10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

能代市議会 2014-09-16 平成26年  9月 定例会-09月16日−02号

初めに、(仮称)イオン新能代ショッピングセンターについてのうち、イオン側の説明における送電線工事の進捗状況はについてでありますが、本工事は能代市中沢地内の能代変電所から能代市鰄渕地内の需給地点まで、距離約4.45キロメートルで鉄塔19基を新設するものであります。関係機関との事前協議等を経て、本年2月に市と市農業委員会に対し農地転用除外事業に係る事業計画書が提出されております。

由利本荘市議会 2014-03-06 由利本荘市議会 会議録 平成26年  3月 定例会-03月06日−03号

また、総務省が認定した地域活性化伝道師である中沢さかな氏より、専門的な立場からの助言をいただき、作成しております。  グリーンラインのアプローチ路線である県道象潟矢島線のにかほ市側は、桑ノ木台湿原と獅子ケ鼻湿原を結ぶ重要な観光道路でありますが、事業期間等の制約もあり、今回の計画では取り込めないため、狭隘部分等の解消については、引き続き両市で要望活動を行うこととしております。  

能代市議会 2007-09-13 平成19年  9月 定例会-09月13日−05号

三種町に編入される区域は、能代市中沢字犬伏沢49の22ほか3筆、中沢字箒沢39の22の一部、大森字大台野1の5の一部ほか38筆及びこれらの地域に隣接介在する道路、水路である公有地の全部、面積は同じく4万880.98平方メートルで、これによる市町村間の面積の増減はありません。  この境界変更は、この後、県議会議決総務大臣告示を経て境界が確定するものであります。

能代市議会 2006-12-11 平成18年 12月 定例会-12月11日−02号

小野沢地区に上水道を布設する場合、大森、犬伏、中沢地区などを含めて考えており、給水するためには大森地区に新たな配水池等の建設や、配水管の長距離布設等が必要となります。試算では常盤地域や二ツ井地域の事業と比較しますと、給水人口1人当たりの建設単価が約2.5倍となることから、現段階では大変厳しいものと認識いたしております。

能代市議会 1996-03-15 平成 8年  3月 定例会-03月15日−06号

歳入では、一款県支出金、一項県補助金は百五十六万四千円で、これは中沢字日暮沢の間伐事業に対する補助金の計上であります。二款財産収入は二十八万九千円で、基金利子であります。三款繰入金は六百五万八千円で、一項基金繰入金も同額で、歳出に要する必要経費を繰り入れいたしました。四款繰越金、五款諸収入は存置項目であります。  

能代市議会 1995-03-02 平成 7年  3月 定例会-03月02日−05号

歳入では、一款県支出金、一項県補助金、一目林業補助金は、中沢字日暮沢の除伐事業十二・〇八ヘクタールを実施することに伴う補助金が九十七万一千円であります。二款財産収入、一項財産運用収入、一目利子及び配当金は、基金に伴う利子分として百十万八千円であります。三款繰入金は、歳出に不足を充当するために基金から四百八十二万六千円を繰り入れいたしております。四款、五款は、存置項目の計上であります。  

能代市議会 1994-06-21 平成 6年  6月 定例会-06月21日−05号

本案は、能代市檜山財産区管理委員の任期が平成六年七月十五日で満了いたしますので、能代市大森字大森台四五の杉沢昭英さん、能代市母体字湯の沢二九の畠山哲夫さん、能代市田床内字田床内三五の笠井金一郎さん、能代市中沢字柏台七一の鈴木忠治郎さん、能代市檜山字霧山下一四六の豊嶋光一さん、この五名は再任用、能代市母体字横道下九九の吉田金一郎さん、能代市檜山字檜山町一四一の鈴木長正さんの二名は新たに、以上の七名の方々

能代市議会 1994-06-08 平成 6年  6月 定例会-06月08日−01号

また、市内中沢に所在する縄文時代の梯の台遺跡の発掘調査についてでありますが、東北 電力株式会社能代開閉所新設工事予定地内に同遺跡が含まれているため、工事前に遺跡の性格等を解明し記録保存することを目的に、五月十六日から二十六日まで、二千二百五十平方メートルを第一次調査として実施いたしました。

  • 1