1667件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

由利本荘市議会 2020-06-10 06月10日-04号

議案第116号物品小型動力ポンプ付積載車購入契約締結についてでありますが、これは、東由利及び鳥海地域消防団に配備する4台の車両の購入について、株式会社タカギと3,621万2,000円で契約締結するに当たり、議会議決を得ようとするものでありますが、提案趣旨を了とし、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。 続いて、各会計の補正予算についてであります。 

由利本荘市議会 2020-05-28 05月28日-02号

◎副市長阿部太津夫君) 今、事故報告を見ているんですけれども、12月27日に保険会社の方といろいろなやりとりをして、その際に代理の方と過失だとか、どちらが何対何というようなことについて、お話がされております。何分相手のあることでありますので、本人とはちょっと時間がかかったようでありますけれども、そういうことについて市のほうとのやりとりは行なっております。

由利本荘市議会 2020-05-25 05月25日-01号

歳出7款1項商工費2,100万円については、本市の第三セクターである株式会社岩城への貸付金であります。 その第三セクターである株式会社岩城は、株式会社天鷺ワインを存続会社に、道の駅であります岩城アイランドパーク株式会社、株式会社史跡保存伝承里天鷺村の3社を統合。平成26年4月の発足から、早くも7年目を迎えたところであります。 

能代市議会 2020-03-25 03月25日-06号

審査の過程において、生活バス路線維持対策として、利用者の少ない路線を走る大型バスを小型化できないか、との質疑があり、当局から、地域公共交通網活性化協議会には、バス会社やタクシー会社等、様々な方にも入っていただいているため、この会議の中で市民に利便性高く、効率的に利用してもらえる方策について協議、検討していきたい、との答弁があったのであります。 

由利本荘市議会 2020-03-18 03月18日-05号

議案第68号物品由利本荘アリーナ移動観覧席購入契約締結についてでありますが、これは、ナイスアリーナに増設する移動観覧席6台を購入しようとするものであり、指名競争入札の結果、株式会社スダキ商事と1億340万円で契約締結するに当たり、議会議決を得ようとするものでありますが、その提案趣旨を了とし、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。 

能代市議会 2020-03-11 03月11日-04号

それから売上げ等利益に関する経費につきましては、収益施設分といたしまして35.16%、この分は全部株式会社道の駅ふたついが負担することとなっています。ですから収益に係る利益の部分は株式会社道の駅のほうにという形になります。以上であります。 ○議長渡辺優子君) ほかに質疑ありませんか。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長渡辺優子君) 質疑なしと認めます。 

由利本荘市議会 2020-03-05 03月05日-03号

続いて、大項目5、人口減少対策についての(1)駅前の活性化につながるソフト事業会社等の誘致についてお伺いいたします。 昨年10月、秋田市の誘致企業として東京のアニメプロダクション代々木アートプランニング石垣プロダクションが、秋田公立美術大学卒業生の採用をするなどし、5年後には20人規模を目指す新たな会社ガキプロエースタジオを設立しました。 

男鹿市議会 2020-03-04 03月04日-04号

あわせて、柴灯まつり、あのとおりたくさんのお客さんが見えてありがたいことですし、今このように防犯指導隊、それから交通指導隊に頼るのではなく、やっぱり何かしら警備会社にでも、そういうふうな時代になってきているのかなって私は思いますけれども、その点はどう考えますか。最後にお願いします。

由利本荘市議会 2020-03-04 03月04日-02号

県立大学を卒業した若者が3Dプリンター販売会社を立ち上げ、子供向けPCセミナーを展開しながら、事業定着化に取り組んだり、美容室介護補助サービスを付加した新たなビジネスモデルを構築・実践し、秋田県の起業支援事業費補助金対象になったなどの事例もあるようです。 今までの本市起業目標は5件でありましたが、今後5年間で25件以上の目標を掲げております。

男鹿市議会 2020-03-03 03月03日-03号

私も市長に就任以来、所有者株式会社伊徳とコンタクトを取り、事業展開について協議及び情報交換を行っているところでもあり、今後も引き続き要望を重ねてまいります。 また、面積が広大であることから、他業種の企業立地等も視野に入れながら、あらゆる面から跡地の利活用に向け情報提供を図ってまいります。 次に、男鹿総合観光案内所の位置づけについてであります。