運営者 Bitlet 姉妹サービス
223件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-07-31 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  7月 臨時会-07月31日−01号 本議案は、公用車の交通事故について和解し、及び損害賠償の額を定めるため、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定により、議会の議決を求めるものであります。   もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) 家族内で身近に聞かれることは、高齢者に対して家族で事故を起こすことを心配することから車の鍵を隠していることを聞きますが、お互いに加害者も被害者も交通事故の場合は困ることになり、市民への高齢者の事故防止の呼びかけが大切だと思います。  次に、地域づくりについて質問します。  まち・ひと・しごと創生総合戦略の基本目標4として、笑顔あふれる地域をつくるとしております。 もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 認知症の高齢者が徘回で行方不明となり、万が一鉄道事故や交通事故を起こして巨額の賠償が請求されるケースは、家族にとってその精神的、経済的負担ははかり知れないものがあります。 もっと読む
2017-09-13 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号 ◎市長(齊藤滋宣君) 御承知のとおりかと思いますが、例えば災害本部もそうですが、私自身は能代山本の広域の代表理事もやっているものですから、例えばそういう広域での緊急事案、例えば交通事故があった、それから気象状況が大きく変更した、そういういろいろなもろもろの消防情報だったり、警察情報だったり、気象情報だったりが入ってきます。 もっと読む
2017-09-12 仙北市議会 平成29年  9月 定例会-09月12日−05号 今後、横町交差点への信号機設置について、交通事故防止を図る上でも関係機関へ早期設置の要望を引き続き行います。また、市立角館総合病院への横断歩道を9月4日に設置をしております。横断者の安全向上に資することができると思っています。  次に、2017秋田国際合気道フェスティバル、第12回国際合気道競技大会についてであります。   もっと読む
2017-08-18 仙北市議会 平成29年  9月 定例会-08月18日−01号 職員の交通事故についてであります。  8月3日の午後3時頃、生保内武蔵野地区市道で、角館総合病院職員が公務で運転する車と自転車の児童が出会い頭に接触する交通事故が発生しました。幸いにも児童は軽傷でありました。改めて負傷された児童と御家族の皆様には、心からおわびを申し上げます。現在は、けがも回復し、元気に夏休みを過ごしているとの報告に安堵しております。 もっと読む
2017-06-13 仙北市議会 平成29年  6月 定例会-06月13日−03号 病院に通院されている患者の皆様の安全を確保する上でも、横断歩道や路面標示の設置で交通事故防止に努めなければならないという強い思いを持っています。  病院前の安全対策については、病院開設前に仙北警察署と横断歩道の設置について協議、現地立ち会いを行っております。 もっと読む
2017-06-01 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月01日−02号 最近は高齢者の交通事故が頻繁に報道されておりますが、免許証の自主返納を奨励することとの整合性にあわせ、見解をお伺いいたします。  次に、大項目9、教育方針について。  新制度での教育長就任をお祝い申し上げます。教育の成果あるいは学力の向上において、外部から注目されることは悪くはありません。 もっと読む
2017-02-22 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月22日−02号 高齢運転者の交通事故防止が事故全体の減少につながることから、今年度策定した第10次由利本荘市交通安全計画に基づき、今後とも由利本荘警察署並びに交通安全関係団体と連携し、交通事故の撲滅に取り組んでまいります。  次に、(2)自主返納促進への取り組みについてにお答えいたします。   もっと読む
2017-02-13 鹿角市議会 平成29年第1回定例会(第3号 2月13日) また、交通事故や病気などで両親を失ってしまうケースが大変に問題となっております。今後、将来を担う子供たちが肩身の狭い思いをしているような状況を減らすべきと考えます。このような子供たちにこそ支援の手を差し伸べるべきで必要と思われますが、どのような対策を講じておられるか、また今後の対策について、あわせてお伺いいたします。  次に、安定的な水の供給を確保するためにについて質問させていただきます。   もっと読む
2017-02-13 鹿角市議会 平成29年第1回定例会(第3号 2月13日) また、交通事故や病気などで両親を失ってしまうケースが大変に問題となっております。今後、将来を担う子供たちが肩身の狭い思いをしているような状況を減らすべきと考えます。このような子供たちにこそ支援の手を差し伸べるべきで必要と思われますが、どのような対策を講じておられるか、また今後の対策について、あわせてお伺いいたします。  次に、安定的な水の供給を確保するためにについて質問させていただきます。   もっと読む
