203件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2019-07-01 07月01日-05号

3つとして、購入予定土地にかかる価格交渉の状況について。 4つとして、購入予定土地内の支障物の移転、購入、移転補償にかかる考え及びJRとの交渉状況について。 5つとして、今定例会への予算計上等、事務手続が適正であるのかなどについて質疑がありました。 第2点として、定額運賃制度の実証実験と合わせた路線バス環境システムの導入等、バス路線再編にかかる考え方について。 

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

かづのパワーの目的と経緯についてでありますが、本市の恵まれた再生可能エネルギー電力地域の活性化に結びつけるため、市内に電力小売会社を設立し、電力資金を域内循環させる電力地産地消モデルについて、平成24年から国の調査事業などを活用しながら、その実現の可能性を探ってまいりましたが、平成27年には調査を経て構築した事業モデルの実現に向け、市内の電源所有者と交渉に当たったものの、売電価格の面で折り合いがつかず

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

医師が不足している市町村主体となって関係機関交渉しても限界があり、かなり困難だと思います。本市の場合には寄附講座の負担等で県からも協力いただいておりますが、県内の医師不足や偏在の解消について、県は当事者として先頭に立って解消に努めてほしいと思いますが、これについて市の考えを伺います。  

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

そこで、次のステップとして、新たな課題に取り組む協力隊を募集ではなく、実績のある方をヘッドハンティングするというような依頼という形で交渉ができないものでしょうか。  本市では、昨年、地域の課題の取り組みを紹介している雑誌「ソトコト」、こちらですね、関係人口とかという言葉をつくった雑誌です。「ソトコト」のこちらの編集長である指出一正さんを講師に迎えてワークショップを開催しております。  

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

その辺も踏まえて対応されたのか、基本的には割合が、お互いに過失割合が発生してもいいんじゃないかという部分があったんですけれども、これは保険会社の意見と別にしてその辺は十分交渉されてやられたのかということと、それから今後の同じような事案に対して適用するのか、この2点、教えてください。 ○議長(宮野和秀君) 総務部長。

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

また、被害の回復の支援といたしましては、相談された方の意向に沿うよう相手業者との交渉や手続の助言等を行っておりますが、日々、変化、巧妙化する特殊詐欺等に対しては、被害を未然に防止することが重要でありますので、引き続き関係機関との連携を密にし、被害防止に向けた啓発を行ってまいります。 ○議長(宮野和秀君) 田中孝一君。

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

また、十和田八幡平駅伝には引き続き各チームのほうに出場の交渉をしていただいて、駅伝のまち鹿角の推進に頑張っていただければなと思っております。  次に、全国規模のスキー大会についてお伺いいたします。  ことしの2月8日から11日まで、花輪スキー場を会場に全国中学校スキー大会が開催され、全国各地から多くの選手、役員、応援者から来ていただいて、大変盛り上がった大会でございました。

鹿角市議会 2018-03-14 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日)

今後も引き続き交渉努力を行っていかなければならないと思っておりますが、現実は、医師の確保というのはやはり大変困難な道のりと思います。  そこで、今できる1つの改善策として、近隣の市町村に通院する場合に、通院用の搬送車を運行できないかというところをお伺いしたいと思います。

鹿角市議会 2018-03-12 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日)

次に、商工業観光業における「稼ぐ力」の強化についてでありますが、地域商社確立事業の内容と展開については、産業力の強化を目標に掲げ、これまで地域資源のブランド化や市内事業者の成長を目的に、地域資源を活用した新商品開発への支援やかづの産業見合市によるバイヤーとの交渉スキルの強化、販路拡大支援、日本サッカー協会との連携によるPR事業などを展開してきたほか、産業コーディネーターを中心に市内食品関連業者10

鹿角市議会 2018-02-08 平成30年第2回臨時会(第1号 2月 8日)

本件は住民監査請求の結果や市議会全員協議会等でも明らかにしてきたとおり、当時、担当していた職員らが時効中断解釈誤りや時効中断となるべき交渉記録等を見落とすなどしていたもので、これについては十分反省をし、関係職員を処分したほか、副市長には減給10分の1を1カ月、私自身の責任として減給10分の1を2カ月とし、市政に対する市民の信頼回復が早期に図られるように事務の改善と職員意識改革の徹底などを約束したところであります

北秋田市議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会-09月12日−01号

◆13番(福岡由巳)   当局はこの点について交渉されているものというふうに受けとめながら監査をしたのかどうか、お尋ねいたします。 ○議長(松尾秀一)   代表監査委員。 ◎代表監査委員中川真一)   すみません、今の質問もう1回。よく聞き取れませんでしたので、もう1回お願いできませんでしょうか。 ○議長(松尾秀一)   13番 福岡由巳議員

北秋田市議会 2017-06-27 平成29年  6月 定例会-06月27日−04号

日程第5 議案第75号 工事請負契約締結について(280MHzデジタル同報無線システム整備工事)  日程第6 陳情第47号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担割合2分の1復元をはかるための、2018年度政府予算に係る意見書採択の陳情について  日程第7 意見書案第2号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担割合2分の1復元を求める意見書の提出について  日程第8 陳情第48号 日本政府核兵器禁止条約交渉会議

北秋田市議会 2017-06-19 平成29年  6月 定例会-06月19日−02号

ただ、やはり私どもとしては、北東北観光も含めてインバウンド、先ほどお話あったように関空から海外のお客さまを大館能代空港に飛ばしてきて、それでLCCで運んできて、そしてこの北秋田含めて、DMOも含めてですけれども、大館、小坂も含めて十和田、そういうような地域を見てもらう、また、アウトは仮に仙台でも函館でもどちらでもいいわけでありますけれども、やっぱりそういうような形での交渉の仕方というか、そういうことを

北秋田市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会-06月15日−01号

日程第23 議案第78号 財産の取得について(除雪ドーザ14t級)  日程第24 議案第79号 財産の取得について(消防ポンプ自動車)  日程第25 報告第4号 平成28年度北秋田市繰越明許費繰越計算書  日程第26 陳情第47号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担割合2分の1復元をはかるための、2018年度政府予算に係る意見書採択の陳情について  日程第27 陳情第48号 日本政府核兵器禁止条約交渉会議

鹿角市議会 2017-05-22 平成29年第3回定例会(第2号 5月22日)

先ほど市長も言われましたとおり、市民の皆様のご協力をいただき、例えばお知り合い、身内に産科医の方がいらっしゃらないか、そういったものも情報を収集しまして、直接交渉に当たるというのも一つの手だと思いますが、例えば鹿角市として、産婦人科医を市が直接雇用するといった可能性はこの後ございますでしょうか。 ○議長(宮野和秀君) 健康福祉部長

鹿角市議会 2017-02-07 平成29年第1回定例会(第2号 2月 7日)

産業部長(工藤裕悦君) ある企業とは今交渉中であるということを申し上げる段階でございます。それ以上のことはまだはっきりとした話は決まっておりませんので、交渉中であるという状況でございます。 ○議長(田村富男君) ほかにございませんか。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(田村富男君) ないものと認めます。  次に、8款土木費について質疑を受けます。質疑ございませんか。田口 裕君。