164件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

また、同社の販売先は当面、一部の公共施設のみのスタートとしておりますので、実務に当たるのは代表取締役1人と社員1人の最小限の人数としておりますが、さらなる電源の確保と販売先の拡大に合わせて、組織体制の充実強化を図ってまいります。  

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

契約の相手方は、鹿角市花輪字大川添26番地、株式会社田中建設代表取締役田中教雄であります。  議案資料の1ページをごらんください。  工事の場所は、鹿角市花輪字新田町地内。  入札日は、令和元年5月21日で、仮契約を5月23日に行っております。  工期は、契約締結日の翌日から令和3年3月17日までを予定しております。  

鹿角市議会 2019-03-22 平成31年第2回定例会(第6号 3月22日)

契約の相手方は、鹿角市十和田大湯字荒瀬12番地2、八重樫建設株式会社代表取締役社長八重樫學であります。  議案資料をお願いします。議案資料の1ページです。  入札日は平成31年3月11日。仮契約を3月15日に行っております。  工期は、平成31年3月26日から平成31年12月10日までであります。  次のページの位置図をごらんください。  

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

3の貸付けの相手方は、鹿角市十和田大湯字中谷地5番地1、株式会社ホテル鹿角、代表取締役社長、小池雅彦氏です。  4の貸付料は、年額1,500万円です。  5の貸付期間は、平成31年4月1日から平成34年3月31日までの3年間です。  提案理由は、地域の活性化を図るとともに、市の産業振興に資するため、貸付料を減額して財産を貸し付けるものであります。  以上で議案第3号の説明を終わります。

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

契約の相手方は、鹿角市花輪字寺ノ後7番地、株式会社小板橋建設、代表取締役社長小板橋広吉であります。  あわせて議案資料の1ページをごらんいただきたいと思います。  工事の概要でありますが、入札日は平成30年6月5日で、仮契約を6月7日に行っております。工期は平成30年6月27日から平成31年10月31日までとしております。  

鹿角市議会 2018-05-14 平成30年第4回臨時会(第1号 5月14日)

馬渕氏は、平成元年から株式会社丸久呉服店代表取締役として会社を経営される傍ら、市の附属機関の委員を初めコナンカード協同組合や商工会の要職を歴任されるとともに、数多くの地域団体に参加されリーダー的存在としてご活躍されており、市民の信望も大変厚い方でございます。

男鹿市議会 2017-12-08 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月08日−04号

指定管理者となる団体の名称は、男鹿市船川港船川字新浜町1番地19、株式会社おが、代表取締役中田正好であります。  指定の期間は、平成30年4月1日から平成35年3月31日までであります。  指定管理者の選定につきましては、当該施設の運営を予定し、市も出資して設立された会社であることから、男鹿市公の施設に係る指定管理者の指定手続に関する条例第5条の規定に基づき、公募によらず選定しております。  

男鹿市議会 2017-11-02 男鹿市議会 会議録 平成29年 11月 臨時会-11月02日−01号

次に、議案第93号複合観光施設外構等整備工事請負契約の締結については、10月13日に条件付き一般競争入札を執行した結果、男鹿市船川港船川字海岸通り二号6番地2、株式会社沢木組代表取締役沢木則明が、1億7千906万4千円で落札したので、本契約を締結するものであります。  

男鹿市議会 2017-09-07 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月07日−04号

役員は、代表取締役に中田正好氏、取締役として私、藤原と、JAから大山氏、それから、萬漁水産の佐藤政彦氏、地域おこし協力隊でとして運営責任者としてお越しいただいている山崎宏幸氏であります。監査役として秋田銀行、北都銀行から1名ずつという形となっております。  会社の内容につきましては、以上で終わらせていただきます。  

鹿角市議会 2017-09-01 平成29年第6回定例会(第1号 9月 1日)

契約の相手方でありますが、鹿角市花輪大川添26番地、株式会社田中建設代表取締役田中教雄であります。  (新)学校給食センターですが、現在3カ所ある給食施設を1カ所に統合し、平成31年4月の稼働を目指しており、給食の提供数は2,400食としております。

由利本荘市議会 2017-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号

ふるさと応援大使の活動状況と効果につきましては、東京農工大学特別栄誉教授の遠藤章氏、株式会社協和代表取締役の畑山敏也氏からは市民講演会、国際武道大学教授の井島章氏からは少年剣道講習会での講話と実技指導、さらに、東北新社最高顧問の植村伴次郎氏には中学生の修学旅行での訪問受け入れや都内における農産物の流通先の開拓に御尽力いただいております。  

