194件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

国の補正予算に関連するものが、3款1項の地域介護福祉空間整備等事業、4款1項の予防接種事業、6款1項の産地パワーアップ事業、園芸メガ団地整備事業、農業水利施設整備事業、7款1項の鹿角市プレミアム付商品券事業、8款2項の凍雪害防止事業の7件、また、県が事業を繰り越したことにより、市の負担金も翌年度に繰り越すことになったものが5件、また、昨年度の大雨による農業施設災害復旧事業が1件、残る4件については

鹿角市議会 2019-03-22 平成31年第2回定例会(第6号 3月22日)

これに対し、本補助金の対象である風疹の抗体検査の対象者は昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性、3,216人であるが、国の想定ではこのうち約3割が抗体検査を受け、さらにその約2割が予防接種を受けると見込んでおり、それに基づいて予算計上している。  なお、補助割合については抗体検査と予防接種に係る費用全額を市で補助するものであるとの答弁がなされております。  

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

スマートフォンやパソコンで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。自治体はアプリで情報を配信することにより、子育て関連制度予防接種、助成金などの情報を住民のスマートフォンに直接届けることができます。

男鹿市議会 2017-12-06 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号

最後に、その4として、インフルエンザ予防接種費用の助成について伺います。  予防接種は、インフルエンザの発病や症状の重症化を防ぐ有効な手段であります。現在での予防接種の受診者はいくらになっているのか。小学生、中学生、それ以上に分けての数字はどうなっているのか、接種率はいくらになっているのかお伺いいたします。  

能代市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号

このサービスは、子供の出生日を入力すると多くの予防接種の最適な受診日が案内され、その日が近づくと自動的に通知が届く仕組みになっております。また、子供身長や体重を入力することで自動的に発育グラフが作成され、発育段階の子供に合った食事方法などが表示されるすぐれたものです。また、利用者が記録したデータを同アプリを通じて共有でき、離れて住む家族や親戚も子供の成長を楽しむこともできます。  

北秋田市議会 2017-06-19 平成29年  6月 定例会-06月19日−02号

そして、産み育てやすい子育て環境の整備におきましては、予防接種の拡充、保育料の負担の軽減、福祉医療の拡充などを実行してまいってきたところであります。  産業の振興と所得増、雇用の拡大では、土地改良事業により生産基盤の整備を順次図ってきておりますほか、農地集積も進んでおりますし、産直センターの事業も順調に展開をいたしております。  

能代市議会 2017-03-23 平成29年  3月 定例会-03月23日−06号

次に、4款衛生費中、1項保健衛生費は5億5522万4000円の計上で、この主な内容は、保健センター健診事業費、がん対策強化推進事業費、能代厚生医療センター運営費補助金予防接種費及び職員人件費であります。  審査の過程において、のしろ健康21推進事業費の進捗状況について質疑があり、当局から、この計画は29年度が中間評価の年となる。

由利本荘市議会 2017-03-08 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月08日−05号

4款衛生費では、健康の駅ネットワークを活用した地域活性化プロジェクト事業、矢島鳥海サテライトセンター整備事業及び本荘清掃センター運転管理業務委託事業のほか、各種検診や予防接種に係る経費、塵芥収集費、各ごみ処理施設に係る経費及びし尿処理施設に係る分担金が主なものであります。  

男鹿市議会 2017-03-02 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月02日−02号

そしてまた、子どもの予防接種、特におたふく風邪、ロタウイルス、ロタリクス、いわゆるロタ関係のウイルスなどへの補助と、そして水ぼうそうのこの負担が相当大変だそうでございます。これらの援助が、お母さんたちから寄せられておりますけれども、市としては考えられないのでしょうか、伺わさせていただきたいと思います。  

由利本荘市議会 2017-02-23 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月23日−03号

費用負担のある任意予防接種ではありますが、制度が周知されるに従って、接種率は年々増加しており、平成27年度は74.4%となっているところであります。  感染力が非常に強いウイルスですが、接種する乳児が増加したことにより、ロタウイルスにかからない割合は、この地域で確実に上がっているとの報告もあります。  

能代市議会 2016-12-14 平成28年 12月 定例会-12月14日−04号

これは、健康の保持増進及び疾病予防、特定健診ですとか予防接種、がん検診等を行っている方です、に取り組む個人を対象に、特定一般用医薬品、これをスイッチOTC医薬品と言います、これまで購入に処方箋が必要とされていた医療用の医薬品で、処方箋がなくても一般用として購入できるようになったものを言います。この購入費の、その年の購入費の合計額、これは10万円を限度としております。

男鹿市議会 2016-12-08 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月08日−04号

次に、インフルエンザ予防接種費用の助成についてであります。  行政改革大綱の見直しの取り組み事項として、昨年まで市民税非課税世帯への助成の支援が全額助成されていたが、なぜ今年度は、非課税世帯、中学生、高校生相当年齢の方までへの助成をなくしたのか、その理由と10月の市報に有料になったことを載せなかったのはなぜか伺いたいと思います。  

男鹿市議会 2016-12-07 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−03号

インフルエンザ予防接種の非課税世帯への全額助成につきましては、他市の状況や本市の財政状況にかんがみ、また、行政改革の方向性として、市の事業全般について見直しを行う中、本年度からは非課税世帯の方についても接種対象者の助成額を1回千円としたところであります。