運営者 Bitlet 姉妹サービス
1213件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号 国土交通省によると、2015年の関東・東北豪雨の際、氾濫危険水位を超えた河川沿いで避難勧告や指示を出した市町村は、タイムラインを策定したところで72パーセントだったのに対し、未策定では33パーセントにとどまりました。国交省は「タイムラインがあれば首長が判断に迷うことがなく、被害の最小化に有効」と話しています。 もっと読む
2018-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号 ○議長(吉田清孝君) 17番古仲議員 ◆17番(古仲清尚君) 次に、道路交通環境整備についてお伺いします。   もっと読む
2018-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号 現在、本市在住の高校生の8割程度が公共交通機関を利用し、通学していると想定されます。高校生のいる世帯への通学費補助は、子育て支援の一つの施策ではありますが、現時点においては考えていないものであります。  ご質問の第4点は、地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」についてであります。   もっと読む
2018-07-31 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  7月 臨時会-07月31日−01号 本議案は、公用車の交通事故について和解し、及び損害賠償の額を定めるため、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定により、議会の議決を求めるものであります。   もっと読む
2018-06-26 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      地方財政の充実・強化を求める意見書  地方自治体は、子育て支援策の充実と保育人材の確保、高齢化が進行する中で社会保障への対応、地域交通の維持など、果たす役割が拡大する中で、人口減少対策を含む地方版総合戦略の実行やマイナンバー制度への対応、大規模災害を想定した防災・減災事業の実施など、新たな政策課題に直面しています もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 冬になると八郎潟町なんかは、国の国土交通省にかけ合って、除雪車借り入れして自分のところもやっちゃうというやり方もしているわけだけれども、ああいうところはね、やっぱり国土交通省、お金あるわけだからね、どんどんかけ合えばそれなりの改善方してくれるんじゃないかと思うんだけれども、これもちょっと今、忘れてましたので質問させていただきます。  あと農業問題です。 もっと読む
2018-06-13 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 男鹿市は、もっと移住や定住を進めるために、昨年、国土交通省がつくった全国版の空き家・空き地バンクに登録してはどうでしょうか。秋田県では、今のところ能代市、湯沢市、由利本荘市、にかほ市、羽後町の5自治体のみです。 もっと読む
2018-05-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  5月 臨時会-05月02日−01号 また、先月25日には、国土交通省の「道の駅」第49回登録で、「道の駅おが」として登録されております。  次に、寒風山山焼き実験についてであります。  先月21日、岐阜大学津田准教授の主催により、寒風山の植生に与える影響を調査するため山焼き実験が昨年に引き続き実施されましたが、風向きの急激な変化により、実験の火が周辺に燃え移り、約3.6ヘクタールを焼く林野火災となりました。 もっと読む
2018-03-23 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日) これに対し、駅前広場全体が道路区域となる変更であるが、位置図では起点と終点とを結んだ線をあらわしており、車両の流れについては現状と同様に道路交通法に規定する環状交差点を適用する方向で警察署と協議をしている。また、駅前広場は花輪ばやしの会場ともなることから、平面に整備する予定であり、声良鶏の銅像は移設する方向で考えているとの答弁がなされております。   もっと読む
2018-03-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号 第4点として、道路舗装改良事業での防雪柵設置計画及び二次交通整備推進事業の内容とタクシードライバー等への接客指導について。  第5点として、水道事業会計負担金の積算根拠と工事に伴う繰り出し状況及び男鹿駅周辺土地利用計画策定事業の計画範囲と市民ワークショップの内容並びに道の駅連絡会負担金措置と登録見込みについて。   もっと読む
2018-03-14 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日) これら近隣都市への移動には、多くの方が自家用車または公共交通機関を利用されておりますが、長距離運転となることや経済的な負担が課題となっており、これを解消するために、現在、社会福祉協議会に委託して行っております移送サービスの拡充を検討してまいります。   もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) 大館集約により起こる問題点と対応についてでありますが、大館までの距離の遠さや冬期間交通の問題など、多くの不安の声が寄せられていることはご質問のとおりであります。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 認知症の高齢者が徘回で行方不明となり、万が一鉄道事故や交通事故を起こして巨額の賠償が請求されるケースは、家族にとってその精神的、経済的負担ははかり知れないものがあります。 もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 次に、基本目標3の「安心して住み続けられるまちづくり」についてでありますが、公共交通の確保については、公共交通の利用が困難な地域において新たな交通手段を確保するため、自治会等での地域乗合交通の運行を支援し、地域の特性やニーズを踏まえた地域交通のさらなる充実を図ってまいります。   もっと読む
2018-03-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月02日−03号 第3点として、公共交通のあり方と子どもと高齢者への低料金の交通制度についてお伺いいたします。  市内のバス運行を見ていると、乗客は学校への通学での子どもたちと高齢者の病院への通院や買い物をするための利用がほとんどで、その乗客数は全く寂しい限りであります。しかし、バスより交通手段がない方々にとっては、バスは貴重な交通手段です。   もっと読む
2018-01-11 鹿角市議会 平成30年第1回臨時会(第1号 1月11日) ○総務部長(児玉 晃君) こうした車両事故、例えば職員の交通違反とかありますけれども、そういった部分は、そういう懲戒処分の規定がございまして、それに基づいて処分が行われております。(「ありがとうございます」と呼ぶ者あり) ○議長(宮野和秀君) ほかにございませんか。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(宮野和秀君) ないものと認め、質疑を終結いたします。   もっと読む
2017-12-18 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月18日−05号 今年度取りまとめた実施計画ベースでいくと、平成30年度から平成32年度までの各施策に係る一般財源は、おおむねでありますが、産業観光施設が861万8千円、交通通信体系が1千330万円、生活環境施設が2千200万円、保健福祉施設が4千800万円、教育施設で5億円ほど見込まれている。 もっと読む
2017-12-12 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第3号12月12日) ○産業部長(田口善浩君) 新しい産業団地でございますけれども、この産業団地をつくりましたのは、企業の地方進出が高まりつつある中、多様なニーズに応える体制の誘致を有利に展開できる要素であることを踏まえまして、業種の撤廃、それからより交通の利便性の高いエリアを求める企業側のニーズに応えるということで市の独自の産業団地といたしましたので、業種についてはこだわってはおりません。 もっと読む
2017-12-08 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月08日−04号 本議案は、過疎地域自立促進特別措置法第12条第2項の規定に基づき、地域医療の確保、住民の日常的な移動のための交通手段の確保、集落の維持及び活性化など、住民が将来にわたり安全に安心して暮らすことのできる地域社会の実現を図るために実施する事業、いわゆる過疎債のソフト事業でございますが、これに要する経費に充てるため、過疎債を財源とする男鹿市過疎地域自立促進基金を設置するため、本条例を制定するものであります もっと読む
2017-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号 現在は、車を運転していても、次第に公共交通に大きく頼らざるを得なくなることが見込まれます。少子高齢化に伴い、電車やバス等の公共交通機関が減少し、買物や病院に行きたくても行けない、出掛けることができない交通弱者が今後ますますふえてくることが想定される中、持続可能な公共交通のあり方が問われています。  乗り合いタクシーの導入等、対策に乗り出している地域も多くあります。   もっと読む