運営者 Bitlet 姉妹サービス
1329件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-10 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号 で、例えば本市におきましては、今、オガーレにつきましても株式会社おがに指定管理をさせてございますが、そこであがった収入につきましては、すべて会社の収入であります。で、それと同様、この体育施設につきましても、市の体育協会、指定管理者である市の体協に指定管理をさせて、なおかつ利用料金制をとってございます。 もっと読む
2018-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号 ことしはオープンだったので、7月・8月はいろいろな形でかかわったと思いますが、今後も株式会社おがに対して、市は支援し、かかわっていくのでしょうか。もしそうだとすれば、どのようなかかわり方をしていくのでしょうか。  以上、1回目の質問といたします。よろしくお願いいたします。 ○議長(吉田清孝君) 答弁を求めます。 もっと読む
2018-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号 それから、会社の運営計画でございますけども、現在のところ、市で計画しておりました1日500人、まあ年間18万人、1,500円で2億7,000万という計画に対しまして、会社の方といたしましては、まあ7月オープンということで今年度は9カ月間の運営になりますけれども、2億8,000万という目標を立てて運営しているところでございます。 もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 我々議員とかね職員とかね、会社の社長方との付き合いだけしていると、そこに対しての傷みはなかなか私方も理解しきれないんだけども、今こういうアンケートなどやりますとね、そういう切実な、現実に大変だ、今よく言ってますよね、ママ友さん方が。外に貧乏人がいないよと。うちに帰れば大変なんだけれども、外に貧乏人がいないという言葉を聞いたことあるでしょう。しゃーしゃーとしてますよ、ママ友さん方。 もっと読む
2018-06-13 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 オガーレは、民間の活力と発想を活かした戦略によって経営されることを目指し、市や民間事業者の出資により設立された「株式会社おが」が運営する施設であり、その経営には、他の道の駅で経験を積み重ね、成功実績がある方を駅長として迎えております。   もっと読む
2018-06-11 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号 専決処分について  議案第56号 平成30年度男鹿市一般会計補正予算(第2号)について  議案第57号 平成30年度男鹿市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について  報告第2号 平成29年度男鹿市一般会計継続費繰越計算書について  報告第3号 平成29年度男鹿市一般会計繰越明許費繰越計算書について  報告第4号 平成29年度男鹿市下水道事業会計予算繰越計算書について  報告第5号 平成29年度株式会社 もっと読む
2018-03-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号 私は、会社の役員の給料であっても、いいときは上げていけばいいし、だめだったら、景気が悪くなったっていうか業績が悪くなったときは下げればいいと、そういう考えをずっと持ってます。市役所の一般職員の給料を上げ下げできないので、せめて特別職はね、そういう気持ちで、経営に当たったり、行政に当たっていくべきじゃないかなと。 もっと読む
2018-03-14 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日) 実際、そういって県外に出ていった方も、会社に隠れてバイトされる方もおられるといったことも聞いたことがあります。  移住希望者の不安は、仕事や収入面が足かせとなっている場合があります。幾ら田舎暮らしが理想であっても不安定な収入では理想に踏み切れず、それを支える副収入プラス暮らしがいが人を呼ぶと考えます。 もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) 従業員の早期離職対策についてでありますが、仕事を覚えてきた若手従業員が早期に職場を離れてしまうことは会社にとっても本人にとっても大きなマイナスであり、その要因としては仕事に対する意識の変化もありますが、仕事の内容に関する理解不足や同年代が少ないという職場環境もあるものと考えております。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 「稼げる観光」を目指す取り組みの成果と今後の進め方については、今年度は、観光プラットフォーム機能を担う株式会社かづの観光物産公社の観光企画力と営業力を強化するため、地域観光マーケティングに高い能力を有する人的支援を講じたことで、同公社の安定的な経営基盤が構築され、鹿角観光の中心としての機能を持つ組織体制が強化されました。   もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 観光の振興については、稼げる観光を実現するため、「観光産業確立計画」に掲げる取り組みを着実に実行しながら、積極的な事業を展開することとしており、地域DMOを目指す株式会社かづの観光物産公社を中心とした観光地域づくりへの支援を強化していくほか、今後の施策展開に向けて、その拠点となる「あんとらあ」の大規模改修を行い、2020年度のリニューアルオープンを目指してまいります。 もっと読む
