47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

7目企画費のホストタウン推進事業42万2,000円は、ホストタウン相手国であるハンガリーへの理解をさらに深めるため、鹿角国際交流協会が開催するイベントを支援するための経費であります。定住促進事業150万円は、宅地建物データバンク等の空き家物件を購入し、賃借した場合の建物改修費や家財道具の撤去費用を支援するもので、当初見込みを上回る申請が見込まれることから補助金を追加いたします。  

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

私はいろいろな部分で市民センター初め、国際交流協会、いろいろな会が共動の精神のもと民間に移行した。それで、それが10年、十何年もたっていますけれども、ここでひとついろいろな高齢化の問題、役員のなり手のない問題、どの会でも、例えばいろいろな芸術文化以外のスポーツの部分でも大変役員のなり手とか、いろいろな部分で事務局を置く場所、事務所がないという問題とか、いろいろな問題が出てきていると思います。  

鹿角市議会 2018-03-02 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日)

同じく下段の410鹿角国際推進事業は、鹿角国際交流協会が実施する日本語語学指導海外派遣事業等への支援継続のほか、新たに国際交流員1名の配置や姉妹都市であるショプロン市との相互訪問の年となることから、行政関係者等訪問団や青少年スポーツ交流団の派遣費等を計上いたします。  77、78ページをお願いします。  

鹿角市議会 2017-12-20 平成29年第7回定例会(第4号12月20日)

次に、議案第98号指定管理者の指定について(鹿角市交流プラザ)でありますが、本案の審査に当たり、委員から、現在の交流プラザの指定管理者国際交流協会及び花輪ばやし祭典委員会事務局も兼ねているが、指定管理者が変更となることに伴い、現在の職員雇用は継続されるものかただしております。  

男鹿市議会 2016-09-07 男鹿市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月07日−03号

なお、男鹿市国際交流協会においては、外国人による秋田弁論大会クリスマスパーティーの開催などにより、外国人市民との交流を推進しております。  本事業については、市内在住の外国籍の方が、より地域に溶け込めるよう、書道茶道などの日本文化に触れる内容も盛り込みながら、日本語教室を継続してまいりたいと考えております。  

鹿角市議会 2016-09-02 平成28年第6回定例会(第1号 9月 2日)

国際交流につきましては、去る7月28日から8月2日まで、姉妹都市であるショプロン市の青少年4人が本市を訪れ、ホームステイ交流や鹿角国際交流協会が企画した両国の料理交流会などで、日本文化の体験や、市民とのふれあいを楽しみました。  4人とも日本語が堪能で、私とも自由に懇談いたしましたが、これまで8代にわたって派遣してきた日本語語学指導員の成果を実感いたしました。  

鹿角市議会 2012-09-03 平成24年第5回定例会(第1号 9月 3日)

鹿角国際交流協会による青少年ホームスティについては、8月16日から22日まで7日間の日程でショプロン市の14歳から37歳までの青少年6人が本市を訪れ、ホストファミリーや新旧の日本語語学指導員との交流のほか、花輪ばやしやお茶会などを体験するなど、たくさんの思い出を胸に帰国されております。  

鹿角市議会 2010-06-16 平成22年第4回定例会(第3号 6月16日)

また、国際交流協会では、外国文化を理解することを目的とした講演会、あるいは外国人が講師となった料理教室などを開催しておりまして、市民との交流が進められております。  異文化と触れ合うということは、あらゆる分野においていい刺激になるものと考えておりまして、こうした交流がより一層広がることを期待をしております。 ○議長(黒澤一夫君) 栗山尚記君。

男鹿市議会 2009-12-07 男鹿市議会 会議録 平成21年 12月 定例会-12月07日−03号

ちなみに男鹿市にも国際交流協会というのがございまして、今度、クリスマスパーティーとか、ここにいらっしゃる外国人の皆さんを招待して、そういうふうな交流会があるんですけれども、市としてはその国際交流協会との連携とか協力体制というものは、とっていらっしゃるんでしょうか。その辺のところ、ちょっと国際化に伴ってそのこともちょっとこれに含めて質問してみましたので、以上、よろしくお願いいたします。

鹿角市議会 2009-05-18 平成21年第4回定例会(第1号 5月18日)

なお、この行政訪問に合わせ、鹿角国際交流協会が10人の青少年訪問団を派遣する計画であり、募集等の準備を鹿角国際交流協会と連携して進めております。  また、同協会では、ショプロン市への次期日本語語学指導員の9月からの派遣に向け、現在公募を実施しておりますが、審査等を経た上で今月中に決定される見込みとなっております。  

鹿角市議会 2008-06-18 平成20年第4回定例会(第4号 6月18日)

次に、歳出についてでありますが、2款総務費1項総務管理費に関連し、これまでの国際交流協会事務局がかづの商工会から株式会社花の輪に移った経緯についてただしております。  これに対し、これまで国際交流協会事務事業は、かづの商工会委託されていたが、県連合会からの職員の削減等、かづの商工会の経営改善計画が実行中であり、外部からの業務委託についても整理せざるを得ない状況にある。  

鹿角市議会 2007-09-03 平成19年第4回定例会(第1号 9月 3日)

また、鹿角国際交流協会による11月からの次期日本語語学指導員の派遣に関しまして、ショプロン市側の受け入れ体制について確認しております。  次に、防犯の取り組みについてでありますが、子供たちが安全で安心して暮らせるまちづくりを進めることを目的に、市内小中学校周辺の通学路等を青色回転灯を装備した車両でパトロールするため、鹿角市青色防犯パトロール隊を設置しております。