33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

男鹿市議会 2017-09-05 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号

次に、新市長初の6月定例会最終日の6月27日、新農業委員選任案は全市網羅されず平等が問題になり、提出すれば議長除く11対8で否決見込みで提案されませんでした。その後、7月12日の臨時議会でも、6月定例会と全く同じ平等な選任案で、議会の意向を考えてもらえませんでした。臨時議会開催までの間、議会と当局が車の両輪になれる話し合いはされたのか伺います。  

仙北市議会 2017-08-29 平成29年  9月 定例会-08月29日−03号

有権者の側から選挙公報の意義を考えると、投票の際の判断資料として各候補者の公約が閲覧できる利点は認められますが、全候補者の公約が掲載されるのであれば問題ないものの、掲載は制度義務ではないことから、仮に掲載を棄権する候補者がいたとすれば、選挙運動に平等が生ずることにならないか懸念されます。

男鹿市議会 2017-03-03 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月03日−03号

二つ目は、格差平等・分断社会の中で、多様な価値観・共存共栄・相互扶助原則の今日的意味が評価されてのことであります。日本の農協は、総合農協と表現されていますが、これは発展したモデルと評価されて、国際協同組合同盟「ICA」とも表現しています。特にアジアの各国からは、協同組合の望ましいスタイルとして高く支持されています。

男鹿市議会 2016-12-07 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−03号

そこで平等が生まれるというのはおかしい。これはね、地方自治法で認められていると答えした、それはそうでしょう、裁量権があるから。でも、その裁量権が問われているんです。何でも地方自治法に認められているから取ってもいいという問題でないでしょう。取られてない市町村は、じゃあ自治法違反だかって、そうでもない。あなたの裁量権を問うてるわけですよ。

由利本荘市議会 2016-12-06 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月06日−02号

公契約条例制定により、公契約事業に従事する労働者の公正な労働基準を確立するということが民間の労働条件の改善にもつながるという意見がある一方で、賃金相場の上昇による地元企業への影響や、条例の適用範囲が公共事業に限られることによる労働者間の平等が懸念されるというような否定的な意見もあり、まだ課題が多いと感じております。  

由利本荘市議会 2016-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月31日−03号

町なかの人たちにも迷惑をかけずに済むし、全員が前後になっても平等にもならずに説明が聞けるので、イヤホンガイドとして、フットパスや校外学習などにも利用できると思うので、ぜひとも導入すべきと思いますが、当局のお考えをお伺いいたします。  次に、大項目3の桑ノ木台湿原についての中項目(1)無料シャトルバス運行の見直しをです。

北秋田市議会 2015-12-24 平成27年 12月 定例会-12月24日−04号

この3カ国の中でも日本国民が最もこの情報の少ない条件の中で判断していかなければならないという大変平等条件下に置かれております。このことから、この陳情項目1番の「協定本文を速やかに開示して、国会国民が議論をできるように保障すること」、このことを求めていることに賛成いたします。  また、陳情項目2番の「国会決議に違反する合意は撤回して、協定への調印、批准は行わないこと」とあります。

男鹿市議会 2015-12-08 男鹿市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月08日−03号

そういう平等な中で、日本だけ何ていいますかね、それは出されないとかって守ってるということは、アメリカ国民はそれなりに知ってるわけなのは、じゃあ、日本だけはそういう片手落ちのようなそういう交渉スタイルでやってるこの制度の仕組み自体についてはですね、やっぱり今は大枠の合意で、国会ではね批准するかしないか、次の政府に移ると思いますが、私としては、そういう変速的なそういう合意、強引な交渉のことについては

男鹿市議会 2015-12-07 男鹿市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月07日−02号

届かねえってもいい人と届かなきゃならないという平等があっててさ、それでも成り立つ行政条例っていうのはあるの。矛盾の矛盾じゃないですか。だからやめた方がいいって言うんだけれども、まあ全国的にどこの自治体もね民主主義だから、やらざるを得ないって決まればそれまでの話。でもただ、この今の三つのことについては答えてください。お願いします。  時間なようでありますけれども、最後、介護保険の問題について。  

男鹿市議会 2013-12-10 男鹿市議会 会議録 平成25年 12月 定例会-12月10日−03号

これの数字を見てですね考察するべきところは、この洋式化率の平等さであります。船越公民館ではトイレの数の割に洋式トイレが極端に少ないこと。女子の実際に使われているトイレは、洋式トイレ2カ所のみなので、ウォシュレットもなく、ここはウォシュレットもありません。唯一ウォシュレットがないところが船越公民館でした。ここは明らかにおくれていると思います。事情もあるでしょうから。

仙北市議会 2013-08-26 平成25年  9月 定例会-08月26日−02号

男鹿なんかは3校で、1つ勝てば全県だという、まことに平等制度なのです。  私が思うに、市町村を越えて区を組まれているのは、2区だけではないよ、たくさんありますよと、調べればそういうことなのかもわかりませんけれども、豊成、太田、中仙は向こうへ行ってくれればいいのになというような思いもいたします。  

男鹿市議会 2013-06-17 男鹿市議会 会議録 平成25年  6月 定例会-06月17日−02号

それから、介護保険料等の低所得対策に関してでございますけれども、この介護保険料等につきましては、その所得者にあわせた課税をしているところでございまして、国では一定の収入以下のものについて収入のみに着目した一律の減免措置、あるいは保険料の全額免除を講じるということは、正確な負担能力を個々具体的に判断しないままに減額を行うこととなりますので平等であるという見解を示しております。

鹿角市議会 2013-05-23 平成25年第4回定例会(第2号 5月23日)

○12番(浅石昌敏君) 今の答弁なんですけれども、私は給食費を納めない方にもやれと言っているのではなく、納めた保護者にそういうのはいいのではないかと質問したわけであって、それは平等だという考えではないと思います。それで、今の答弁を聞きまして1番と2番に関しては第3子の給食費の無料化と第2子の半減ということは今後考えるという考えなんですか。それとも考えられないという考えなんですか。

由利本荘市議会 2012-03-06 由利本荘市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-03月06日−03号

高齢者に対する不安、児童生徒に対する平等感を私は感じたところであります。本当に市民保護者からの意見集約があったのか心配しています。できないことを乗り越えるのが政治であり、説明するのが行政の役目であろうと思います。地域性にとらわれず、今後の方針の前例となる事項でありますので、そこでの質問であります。  (1)番、公共交通機関と市との方針に違いはないか。  

男鹿市議会 2011-12-08 男鹿市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月08日−02号

これぐらいの金を行政が投資したって、維持管理費にもならないし、また、冬期間もう休業するホテルとは平等性を感じるような気がするわけです。それはそれとして、意気込みはわかるんですけども、行政としてもうちょっと、もうちょっと何と言いますか、大きなビジョンとしてやるべきことがあるのではないかなと私は思います。  例えば、例えばですよ、魁新聞の6日ですか、秋田県観光部を設けると。

鹿角市議会 2010-06-16 平成22年第4回定例会(第3号 6月16日)

通りの方には空き店舗対策適応できて、同じような意味合いを持つものが、あの建物の中にあるからできないといったことがあっては市民に対する平等でもあると思いますので、ぜひ何らかのお手伝いをしていただけるようにご検討をお願いいたします。こちらについての質問は終わります。  続いての質問です。扶養控除の廃止に伴う市民負担についてお伺いいたします。  

  • 1
  • 2