2018-03-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月02日−03号 消防団についてでございますが、大規模災害団員の導入については自主防災組織との類似する点が数多くあるということでございましたけれども、災害に備えての部分でありますので、自主防災組織がその部分を担っていただけるのであればそれは一番いいことなのかもしれませんけれども、さっき言った郵政消防団員のほかにも、男鹿でも協力の会社とかいろいろ、20何団体でしたか、ございまして、そういう、何かあった場合に協力していただける もっと読む
2018-03-01 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月01日−02号 また、7月にオープンする複合観光施設「オガーレ」においては、地元男鹿産の豊富な農水産物の販売や、地域で製造・加工された加工品の販売などを行うこととしており、現在、施設を運営する株式会社おがでは、出品者の募集を行っているところであります。施設で販売する新鮮・安心・安全な食材が、観光客に加えて地元の皆さんにも購入されることで、地産地消のさらなる拡大につながるものと考えられます。   もっと読む
2018-01-11 鹿角市議会 平成30年第1回臨時会(第1号 1月11日) いわゆる傷とか、そのほかの傷とかもあったもんですから、そういった部分で保険会社を通じて確認してもらったり、そういった内容で時間を要したものでございます。 ○議長(宮野和秀君) ほかにございませんか。吉村アイ君。 ○11番(吉村アイ君) 11番吉村です。  時間のことと駐車場の場所の2点お尋ねいたします。   もっと読む
2017-12-20 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第4号12月20日) これに対し、株式会社花の輪の清算手続に対して、本市の地域やまちづくりに与える影響を勘案し早期解決を図るため、清算整理を支援するかづの商工会に対し、市が拠出するものである。市が拠出するための補助金交付要綱においては、取締役会等において清算の意思決定がなされ、財務状況からどうしても破産手続に要する費用の捻出が困難と認められた場合に限ること。 もっと読む
2017-12-18 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月18日−05号 本議案は、男鹿市複合観光施設の指定管理者として、「株式会社おが」を指定するものであります。  本案について、委員より、複合観光施設は道の駅への登録を目指しているが、その申請準備等の状況について質疑があり、当局より、2月の申請に向け、現在、国土交通省への説明等を行う中で、事前に資料の確認をしていただきながら申請準備をしているところである。 もっと読む
2017-12-12 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第3号12月12日) ○18番(黒澤一夫君) まず初めに、あそこへ入るというのが食品関連の会社、生産の会社ということで伺っていますけれども、これは団地に特色を持たせるということで同じような形態の食品の生産なり、そういう業種の会社の誘致に力を入れるものか。 もっと読む
2017-12-11 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第2号12月11日) 湯瀬温泉郷の案内表示や観光パンフレットの設置、そしてポスター掲示などにつきましては、道路管理者であります東日本高速道路株式会社から協力を得ながら取り組んでまいりますと答弁をいただいておりましたが、先日、湯瀬パーキングに行ってみましたところ、湯瀬温泉のパンフレットはおろか鹿角市のポスターも掲示されていなかったのですが、掲示依頼はされているのかお伺いいたします。 ○議長(宮野和秀君) 産業部長。 もっと読む
2017-12-08 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月08日−04号 指定管理者となる団体の名称は、男鹿市船川港船川字新浜町1番地19、株式会社おが、代表取締役中田正好であります。  指定の期間は、平成30年4月1日から平成35年3月31日までであります。  指定管理者の選定につきましては、当該施設の運営を予定し、市も出資して設立された会社であることから、男鹿市公の施設に係る指定管理者の指定手続に関する条例第5条の規定に基づき、公募によらず選定しております。   もっと読む
2017-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号 何よりも、特に中小規模の会社などは大変な状態になると言われていますし、特に私は質問で取り上げたのは、この男鹿市の場合、低所得者層の、先ほどの財源の問題じゃないんですけども、比率が高いし、農業、漁業など課税事業者などの負担が大変なものになるというふうに考えられます。 もっと読む