由利本荘市議会 2017-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月30日−02号

また、平成28年7月には、新たな代表取締役が就任し、さらに、ことし5月の株主総会では運営体制が一新となり、会社が一体となり、適切な施設の管理運営に努めるとの方針を伺っております。  市といたしましては、平成28年度の事業報告書をもとに、業務の実施状況等を確認したところ、事業計画及び収支計画に基づき、公の施設の設置目的に沿った管理運営が適正に行われていると判断しております。  

北秋田市議会 2017-08-08 平成29年  8月 臨時会(第2回)-08月08日−01号

2、譲渡の相手方、北秋田市阿仁銀山字下新町41番地1、秋田内陸縦貫鉄道株式会社、代表取締役社長 吉田裕幸。  平成29年8月8日提出。北秋田市長 津谷永光。  提案理由。  財産の無償での譲渡については、地方自治法第96条第1項第6号の規定に基づき、議会の議決を経る必要があるため、提案するものである。  次のページからは、A3判の資料をごらんいただきたいと思います。  

男鹿市議会 2017-08-02 男鹿市議会 会議録 平成29年  8月 臨時会-08月02日−01号

本議案は、複合観光施設建築工事請負について、平成29年7月13日に条件付き一般競争入札を執行した結果、男鹿市船川港船川字海岸通り2号6番地2、株式会社沢木組、代表取締役沢木則昭が3億661万2千円で落札したので本契約を締結するものであります。  次に、報告第10号から第13号までの和解及び損害賠償額の決定に係る専決処分についてであります。  

由利本荘市議会 2017-06-14 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月14日−05号

議案第128号物品(水槽付消防ポンプ自動車)購入契約の締結については、本荘消防署に配備する1台の車両の購入について、猿田興業株式会社の代表取締役社長と5,216万4,000円で、議案第129号物品(小型動力ポンプ付積載車)購入契約の締結については、矢島、由利、大内地域の消防団に配備する3台の車両の購入について、株式会社高義商会の代表取締役と2,598万4,800円で、それぞれ契約を締結するに当たり、

鹿角市議会 2017-04-11 平成29年第2回臨時会(第1号 4月11日)

契約の相手方は、鹿角市十和田大湯字中田1番地3、株式会社石川組代表取締役石川 潤であります。  議案資料の26ページをお願いいたします。  工事の概要でありますが、工事の場所は鹿角市十和田大湯字中谷地地内ほか、工期は平成29年4月15日から平成30年3月15日までであります。  工事概要でありますが、資料27ページのA3判配置図をごらん願います。  

能代市議会 2016-12-21 平成28年 12月 定例会-12月21日−05号

次に、議案第82号能代市老人憩の家の指定管理者の指定についてでありますが、本案は、能代市老人憩の家白濤亭の指定管理者を指定しようとするもので、指定しようとする団体は、大館市片山字中通6番地2、東北ビル管財株式会社 代表取締役 五十嵐弘悦、指定の期間は平成29年4月1日から平成34年3月31日までであります。  

男鹿市議会 2016-12-07 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−03号

その中から代表取締役って決まるのでないんですか。それを誰かさんに頼んで代表にしてもらったとか、そんなことね、しかも議員とか集めて意見交換と称してやるようなものですか。私、これはちょっと勘違いしてるんじゃないかなと思っています。  それから、もう一つその出資団体の14団体予定されている方々、第三セクターもいますよね。男鹿市で補助金出してる、出資されている、そういう会社が出資できるんですか。

由利本荘市議会 2016-12-06 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月06日−02号

また、現在は、新たな代表取締役が就任され、適正に管理運営がなされているものと認識しております。  なお、事故や不備事項については、会社の監査役から担当部局に相談があり、指定管理業務の範囲内において市が監督や指示できる項目については、その都度、会社に対して指導をしてまいりました。  

男鹿市議会 2016-12-06 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月06日−02号

私は、やはり代表者というものは、出資団体の中から選ぶべき、あるいは出てくるべきものだと思いますし、それが今回は個人が推薦されて出たわけですけれども、個人でも法律的なそういうものは何も関係はないと言いますけれども、やはり社会常識、一般的に言うと、やっぱり出資者の中の方が代表取締役ですか、代表者になるわけでございまして、個人でなった場合、先ほど責任を取るものではないと言っておりましたけれども、やはり代表者