10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

由利本荘市議会 2014-03-19 由利本荘市議会 会議録 平成26年  3月 定例会-03月19日−05号

陳情第2号最低賃金の改善と中小零細企業支援の拡充を求める意見書提出についての陳情でありますが、これは、最低賃金の大幅引き上げ、中小企業憲章を踏まえた中小企業基本、下請二法などの改正、雇用の創出と安定に資する施策の実施など、6項目についての意見書を国に提出することを求めるものであります。

男鹿市議会 2014-03-13 男鹿市議会 会議録 平成26年  3月 定例会-03月13日−04号

4.政府は、中小企業に対する代金の買い叩きや支払い遅延等をなくすため、中小企業憲章をふまえて中小企業基本、下請二法、独占禁止法を改正すること。  5.公共事業に従事する下請け企業に適正な単価を、現場の労働者に適正な報酬を確保するため、公契約法の制定を行うこと。  6.政府は、雇用の創出と安定に資する政策を実施すること。                              

由利本荘市議会 2013-02-28 由利本荘市議会 会議録 平成25年  3月 定例会-02月28日−03号

市では、これまで中小企業基本に基づき、地域の中小事業者の支援に積極的に取り組み、地域活性化や市民雇用につながるよう、施策を進めてまいりました。しかしながら、地域経済の情勢は先行きが不透明なことから、本条例案を本市の産業振興と中小企業施策のための基本条例として提案したものであります。  

由利本荘市議会 2013-02-27 由利本荘市議会 会議録 平成25年  3月 定例会-02月27日−02号

その背景には、平成11年12月3日に施行された新中小企業基本があると伺います。中小企業の特性を尊重し、ソフト支援を重視した政策の転換であります。今までの法律中小企業の位置づけは過小評価され、かわいそうな存在として認識させられていたと伺います。それゆえ、中小企業経営管理の合理性に対して、行政みずから企業指導することが妥当とされていたと伺います。  

由利本荘市議会 2012-09-05 由利本荘市議会 会議録 平成24年  9月 定例会-09月05日−03号

このことは、中小企業基本平成11年の改正によって、自治体中小企業施策が努力義務から責務へと変わったことでも示されております。そして、振興の目的基本方針、基本的施策が明確になることにより、これまでより進んだ形の費用対効果において、有益性の高い支援とその効果が期待できるものと考えるものであります。  今、社会に求められていることは、大きな変容であると思います。

仙北市議会 2011-09-27 平成23年  9月 定例会-09月27日−05号

当局からは、平成11年の中小企業基本の改正では、国や地方公共団体の責務が明記されている。この法改正を受けて、本条例においても市の責務はもちろん農業を含む事業者の役割、経済関係団体の役割、市民協力について明文化している。従来の産業振興条例ではカバーできなかった観光分野、農林業畜産振興など各業態へのPR、誘致、促進、育成し、地域一丸となった産業振興に取り組むための条例制定である。

由利本荘市議会 2011-03-04 由利本荘市議会 会議録 平成23年  3月 定例会-03月04日−02号

そこで質問でありますが、(1)新中小企業基本第6条に対する基本的考えであります。  (2)(仮称)中小企業(事業者)等振興基本条例制定の考えについてであります。  以上、大綱6点の質問とさせていただきます。ありがとうございました。 ○議長(渡部功君) 当局の答弁を求めます。長谷部市長。           [市長(長谷部誠君)登壇] ◎市長(長谷部誠君) おはようございます。

  • 1