55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

青森本部で、本部が青森にあって、そちらのほうといろいろ連絡をとり合っているというお話でしたけれども、16自治体全部というのはなかなか無理だと思うんですけれども、まず伊勢堂岱遺跡、それから近くのありますよね、岩手青森岩手秋田に関しては近いので、そちらの方とはもう少し連携を十分とっていっていただきたいなと思います。それを要望して大湯環状列石に関しては終わります。  

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

○18番(黒澤一夫君) 北海道・北東北の縄文遺跡群としての候補となっております北海道の鷲ノ木遺跡から青森県、そしてここ秋田伊勢堂岱、そして大湯ストーンサークルということで17の遺跡が含まれて、今、推薦をとろうという動きにあります。範囲が広いわけですが、今後、世界遺産登録を実現するために市民意識の高揚、関心を高めるための行事や運動ということも必要であると考えます。  

鹿角市議会 2017-12-11 平成29年第7回定例会(第2号12月11日)

同じく発信という面で伊勢堂岱遺跡がある北秋田市と組んで、遺跡をPRする映像作品をつくってはどうでしょうか。県の取り組みとして移住促進分野で秋田の魅力をPRする映像作品「True North,Akita.」は、現在、本市を含む4作品まであるのですが、どれも印象深い映像と包み込まれるような音楽で心をつかまれます。

北秋田市議会 2017-10-10 平成29年  9月 定例会-10月10日−05号

また、大綱質疑でもありました「伊勢堂岱遺跡」の熊対策について、徹底的に対策をしてほしいがどのように考えているか、また猟友会と協議はしているのかといった質問がありました。  当局からは、防犯カメラや赤外線カメラではまだ不十分であり、今後、国と県と協議しながら立木の伐採をし、見通しをよくするほか、遺跡周辺の電気柵の設置も検討している。

北秋田市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号

大きな項目の3、学芸員配置についての①北秋田市文化施設についてのご質問でありますが、現在、生涯学習文化係には2名の学芸員がおり、浜辺の歌音楽館と伊勢堂岱縄文館をそれぞれが担当しております。  博物館法で定められた市内の施設は、登録博物館である浜辺の歌音楽館のみとなります。現在、浜辺の歌音楽館は、学芸員資格を持った職員が担当し非常勤職員1名を配置しております。

北秋田市議会 2017-08-08 平成29年  8月 臨時会(第2回)-08月08日−01号

先月の7月14日金曜日午前9時38分ごろ、伊勢堂岱遺跡内において、生涯学習課、宮腰正樹課長が子熊に襲われるという事故がありましたので、事故の概要についてご報告いたします。  当日は、本市で行われた全国史跡整備市町村議会東北地区協議会研修会2日目の現地研修があり、伊勢堂岱遺跡内の見学を予定しておりました。

北秋田市議会 2017-06-19 平成29年  6月 定例会-06月19日−02号

②市道大町伊勢町線の整備について。  商業施設ができて以来、交通量が多くなっている中、車両同士がすれ違うとき、どうしても並行している都市下水路に乗り上げてしまいます。車両の重量規制がない同線で、車の走行を想定していないコンクリートのふたは、この荷重に耐えられるのでしょうか。耐えられないとすれば、何らかの整備が必要ではないかと考えますが、市長のお考えをお聞きします。  

北秋田市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会-06月15日−01号

世界遺産登録を目指している伊勢堂岱遺跡については、「北秋田市伊勢堂岱縄文館」の1周年に合わせ、市ホームページの拡張による専用ホームページの開設、ロゴマークのリニューアル、タブレットを用いたガイドアプリ、館内ミュージックを作成したことから、積極的に広報し、国内外に縄文遺跡の価値を発信してまいります。また、ジュニアボランティアガイドやワーキンググループによるガイドの魅力の発信に努めてまいります。  

北秋田市議会 2016-09-09 平成28年  9月 定例会-09月09日−01号

特に、生涯学習交流施設市民ふれあいプラザ、伊勢堂岱遺跡見学施設、縄文館などの建設によって、社会教育費の増加が前年度に比べて14億円ほど支出はあるものの、増加が見受けられるものの、全体としては、教育費初め減少しているところであります。この歳出の減の要因は、合川小学校建設、あるいは学校給食センター事業の完成によるものであります。  

北秋田市議会 2016-08-09 平成28年  8月 臨時会(第2回)-08月09日−01号

これは伊勢堂岱遺跡環境整備事業に係る地方債のことでございまして、この地方債の限度額を2,560万円から2,830万円へ、270万円増額しようとするものでございます。  続いて、歳入歳出について説明をいたします。  一番後ろの8ページをお開きください。  8ページは歳出となってございます。  10款4項2目文化振興費について予算の組み替えを行っております。

北秋田市議会 2016-06-20 平成28年  6月 定例会-06月20日−02号

また、そのほかに市長が必要と認める事業ということで、伊勢堂岱遺跡の見学環境整備事業とか、それから歩行空間整備事業を初め、住宅リフォーム緊急支援事業など、そういうものの一般財源として活用させていただいているところであります。  以上でございます。 ○議長(松尾秀一)   5番 大森光信議員

北秋田市議会 2016-06-16 平成28年  6月 定例会-06月16日−01号

23ページ中段、10款4項2目の伊勢堂岱遺跡ブランド創造事業委託750万円でございますが、これも地方創生関連事業となっております。伊勢堂岱遺跡の世界遺産登録を目指して、IT等を活用した取り組みなどを用いまして、伊勢堂岱遺跡の理解と浸透を図ろうとするものでございます。  主な歳出は以上でございますが、今補正では、4月の定期人事異動に伴う職員給与費の補正も各部署で行われております。  

鹿角市議会 2016-06-09 平成28年第4回定例会(第2号 6月 9日)

秋田伊勢堂岱遺跡がことしの連休ですか、展示館がオープンし、連日大変にぎわっていると伺っております。今回の事件をばねに世界遺産登録に向けた縄文遺跡の元祖でありますストーンサークルの評価や魅力アップに、それからイベントの開催及び営業活動に今回の体制を拡充した人員、人材も含めてですね、真剣に取り組む必要があると考えますが、今後の対応をお伺いいたします。 ○議長(田村富男君) 教育長

北秋田市議会 2016-03-08 平成28年  3月 定例会-03月08日−01号

平成28年度においては、「北秋田市民ふれあいプラザ」や「北秋田市伊勢堂岱縄文館」がオープンするほか、日本海沿岸東北自動車道が鷹巣インターチェンジまで延伸され、本市も高速道路網に組み込まれることになります。これらについても交流人口の増加や物流の活性化に結びつけることで、地方創生を加速化させる1年とする所存です。  それでは、各部個別の施策についてご説明いたします。  総務部総務課。  

北秋田市議会 2015-12-24 平成27年 12月 定例会-12月24日−04号

における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用等に関する条例の制定について  日程第4 議案第106号 北秋田市市税条例の一部を改正する条例の制定について  日程第5 議案第107号 北秋田市入湯税条例の一部を改正する条例の制定について  日程第6 議案第108号 北秋田市国民健康保険条例等の一部を改正する条例の制定について  日程第7 議案第113号 北秋田市伊勢堂岱縄文館条例