運営者 Bitlet 姉妹サービス
77件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 同じく下段の410鹿角国際化推進事業は、鹿角国際交流協会が実施する日本語語学指導員海外派遣事業等への支援継続のほか、新たに国際交流員1名の配置や姉妹都市であるショプロン市との相互訪問の年となることから、行政関係者等訪問団や青少年スポーツ交流団の派遣費等を計上いたします。  77、78ページをお願いします。   もっと読む
2017-12-20 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第4号12月20日) 次に、議案第98号指定管理者の指定について(鹿角市交流プラザ)でありますが、本案の審査に当たり、委員から、現在の交流プラザの指定管理者は国際交流協会及び花輪ばやし祭典委員会の事務局も兼ねているが、指定管理者が変更となることに伴い、現在の職員の雇用は継続されるものかただしております。   もっと読む
2016-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月07日−03号 なお、男鹿市国際交流協会においては、外国人による秋田弁弁論大会やクリスマスパーティーの開催などにより、外国人と市民との交流を推進しております。  本事業については、市内在住の外国籍の方が、より地域に溶け込めるよう、書道や茶道などの日本文化に触れる内容も盛り込みながら、日本語教室を継続してまいりたいと考えております。   もっと読む
2016-09-02 鹿角市議会 平成28年第6回定例会(第1号 9月 2日) 国際交流につきましては、去る7月28日から8月2日まで、姉妹都市であるショプロン市の青少年4人が本市を訪れ、ホームステイ交流や鹿角国際交流協会が企画した両国の料理交流会などで、日本文化の体験や、市民とのふれあいを楽しみました。  4人とも日本語が堪能で、私とも自由に懇談いたしましたが、これまで8代にわたって派遣してきた日本語語学指導員の成果を実感いたしました。   もっと読む
2016-09-02 鹿角市議会 平成28年第6回定例会(第1号 9月 2日) 国際交流につきましては、去る7月28日から8月2日まで、姉妹都市であるショプロン市の青少年4人が本市を訪れ、ホームステイ交流や鹿角国際交流協会が企画した両国の料理交流会などで、日本文化の体験や、市民とのふれあいを楽しみました。  4人とも日本語が堪能で、私とも自由に懇談いたしましたが、これまで8代にわたって派遣してきた日本語語学指導員の成果を実感いたしました。   もっと読む
2014-06-06 鹿角市議会 平成26年第4回定例会(第1号 6月 6日) 行政訪問団の構成は、市及び議会の代表各1名と経済界から2名、鹿角国際交流協会から1名、国際交流担当の随行職員1名の計6名を予定しており、青少年ホームステイは5名を予定しております。   もっと読む
2014-06-06 鹿角市議会 平成26年第4回定例会(第1号 6月 6日) 行政訪問団の構成は、市及び議会の代表各1名と経済界から2名、鹿角国際交流協会から1名、国際交流担当の随行職員1名の計6名を予定しており、青少年ホームステイは5名を予定しております。   もっと読む
2014-02-28 鹿角市議会 平成26年第2回定例会(第1号 2月28日) 国際交流の推進については、鹿角国際交流協会と連携し、地域の国際化を図るとともに友好都市との交流を進めてまいります。平成26年度は本市からショプロン市へ派遣交流の年であり、8月ごろにホームステイ参加者、行政関係者などとともにショプロン市を訪問し、両市のきずなを深めてまいります。   もっと読む
2014-02-28 鹿角市議会 平成26年第2回定例会(第1号 2月28日) 国際交流の推進については、鹿角国際交流協会と連携し、地域の国際化を図るとともに友好都市との交流を進めてまいります。平成26年度は本市からショプロン市へ派遣交流の年であり、8月ごろにホームステイ参加者、行政関係者などとともにショプロン市を訪問し、両市のきずなを深めてまいります。   もっと読む
2012-12-03 鹿角市議会 平成24年第6回定例会(第1号12月 3日) なお、今年度、鹿角国際交流協会を通じて派遣することとしておりました第7代日本語語学指導員につきましては、11月12日よりショプロン市で授業を開始し、現地の高い日本語習得ニーズに対応いただくとともに、両市民の相互理解、交流のかけ橋としての役割にも期待をしております。   もっと読む
