運営者 Bitlet 姉妹サービス
912件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号 今年度は、新たに地域の高齢者の介護予防活動支援を行う人材の育成として、シルバーリハビリ体操指導士養成講座を今月より開催することとしております。  こうした取り組みから、地域の身近な場所で住民が主体となって運営する憩いの場を充実させ、住民同士で支え合う地域づくりを推進し、元気な高齢者をふやしていきたいと考えております。   もっと読む
2018-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号 また、ケアシステムの持続可能性確保の観点からも、効率的なサービス提供推進のため、医療従事者等構成する人材の確保や労働環境の整備は、喫緊の課題であります。これらを踏まえ、以下、質問致します。  一つとして、男鹿版地域包括ケアシステム実現に向けた現状と、目指すべきケアシステムの方向性の明確化や、効率化・適正化を図ることを可能にするための共通基盤構築について。   もっと読む
2018-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号 県では、市街地における商業及びサービス業の振興を図るため、商店街の若手人材の育成や空き店舗と起業者とのマッチングを支援する「起業者を呼び込める商店街づくり支援事業」を、県内で男鹿市と美郷町の2地域で実施しており、空き店舗の新規開店を目指すこととしております。   もっと読む
2018-06-26 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      地方財政の充実・強化を求める意見書  地方自治体は、子育て支援策の充実と保育人材の確保、高齢化が進行する中で社会保障への対応、地域交通の維持など、果たす役割が拡大する中で、人口減少対策を含む地方版総合戦略の実行やマイナンバー制度への対応、大規模災害を想定した防災・減災事業の実施など、新たな政策課題に直面しています もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 阪神淡路大震災の教訓を踏まえて予測可能な被害に対し、正しい知識と適切な判断を兼ね備えた人材を育てようと防災士制度の検討が開始され、防災士資格認定制度は2003年に始まりました。  防災士は、研修講座を受講し、資格試験に合格し、消防署などが実施する救急救命講座を受講して防災士となります。 もっと読む
2018-06-13 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 健康運動指導士であったり、温泉療養指導士、こういった方々は、その前段で保健師であったり看護師であったり、いわゆる国家資格取得者に対してのいわゆるベースが必要となってくることから、なかなかその要件というのは高いわけでありますけれども、何とかこうしたマンパワーを有するこの本市、そのベースとなる有資格者は多くいる中でありますので、まるっきりその有資格者を外からということではなくて、中長期的な考えに立った形でこの人材 もっと読む
2018-03-23 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日) しかし、将来的に介護人材不足がさらに深刻化していくことが予想され、課題も多いが、国・県の施策や市独自の施策を活用しながら介護人材の確保に努め、高齢者が困らないように引き続き進めてまいりたいとの答弁がなされております。  次に、生活支援コーディネーター業務委託料について、その業務内容をただしております。   もっと読む
2018-03-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号 「国家百年の計は教育にあり」と言われますが、人材育成こそが教育のかなめであり、長期的視野で人を育てることが重要であることは、今も昔も変わりはありません。 もっと読む
2018-03-14 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日) きのうまでの質問の中でも労働力人口の減少に関する質問が続きましたが、鹿角市の大きな課題として、人材確保が課題であることが浮き彫りになったように見受けられます。  そこで、企業側にワークライフバランス優良企業として推奨するなど、副業の規制緩和を働きかけるのはどうでしょうか。 もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) さらには、設備機能の維持や助産師を初めとする人材の維持など、多くの必要条件が考えられます。これらに対する力強い施策をお聞かせください。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 次に、介護人材の確保についてでありますが、今後需要が増すと思われる介護施設の整備方針とあわせ、介護事務に従事する人材が不足していると言われて久しいわけでありますが、これは本市ばかりの問題ではないと思っております。 もっと読む
2018-03-06 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第2号 3月 6日) 3款の民生費の2項のページが122ページ、保育人材確保事業というところについてお尋ねいたします。今この確保事業なんですけれども、どのくらいの保育士さんを育成するためにとられた予算か。  それから、今保育士に関しては、男性の保育士さんが最近余り見えないなと。前はよく見えたんですけれども、男女比、もしわかったらお知らせください。   もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 今後も、作付面積の拡大に努めながら、果樹農家の負担軽減に向けた農作業支援に係る人材マッチングの仕組みを構築してまいります。   もっと読む
2018-03-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月02日−03号 どれも基本団員と同様に、土地勘が必要な任務であり、地元を知り尽くしている人材が必要だと思います。  このように消防団参加のハードルを下げることで、基本団員としての入団が難しい場合でも、大規模災害団員として希望者を広く募ることも可能ではないでしょうか。このような出動と役割を限定された消防団員は、2005年に機能別消防団員として設けられ、既に成果を上げています。 もっと読む
2018-03-01 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月01日−02号 敬老会は、市内9地区において開催し、長寿を祝福するもので、実行委員会及びシルバー人材センターに委託しております。これらの高齢者を中心とした集いや社会参加等を目的とした事業について、重複している部分を整理、見直ししていくものであります。   もっと読む
2018-02-27 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-02月27日−01号 第3点目として、住民が生き生きと暮らす魅力ある地域づくりを推進するとともに、若者の転出抑制と地域に活力を与える人材の移住・定住の促進であります。  移住・定住の促進を図るため、総合的な移住情報の発信や首都圏で開催される移住セミナーへの参加など、あらゆる機会を活用し、移住希望者に対して「男鹿半島」の魅力をPRしてまいります。   もっと読む
2017-12-20 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第4号12月20日) 次に、14款2項3目1節保健衛生費補助金の市町村健康づくり人材交付金について、市で研修等を行うとのことだが、具体的にどのような進め方を考えているのかただしております。  これに対し、市町村健康づくり人材交付金は、県の交付金であり、今年度から3カ年の人材育成に関する事業を対象とした交付金である。 もっと読む
2017-12-12 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第3号12月12日) また、高齢者世帯等に対する自治会やシルバー人材センターによる間口除雪支援や雪下ろし、除排雪に係る費用助成に加え、自治会等に対する小型除雪機の無料貸し出しを継続して実施しております。   もっと読む
2017-12-11 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第2号12月11日) また、県では「10年で健康寿命日本一」を共通目標に掲げながら、各市町村の健康課題に応じた独自の取り組みを支援するとしており、本市においては既に取り組みを進めている脳卒中対策や「シルバーリハビリ体操」の普及に加え、健康づくりに資する活動の成果を市民みずからチェックできる仕組みの構築や、主体的な健康づくりの取り組みを支援する人材の育成に取り組むこととしております。 ○議長(宮野和秀君) 舘花一仁君。 もっと読む
2017-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号 また、平成29年5月からは、家事援助が必要な高齢者に対し、高齢者みずからが支援の担い手となる男鹿市シルバー人材センター会員による家事援助サービスの提供を開始しております。  総合事業については、必要な検討を行いながら、今後とも適正なサービスの提供に努めてまいります。  ご質問の第4点は、風力発電についてであります。   もっと読む