森林セラピーに携わっている方々との人脈もある。 もっと読む
2018-12-11 鹿角市議会 平成30年第8回定例会(第3号12月11日) 本市において指定管理契約を締結されている個人、組合、そして会社等の数は全部で幾つぐらいと契約をしているのだろうかということであります。指定管理者制度も経費節減などに有効といいますか、そういうこともあると思いますが、一般論としてやはり経費節減に走り過ぎて結果的に市民が利用しづらくなる場合、そういうパターンもあるかと思いますが、市の意向が届きにくいなどの問題もあるかと思います。 もっと読む
2018-12-10 鹿角市議会 平成30年第8回定例会(第2号12月10日) ところが、答弁でも申し上げましたとおり、実際にはその後の工事発注の状況によって会社のほうの人員の手配がなかなかうまくいかないという状況も確認しております。   もっと読む
2018-11-30 鹿角市議会 平成30年第8回定例会(第1号11月30日) 指定管理者となる団体の名称は、株式会社かづの観光物産公社。なお、団体の概要については、議案資料の13ページにございますのであわせてごらん願います。  指定の期間は、平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間であります。   もっと読む
2018-09-11 鹿角市議会 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日) 観光業では、「鹿角市観光産業確立計画」に掲げている「稼げる観光」の牽引役となる株式会社かづの観光物産公社に経営組織力と地域観光マーケティング能力を高めるための人的支援を講じ、組織体制の強化及び地域DMO機能を果たす法人としての観光受け入れ体制と観光マネジメント力の強化を図っております。   もっと読む
2018-09-10 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号 で、例えば本市におきましては、今、オガーレにつきましても株式会社おがに指定管理をさせてございますが、そこであがった収入につきましては、すべて会社の収入であります。で、それと同様、この体育施設につきましても、市の体育協会、指定管理者である市の体協に指定管理をさせて、なおかつ利用料金制をとってございます。 もっと読む
2018-09-10 鹿角市議会 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日) 今後は、このツアーで得た評価やアドバイスを踏まえて、体験いただいた観光素材の磨き上げを行い、今月、首都圏で開催される日本最大の旅行博「ツーリズムエキスポジャパン」において、国内外の旅行会社への売り込みと商談を行うとともに、国立公園の知名度向上とさらなる誘客に結びつけてまいります。 ○議長(宮野和秀君) 成田哲男君。 もっと読む
2018-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号 ことしはオープンだったので、7月・8月はいろいろな形でかかわったと思いますが、今後も株式会社おがに対して、市は支援し、かかわっていくのでしょうか。もしそうだとすれば、どのようなかかわり方をしていくのでしょうか。  以上、1回目の質問といたします。よろしくお願いいたします。 ○議長(吉田清孝君) 答弁を求めます。 もっと読む
2018-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号 それから、会社の運営計画でございますけども、現在のところ、市で計画しておりました1日500人、まあ年間18万人、1,500円で2億7,000万という計画に対しまして、会社の方といたしましては、まあ7月オープンということで今年度は9カ月間の運営になりますけれども、2億8,000万という目標を立てて運営しているところでございます。 もっと読む
2018-06-21 鹿角市議会 平成30年第5回定例会(第3号 6月21日) これに対し、広告の内容は、昨年作成した4種類の新しい観光パンフレットから特に見ていただきたいコンテンツを掲載する考えであり、国内航空会社の国際線機内誌に1ページ掲載したいと考えている。また、国際線機内誌に掲載した場合、1カ月で80万人以上の方から広告を見ていただけると考えているとの答弁がなされております。   もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 我々議員とかね職員とかね、会社の社長方との付き合いだけしていると、そこに対しての傷みはなかなか私方も理解しきれないんだけども、今こういうアンケートなどやりますとね、そういう切実な、現実に大変だ、今よく言ってますよね、ママ友さん方が。外に貧乏人がいないよと。うちに帰れば大変なんだけれども、外に貧乏人がいないという言葉を聞いたことあるでしょう。しゃーしゃーとしてますよ、ママ友さん方。 もっと読む
2018-06-13 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 オガーレは、民間の活力と発想を活かした戦略によって経営されることを目指し、市や民間事業者の出資により設立された「株式会社おが」が運営する施設であり、その経営には、他の道の駅で経験を積み重ね、成功実績がある方を駅長として迎えております。   もっと読む
2018-06-11 鹿角市議会 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日) 現在、会社や企業の健康診断、人間ドック等、それぞれ実施されていると思いますが、市内においてはそれらの会社、企業の健診が十分に行われている状況かどうかを最初にお尋ねしたいと思います。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。   もっと読む
2018-06-11 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号 専決処分について  議案第56号 平成30年度男鹿市一般会計補正予算(第2号)について  議案第57号 平成30年度男鹿市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について  報告第2号 平成29年度男鹿市一般会計継続費繰越計算書について  報告第3号 平成29年度男鹿市一般会計繰越明許費繰越計算書について  報告第4号 平成29年度男鹿市下水道事業会計予算繰越計算書について  報告第5号 平成29年度株式会社 もっと読む
2018-05-29 鹿角市議会 平成30年第5回定例会(第1号 5月29日) さらに、去る23日に、株式会社東光ホールディングスと「災害時等における無人航空機を活用した支援活動等に関する協定」を締結し、災害発生時にはドローンを活用して被災状況をより迅速に調査できる体制を整えており、引き続き安心・安全に暮らせる市民生活を確保するため、災害応急体制と機能の充実を図ってまいります。   もっと読む
2018-05-14 鹿角市議会 平成30年第4回臨時会(第1号 5月14日) 私が会社にいたとき、月曜日に全部社有車を点検するというか、そういうことをしながら外に出る人、急に、営業とかとは違いまして臨時的に出て歩くと思うんですけれども、そういう外に出るのが多い方はそのように毎週月曜日とか点検を通して、きょうも1日、今週も1日安全に頑張りましょうという、そのようなことを意識合わせしていたと思うんですけれども、市ではそのようなことをしているのかどうか。   もっと読む
2018-03-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号 私は、会社の役員の給料であっても、いいときは上げていけばいいし、だめだったら、景気が悪くなったっていうか業績が悪くなったときは下げればいいと、そういう考えをずっと持ってます。市役所の一般職員の給料を上げ下げできないので、せめて特別職はね、そういう気持ちで、経営に当たったり、行政に当たっていくべきじゃないかなと。 もっと読む
2018-03-14 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日) 実際、そういって県外に出ていった方も、会社に隠れてバイトされる方もおられるといったことも聞いたことがあります。  移住希望者の不安は、仕事や収入面が足かせとなっている場合があります。幾ら田舎暮らしが理想であっても不安定な収入では理想に踏み切れず、それを支える副収入プラス暮らしがいが人を呼ぶと考えます。 もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) 従業員の早期離職対策についてでありますが、仕事を覚えてきた若手従業員が早期に職場を離れてしまうことは会社にとっても本人にとっても大きなマイナスであり、その要因としては仕事に対する意識の変化もありますが、仕事の内容に関する理解不足や同年代が少ないという職場環境もあるものと考えております。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 「稼げる観光」を目指す取り組みの成果と今後の進め方については、今年度は、観光プラットフォーム機能を担う株式会社かづの観光物産公社の観光企画力と営業力を強化するため、地域観光マーケティングに高い能力を有する人的支援を講じたことで、同公社の安定的な経営基盤が構築され、鹿角観光の中心としての機能を持つ組織体制が強化されました。   もっと読む