2016-12-13 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第3号12月13日) 特に最近は交通量が多く、交通事故等が発生をしております。今、市長からご答弁をいただきましたが、できるだけ早くに市民の要求に応えてあげたいものであると同時に、鹿角市の交通体系からいっても、あの路線は非常に使いやすい路線であるということで、ここは行政指導に基づいて、何とか考えていただけないでしょうかと思いまして、答弁をよかったらしていただきたいと思います。 ○議長(田村富男君) 市長。 もっと読む
2016-12-13 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第3号12月13日) 特に最近は交通量が多く、交通事故等が発生をしております。今、市長からご答弁をいただきましたが、できるだけ早くに市民の要求に応えてあげたいものであると同時に、鹿角市の交通体系からいっても、あの路線は非常に使いやすい路線であるということで、ここは行政指導に基づいて、何とか考えていただけないでしょうかと思いまして、答弁をよかったらしていただきたいと思います。 ○議長(田村富男君) 市長。 もっと読む
2016-12-12 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第2号12月12日) 連日のように高齢者による交通事故が報道され、幼い子供を含め犠牲になった方々の悲痛な叫びが後を絶ちません。高速道路における逆走事故やアクセルとブレーキを踏み間違う事故など、高齢者による自動車運転の危険性が注目されております。このため、免許の更新時には高齢者専用の講習や検査が行われるようになり、さらには運転自体をやめる運転免許証の自主返納が安全対策として進められてまいりました。   もっと読む
2016-12-12 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第2号12月12日) 連日のように高齢者による交通事故が報道され、幼い子供を含め犠牲になった方々の悲痛な叫びが後を絶ちません。高速道路における逆走事故やアクセルとブレーキを踏み間違う事故など、高齢者による自動車運転の危険性が注目されております。このため、免許の更新時には高齢者専用の講習や検査が行われるようになり、さらには運転自体をやめる運転免許証の自主返納が安全対策として進められてまいりました。   もっと読む
2016-12-07 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−03号 (2)交通事故の未然防止と対策は。  全国各地で高齢ドライバーによる死傷事故、逆走事故などが相次いでいます。加齢が進めば判断力が衰え、重大事故を引き起こすおそれが高まるのは否めません。75歳以上の運転免許保有者は昨年末時点で478万人に上り、前年より30万人増加、高齢化社会が進むのに合わせ、今後も右肩上がりの傾向が続くと予想されます。   もっと読む
2016-12-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月02日−01号 まず、公用車の交通事故について、ご報告を申し上げます。  先月15日午後1時35分ころ、私と副市長、教育長が乗る公用車が、脇本富永字南前田の県道を若美地区方向に進行中、小路から横断してきた自転車と接触する事故がありました。  自転車に乗っていた方は、骨盤骨折などの重傷を負い、現在、入院加療中であります。   もっと読む
2016-06-20 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成28年  6月 定例会-06月20日−02号 次に、ドクターヘリは、救急車で長時間を要するところを一気に、機内で医師による治療を続けながら設備の整った救急救命センターに搬送することができる早期の救命装置が交通事故や心筋梗塞など、一分一秒を争う緊急時に有効であります。離着陸するヘリポートの箇所を、今以上に確保してほしいと要望があったと聞きました。今後、拡大する考えはないものかお伺いします。  4点目は、介護保険についてであります。   もっと読む
2016-03-08 鹿角市議会 平成28年第2回定例会(第4号 3月 8日) 秋田市消防本部の救急救命士でつくるグループの調査によると、2014年までの3年間、県内の入浴事故による死者は、毎年200人を超え、交通事故死亡者の5倍近くに上っております。厚生労働省の全国でも平成26年には、入浴中に死亡している人数が大変多くなっているというデータもございます。  そこでまず、鹿角市内で入浴時における入浴事故の件数及び死者数について、年間どのぐらいに上るのかお伺いいたします。 もっと読む
2016-03-08 北秋田市議会 平成28年  3月 定例会-03月08日−01号 交通安全及び防犯については、関係団体と連携して交通事故や犯罪を未然に防止する取り組みを推進し、事故のない安心・安全な社会づくりに努めてまいります。   もっと読む