961件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

それによりますと、画一的な普通科学びを転換し、例えばみずからのキャリアデザインができるであったり、国際的な活躍ができるであったり、地域課題を解決できるであったりなどなど、各校の人材育成イメージに応じて普通科を類型化し学びの変化を促す。こういった提言がなされております。恐らくこれは今後いろいろ検討され、2023年に予定されている高校の新学習要領に盛り込まれるものと思います。

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

昨日、ことし1月に発表した「人材確保!鹿角地域2019緊急共同宣言」に基づく「鹿角地域若年者雇用安定会議」を開催し、地元経済団体や高校関係者などが一堂に会して、若者の地元就職促進に向けた要請活動や意見交換などを行ったところであり、今後は資格取得や求人活動に対する支援の拡充など、さらなる地元就職の促進を図りながら、市内企業人材確保に取り組んでまいります。  

鹿角市議会 2019-03-22 平成31年第2回定例会(第6号 3月22日)

これに対し、職務遂行に直接関係のある能力向上としては自治大学校東北自治研修所、また県市町村課への長期派遣研修など、予算措置をしながら人材育成を行っているが、自己啓発休業はさらに専門性等を高めるために大学大学院で学ぶなどのほか、国際貢献活動なども含まれ、自発的に自らの見識を広め、資質向上を図るものである。

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

労働人口人材確保について。  5団体連携による緊急共同宣言について。  雇用情勢の逼迫懸念から、市ではこのほど県内では初となる自治体と関係機関5団体連携による人材確保対策に関する緊急共同宣言を行いましたが、取り組みの連携、強化以外に、これまでと違った取り組みはどういったことをするのか伺います。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) おはようございます。

鹿角市議会 2018-12-19 平成30年第8回定例会(第4号12月19日)

初めに、発議第6号「介護労働者労働環境及び処遇の改善」のための意見書の提出についてでありますが、実効性のある介護人材確保、離職防止を確立するためには、介護従事者の勤務環境と処遇の両方の抜本的な改善が必要不可欠であることから、介護労働者の勤務環境及び処遇の改善を図り、介護制度の真の持続性を確保することを求め、意見書を提出するものであります。  

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

その際に、市町村森林環境譲与税を間伐や人材育成、担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の森林整備及びその促進に関する経費に充てなければなりません。また、その使途を公表することとなっております。  都道府県は、森林環境譲与税を森林整備を実施する市町村の支援等に関する費用に充てなければならず、市町村と同様にその使途を公表することになっております。  

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

市では今年度、市内企業の経営者等を対象に、労働生産性の向上と従業員の労働環境の改善との関係性について、トヨタ自動車株式会社の河合副社長から講演をいただいたほか、昨年はトヨタ式の「カイゼン活動」の考え方を習得するため、若手幹部社員向けの人材育成研修を開催しており、実際に工場を視察し改善点を指摘いただくなど、良好な職場環境の整備を図っているところであり、今後もこうした働き方改革がスムーズに進められるように

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

今年度は、新たに地域高齢者介護予防活動支援を行う人材育成として、シルバーリハビリ体操指導士養成講座を今月より開催することとしております。  こうした取り組みから、地域の身近な場所で住民が主体となって運営する憩いの場を充実させ、住民同士で支え合う地域づくりを推進し、元気な高齢者をふやしていきたいと考えております。  

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

また、ケアシステムの持続可能性確保の観点からも、効率的なサービス提供推進のため、医療従事者等構成する人材の確保や労働環境の整備は、喫緊の課題であります。これらを踏まえ、以下、質問致します。  一つとして、男鹿版地域包括ケアシステム実現に向けた現状と、目指すべきケアシステムの方向性の明確化や、効率化・適正化を図ることを可能にするための共通基盤構築について。  

男鹿市議会 2018-09-05 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

県では、市街地における商業及びサービス業の振興を図るため、商店街の若手人材育成や空き店舗と起業者とのマッチングを支援する「起業者を呼び込める商店街づくり支援事業」を、県内で男鹿市と美郷町の2地域で実施しており、空き店舗の新規開店を目指すこととしております。  

男鹿市議会 2018-06-26 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      地方財政の充実・強化を求める意見書  地方自治体は、子育て支援策の充実と保育人材の確保、高齢化が進行する中で社会保障への対応、地域交通の維持など、果たす役割が拡大する中で、人口減少対策を含む地方版総合戦略の実行やマイナンバー制度への対応、大規模災害を想定した防災減災事業の実施など、新たな政策課題に直面しています