160件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

次に、市街地のにぎわいについてでありますが、にぎわい創出をはかる指標として毎年交通調査を実施しておりますが、文化の杜交流館コモッセが開館する前の平成26年度と今年度の比較では車両数が10.6%増加しているほか、花輪地区外からの車両の流入が増加していることからも、コモッセの存在がにぎわい創出に大きく寄与していると捉えております。  

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

また、ガード下から国道までの市道については、車両交通も少なく、国道までは直線で、かつ見通しもよいことから、拡幅を含めた整備の予定はございません。 ○議長(宮野和秀君) 戸田芳孝君。 ○1番(戸田芳孝君) その市道の件なんですけれども、そこは街灯1カ所しかないんですね。端っこにですね。非常に足元が暗くて危険なんですね。確認していただいて、ぜひその辺できれば何かしらの対策を講じていただきたい。

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

県からは、国の河川災害復旧事業により復旧を進めると伺っており、国の災害査定は来月以降になると見込まれますが、この路線は大変交通の多い主要路線であるため、早期復旧を強く要望しているところであります。 ○議長(宮野和秀君) 舘花一仁君。 ○5番(舘花一仁君) 詳しい答弁、ありがとうございます。本当に一日でも早く復旧できるように今後も、こちらも見守っていきますのでどうかよろしくお願いいたします。  

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

本市では、観光シーズンになりますと、当然のように自動車交通が増加し、その中で路肩等で停車をしている光景をよく目にします。例えば、道路標識や案内看板等が草木に覆われて視認できず、道路を確認していたり、また、草木で覆われたふたのない側溝に脱輪したり、あるいは、道路舗装状態が悪く、パンクし待避中など、さまざまなケースがあるようです。  

由利本荘市議会 2017-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号

この調査は、有識者などによる都市交通マスタープラン策定委員会を開催し、現況交通の分析や将来交通の推計を行い、効率的・効果的な都市交通施策の推進を図るものであり、今年度末には都市計画道路網の基礎となる都市交通マスタープランを策定してまいります。また、平成30年度には、都市計画道路網とあわせて用途地域の見直しを目指してまいりますので、御理解をお願いいたします。  

由利本荘市議会 2017-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月30日−02号

この改善については、交通調査を含めた信号制御の見直しが必要となります。  また、国道7号の石脇田頭地区丁字路交差点においては、本荘大橋から秋田方向への下り車線で朝夕の通勤車両の渋滞が激しくなっています。これは、同交差点を本荘大橋方向から石脇田尻方向へ左折する車両が減速し、直進車両を阻害するため、渋滞が発生していると考えられます。  

仙北市議会 2017-08-29 平成29年  9月 定例会-08月29日−03号

非常に車の交通も多く、歩行者が横断しているにもかかわらず、右折車、左折車が、きちんと停止しないときもあり、これ健常者でも危ないと感じてきた次第でございます。まして、白杖を持ち、目の不自由な方たちにとっては、いつ信号が青になったかさえ、声をかけなければわからないのであります。何度も、ひやりとしたりはっとしたりとした場面に出会っていると伺いました。  

北秋田市議会 2017-06-19 平成29年  6月 定例会-06月19日−02号

商業施設ができて以来、交通が多くなっている中、車両同士がすれ違うとき、どうしても並行している都市下水路に乗り上げてしまいます。車両の重量規制がない同線で、車の走行を想定していないコンクリートのふたは、この荷重に耐えられるのでしょうか。耐えられないとすれば、何らかの整備が必要ではないかと考えますが、市長のお考えをお聞きします。  最後に、4、ふるさと教育についてです。  

男鹿市議会 2017-06-16 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月16日−04号

男鹿市に道の駅をつくるとすれば、やはり道路交通が多い船越地区が最良ではないでしょうか。現在の男鹿総合観光案内所が立地条件において最適な場所と考えますが、いかがですか。  以前から議会で何度も取り上げてきましたが、渡部前市長の年間を通して売る物がないという発言から拒否されてきた経緯があります。それが今、船川に複合観光施設をつくるに当たって急に売る物ができたのでしょうか。

男鹿市議会 2017-03-16 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月16日−05号

条件的には交通の多い船越地区が最適と考えます。  今後、これらの議論は、新市長のもとでの協議に委ねられるものと考えます。よって、敷地造成工事等の提案は時期尚早であり、この事業の執行停止をも含めた見直し、再検討が必要と考えます。私どもは、十分な議論をして慎重に進めるべきという立場であります。巨額な市費を投ずる事業であるため、当然のことであります。

男鹿市議会 2016-12-06 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月06日−02号

この場所は、船越保育園や郵便局があり、交通が多い場所でもあります。小学校児童保育園児の保護者が送り迎えをしたり、郵便局へ用を足す人、船越駅に向かう人、帰る人など、ひっきりなしに人と車が行き来しています。歩道は通学路にもなっており、船越の旧市街地の中でも往来が激しい場所でもあります。また、船越保育園角の十字路は、7月に行われる男鹿駅伝女子の折り返し地点にもなっています。

鹿角市議会 2016-09-14 平成28年第6回定例会(第3号 9月14日)

秋田県では、国道282号の整備に向けた基礎調査と交通調査を実施しておりますが、先般、「調査の結果に加え、今後の整備手法なども含めて報告したいと考えており、もう少し時間をいいただきたい」との連絡を受けており、現段階で具体的な協議までは進んでいない状況にあります。  

由利本荘市議会 2016-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月31日−03号

残された未整備改良区間は、千刈のグランマートから薬師堂間約800メートルとなりましたが、この区間は、通勤車両、高校に生徒を送迎する車両、子吉小学校、東中学校、南中学校児童生徒の通学、薬師堂駅を登下校利用する各高校の生徒、日常生活に利用する市民など交通も非常に多く狭隘で、幅員と歩道がなく、危険箇所であります。  

由利本荘市議会 2016-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月30日−02号

ただ、仮橋という位置づけにしましても、国道107号という交通の多い道路道路上にかかるものでありますので、仮橋といえども堅固で耐久性が求められるような状況もあります。その辺、県とも協議しながら、国道107号本荘道路整備の促進をお願いするとともに、今後の連絡橋への対応も協議してまいりたいと考えておりますので、御理解をお願いいたします。 ○議長(鈴木和夫君) 9番渡部聖一君。

鹿角市議会 2016-06-10 平成28年第4回定例会(第3号 6月10日)

混雑緩和に当たりましては、下川原以南のバイパス整備にこだわらず、現道の拡幅改良も視野に入れた対策を検討されるよう要望しておりますが、現在、秋田県において国道282号の整備に向けた基礎調査及び交通調査が実施されておりますので、この調査結果を踏まえ、市にとって最善の整備方法で対策が講じられるように秋田県と協議を進めてまいりたいと思っております。 ○議長(田村富男君) 福島壽榮君。