526件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

車がなければ生活できない地域において、車での移動が不可欠な現状であることは理解しておりますが、加齢による事故リスクの増加には対策が必要と思います。市内における免許証返納の実態と返納を進める対応をお聞かせください。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

初めに、総務関係についてでありますが、山菜とりに伴う遭難事故等の防止対策につきましては、今年度も4月27日から十和田高原地区の市道2カ所の通行を規制し、広報やメール配信サービスなどで入山自粛を呼びかけているほか、去る18日からは、人手が多くなる週末の早朝に直接現地で注意喚起を行っております。  

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

健康診断の受診の情報とか、コモッセのイベント告知とか、火災交通事故情報、それから迷い犬のことまでさまざまあるわけで、大変役立っていると感じております。市民アンケートでは、インターネットやスマホなどの普及率が年々増加していると、このSNSを積極的に利用して、市政の情報の周知や告知をするべきだと考えております。

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

危険ブロック塀の箇所数や市外所有者の撤去状況などについてでありますが、ブロック塀の維持管理は、一義的には所有者や管理者の責任で行われるものでありますが、大阪府での死亡事故を受け、地震など自然災害発生時のブロック塀倒壊による被害の軽減と道路利用者の安全確保を図るため、8月に補助制度を創設したところであります。  

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

物損事故の損害を下記のとおり賠償するものです。  相手方は、鹿角市花輪字案内106番地4、石木田力造氏です。  事故の概要は、平成30年9月5日午前10時ごろ、花輪スキー場第2駐車場敷地内の立木が強風により倒れ、隣接する相手方家屋の屋根及び軒の一部を破損したものです。  損害賠償額は、25万5,960円であります。  

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

ドライブレコーダーは、前方の映像、時刻、場所や車両操作の状況などを記録し、事故等の重要な証拠としてその原因を客観的に判断するための資料となるほか、駐車時に起きた犯罪についても事件解決に役立つ可能性があることから、まずは事故等が起きた場合に影響の大きいバスなどから優先的に搭載を検討してまいります。 ○議長(宮野和秀君) 舘花一仁君。

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

それで、もし基本的な事故とか、個人で送っていって事故があれば、またそれはそれで問題になるでしょうし、そこの点を含めて、例えば、先ほど言ったアンケートというのは、夏場も1年いっぱい通年でということもありましたけれども、もしよければ冬期間、こういう形で何かしら、例えば、歩いていくにしても夏場と違って大変雪とかそういうのがあるという、雪国だからそれでいいだろうといわれればそれまでですけれども、それでもやっぱり

鹿角市議会 2018-08-31 平成30年第7回定例会(第1号 8月31日)

ことしは、仙北市で発生した熊によるものとみられる死亡事故を受け、八幡平地区の国道341号沿いにおいても入山禁止措置を実施したほか、市民向け講習会や集落座談会を開催しながら被害防止に努めてまいりましたが、残念ながら1件の人身事故が発生しております。  今後は、収穫期を迎える果樹を中心とした農作物被害が懸念されるため、引き続き関係機関と連携して被害防止に努めてまいります。  

鹿角市議会 2018-08-02 平成30年第6回臨時会(第1号 8月 2日)

物損事故の損害を下記のとおり賠償するものです。  損害賠償の内容ですが、相手方は、鹿角市花輪字合野156番地、安保麻奈氏です。  事故の概要は、平成30年5月31日午後5時ころ、市道神田高屋線において、十和田末広方面から花輪方面に走行中に、アスファルト舗装の路肩が剥離してできた穴に左前タイヤが落ち込み、破損したもので、損害賠償額は3,000円、過失割合は50%です。  

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

ほかにも登下校中の事件交通事故も全国各地で発生している中、本市ではこのような事件事故を起こしてはなりません。  そこで、本市における登下校の安全対策強力に進めていかなければなりませんが、教育委員会や各小中学校において登校や下校の状況、集団登校なり個人で登下校している方もおると思います。