2012-12-03 鹿角市議会 平成24年第6回定例会(第1号12月 3日) なお、今年度、鹿角国際交流協会を通じて派遣することとしておりました第7代日本語語学指導員につきましては、11月12日よりショプロン市で授業を開始し、現地の高い日本語習得ニーズに対応いただくとともに、両市民の相互理解、交流のかけ橋としての役割にも期待をしております。   もっと読む
2012-09-03 鹿角市議会 平成24年第5回定例会(第1号 9月 3日) 鹿角国際交流協会による青少年ホームスティについては、8月16日から22日まで7日間の日程でショプロン市の14歳から37歳までの青少年6人が本市を訪れ、ホストファミリーや新旧の日本語語学指導員との交流のほか、花輪ばやしやお茶会などを体験するなど、たくさんの思い出を胸に帰国されております。   もっと読む
2012-09-03 鹿角市議会 平成24年第5回定例会(第1号 9月 3日) 鹿角国際交流協会による青少年ホームスティについては、8月16日から22日まで7日間の日程でショプロン市の14歳から37歳までの青少年6人が本市を訪れ、ホストファミリーや新旧の日本語語学指導員との交流のほか、花輪ばやしやお茶会などを体験するなど、たくさんの思い出を胸に帰国されております。   もっと読む
2012-06-15 仙北市議会 平成24年  6月 定例会-06月15日−04号 そして、先般には仙北市の国際交流協会の発足があったということで、国際視野、国際感覚を身につけていこうという市民の方々の情熱を感じています。先ごろ取りまとめいただいた仙北市の将来ビジョンの中でも、小さな国際文化都市を仙北市は目指していこうというような目標も掲げさせていただいている提案もいただきました。 もっと読む
2012-05-02 仙北市議会 平成24年  5月 臨時会-05月02日−01号 仙北市国際交流協会が主体となってメモリアル事業が行われることをお聞きしますが、仙北市としても、台湾との相互交流を一層進めていくため、その活動を支援したいと考えています。  岩手県の災害廃棄物の受け入れについてであります。   もっと読む
2011-09-01 仙北市議会 平成23年  9月 定例会-09月01日−01号 なお、この訪問活動に当たり、仙北市国際交流協会の皆さんには、大変な御協力をいただきました。深く感謝を申し上げます。  なお、早速台北市側から仙北市への訪問団派遣に関する情報が入っています。11月上旬に、台湾経済部関係者、旅行関係者、民間企業等約30名ほどで本市を訪れ、田沢湖や角館、温泉等の見学や、仙北市との交流も希望していると伺っています。詳細がわかり次第、議会に御報告したいと思います。   もっと読む
2011-02-22 仙北市議会 平成23年  3月 定例会-02月22日−01号 調印式は、3月25日に台北市内で行う予定で、同時期にチャーター便の関係で訪台をしている佐竹知事や仙北市国際交流協会会員の皆様からも立ち会いをいただけるものと考えています。  市民福祉部。  国民健康保険一部負担金の徴収猶予及び減免取扱要領の見直しについて。  国民健康保険一部負担金減免不承認処分取消等請求事件控訴審判決の確定に伴い、現在、要領の見直し作業を進めています。   もっと読む
2010-09-02 仙北市議会 平成22年  9月 定例会-09月02日−01号 仙北市国際交流協会の設立について。  これまで関係団体の取り組みを支援し、協会設立に向けて意見交換や設立準備会を開催してきました。その結果、8月5日に仙北市国際交流協会の設立総会が開催され、今後の市国際交流活動や国際親善促進の母体となる組織が誕生しました。この国際交流協会などが主催して、8月28日・29日には台北駐日経済文化代表の馮寄台代表をお招きし、大曲の全国花火競技会を観覧いただきました。 もっと読む
2010-06-16 鹿角市議会 平成22年第4回定例会(第3号 6月16日) また、国際交流協会では、外国の文化を理解することを目的とした講演会、あるいは外国人が講師となった料理教室などを開催しておりまして、市民との交流が進められております。  異文化と触れ合うということは、あらゆる分野においていい刺激になるものと考えておりまして、こうした交流がより一層広がることを期待をしております。 ○議長(黒澤一夫君) 栗山尚記君。 もっと読む
2010-06-16 鹿角市議会 平成22年第4回定例会(第3号 6月16日) また、国際交流協会では、外国の文化を理解することを目的とした講演会、あるいは外国人が講師となった料理教室などを開催しておりまして、市民との交流が進められております。  異文化と触れ合うということは、あらゆる分野においていい刺激になるものと考えておりまして、こうした交流がより一層広がることを期待をしております。 ○議長(黒澤一夫君) 栗山尚記君。 もっと読む