運営者 Bitlet 姉妹サービス
10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2013-12-16 鹿角市議会 平成25年第8回定例会(第2号12月16日) 人民は病人なり、政治家は医者なり」。これは、医者の息子であった彼が、まず人民と政治家の関係を病人と医者になぞらえて言った言葉なんですけれども、要するに、医者という者は病人を治し健康にするのが仕事でございます。政治家も全く同じで、住民をいたわりながらその地域をよくする。健康な環境にするために働く。こういう精神を持ちながら私も今後の議員活動をしていきたいなと思っております。 もっと読む
2013-12-16 鹿角市議会 平成25年第8回定例会(第2号12月16日) 人民は病人なり、政治家は医者なり」。これは、医者の息子であった彼が、まず人民と政治家の関係を病人と医者になぞらえて言った言葉なんですけれども、要するに、医者という者は病人を治し健康にするのが仕事でございます。政治家も全く同じで、住民をいたわりながらその地域をよくする。健康な環境にするために働く。こういう精神を持ちながら私も今後の議員活動をしていきたいなと思っております。 もっと読む
2011-06-28 仙北市議会 平成23年  6月 定例会-06月28日−05号 アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの言葉に「人民人民による人民のための政治」、この民主主義の根本とも言える言葉を政治に携わるすべての皆様とともに胸に刻み、心を一つに仙北市、そして被災地の復興に向け、すべての方々と着実に歩みを進めるとともに、必ずや復興をなし遂げることを切に願いまして、賛成討論といたします。  以上です。 もっと読む
2011-02-22 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成23年  3月 定例会-02月22日−01号 また、国際交流では、ハンガリー共和国と中華人民共和国を中心に交流を実施してまいりますが、中国無錫市との友好交流が10周年を迎えることから、無錫市との記念セレモニーを本市で開催する予定であります。  最後に、第7の「行政改革による健全なまちづくり」について申し上げます。   もっと読む
2010-02-22 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成22年  3月 定例会(第1回)-02月22日−01号 また、交流活動については、引き続き、国内各都市との交流を実施するとともに、国際化社会にふさわしい地域づくりのために、ハンガリー共和国と中華人民共和国を中心として交流を実施してまいるほか、在伯秋田県人会が創立50周年を迎えることから、県などとともに記念式典への出席を予定しております。  最後に、第7の「行政改革による健全なまちづくり」について申し上げます。   もっと読む
2009-02-19 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成21年  3月 定例会(第1回)-02月19日−01号 また、交流活動につきましては、世界規模で人・物・情報・文化の交流が活発化しておりますので、国際化社会にふさわしい地域づくりのため、ハンガリー共和国と中華人民共和国を中心として交流を継続実施してまいります。  最後に、第7の「行政改革による健全なまちづくり」について申し上げます。   もっと読む
2006-12-22 仙北市議会 平成18年 12月 定例会-12月22日−05号 今、世界が戦争ではなく平和を望んで努力しているときであり、さらに、朝鮮民主主義人民共和国が今でも日本を攻めるとか、危険な状態にあるとか、一部マスコミが報道しておりますけれども、同国の国家予算は日本でいえば四国全体を合わせた予算しかならず、到底、軍事的にも、また経済的にも不可能であるということが専門家の見方であるわけでございます。  それでは、今なぜこの同組織化を急ぐのか。 もっと読む
2001-12-11 能代市議会 平成13年 12月 定例会-12月11日−03号 お前がお上からいただく給料は、人民の汗と脂の結晶ですよ。下々の人民は虐げ易いけれども、しかし天を欺くことはできませんよと、こういうのでございます。碑文の中には今の時代に合わない語句もありますけれどもそのことを割り引いても、公務員のあり方として現代にも通じる教えだなあと、このように肝に銘じた次第でした。以上、定年退職の再雇用について私の率直な感想を申し述べました。市長の御見解をお伺いいたします。 もっと読む
1996-12-09 能代市議会 平成 8年 12月 定例会-12月09日−02号 これまでにコメ過剰対策としては、昭和四十五年にパキスタンなど途上国にコメを援助した例があるほか、最近ではフィリピンと朝鮮民主主義人民共和国に、平成五年のコメ不足時に輸入した外国産米を合計五十六万トン援助しております。 もっと読む
1995-12-11 能代市議会 平成 7年 12月 定例会-12月11日−02号 第七の質問は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に対する緊急食料援助についてであります。十一月二十八日の読売新聞によりますと、バアナード・クリッシャー元ニューズウイーク紙東京支局長が訪朝して、北朝鮮の水害による平壌の南の黄海北道の銀波、隣山の両郡と中国との国境近くの新義州市などの被災地を訪れ、日本など諸外国から寄附された古着や義援金で購入した二百万円相当の粉ミルクなどを手渡しされたそうであります。 もっと読む
  • 1