鹿角市議会 2018-05-29 平成30年第5回定例会(第1号 5月29日)

山菜とりに伴う遭難事故等の防止対策につきましては、一昨年の熊による痛ましい事故を受け、昨年は各関係機関が一丸となって入山者への注意喚起を徹底したところ、遭難の発生は1件でありました。今年度も、5月1日から十和田高原地区の市道2カ所の通行を規制し、メール配信サービスやコミュニティFMで入山自粛の呼びかけを行っております。

鹿角市議会 2018-05-14 平成30年第4回臨時会(第1号 5月14日)

物損事故の損害を下記のとおり賠償するものです。  損害賠償の内容ですが、相手方は大館市比内町達子字風呂添68番地3、羽澤美奈子氏です。  事故の概要は、平成30年3月6日午後1時ころ、鹿角市十和田毛馬内字上陣場地内の駐車場において、職員が市車両の助手席に乗り込む際に、ドアが風にあおられ隣の駐車車両に接触し、運転席側のドアに傷など損傷させたものです。  損害賠償額は1万2,960円です。  

鹿角市議会 2018-03-13 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日)

事故原因の比率は、ブレーキとアクセルの踏み間違いなど操作ミスの31%が最多で、左右を確認しないといった安全不確認が24%、考え事をしていた内在的潜在不注意が11%、判断の誤りが8%などの事故原因比率になっています。  秋田県の返納件数は昨年3,550件で過去最多となっております。当市の認知症高齢者が昨年で1,590人と推計されておりますが、今後も増加するものと見込まれます。  

鹿角市議会 2018-03-06 平成30年第3回定例会(第2号 3月 6日)

上水道、要はページどことかという話ではないんですが、今年度、漏水等々による事故がいろんなところで発生して、非常に不便な状況になっていたと思います。恐らく経年劣化によるいろんなところにもがたがどんどん出てくるのかなといったそういう状況だと思うんですが、来年度に向けてそういったものに対応する予算措置であったりとか、事業計画は盛り込まれていますでしょうか、お聞かせください。

鹿角市議会 2018-03-02 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日)

これまでの約2カ月半で、岩手方面への救急搬送で8回、高速道路上での事故への出動で4回の利用を数えており、救急搬送では、鹿角八幡平インターから乗り入れる場合に比べ、10分以上の搬送時間の短縮につながっております。  なお、工事実績に基づく費用負担区分の見直しにより、市の負担額が減額となったことから、本定例会に負担金の減額を計上しております。  

鹿角市議会 2018-01-11 平成30年第1回臨時会(第1号 1月11日)

物損事故の損害を下記のとおり賠償するものです。  内容ですが、相手方は、鹿角市花輪字馬場4番地13、内ケ崎 郡氏です。  事故の概要は、平成29年10月26日午後5時ごろ、鹿角市交流プラザ駐車場内において、市車両を方向転換した際に、後方に駐車していた相手方車両のフロントバンパーに接触し、損傷させたものでございます。  損害賠償額は13万6,985円、過失割合は100%です。  

鹿角市議会 2017-12-12 平成29年第7回定例会(第3号12月12日)

次に、鳥獣被害防止対策についてでありますが、昨年は本市において熊による4人の死者が出ておりますし、ことしも農作業中の事故も含め何件かの人身事故が発生しております。また、農作物等の被害や熊と車の衝突事故、そして毎日のように出没メールがありました。

鹿角市議会 2017-12-11 平成29年第7回定例会(第2号12月11日)

市では、この空き家台帳を活用しながら、屋根材の飛散や落雪事故などが心配される物件の所有者に対し随時助言指導を行っているほか、鹿角地域シルバー人材センターとの空き家管理業務の協定締結や、秋田銀行との解体ローンに関する覚書締結等の支援体制を整え、適切な管理や早期解体を促しております。