9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿角市議会 2014-09-05 平成26年第5回定例会(第1号 9月 5日)

子育て支援等の協定では、第3子以上を扶養している世帯を対象とした低金利での住宅ローン貸し付けや、スキーと駅伝のまちづくりの一環として実施する下宿改修費補助金との協調融資のほか、教育費助成事業と連動した教育ローンの検討など、本市ならではの取り組みに対しても支援をいただく内容となっております。  

鹿角市議会 2014-03-11 平成26年第2回定例会(第4号 3月11日)

また、全県各地から生徒を受け入れるため下宿環境を整備するなど、高い目標をもって市内の高校に入学を希望する有望選手の受け入れを進めてまいります。  学力面では、小中学校における授業改善などによる学力向上対策の実施により、市内2高校へ入学する生徒の学力の底上げを図ることで高等教育での理解力を高め、よりレベルの高い教育を享受できる生徒をふやすことが重要であると考えております。  

鹿角市議会 2014-03-05 平成26年第2回定例会(第2号 3月 5日)

今、空き家対策等々含めて市外からの下宿先とかそういう宿泊施設を整備しなければいけないという状況になってきているように、そういう議論もあるように受けとめてございます。この十和田中学校にある寄宿舎でありますけれども、これをそのような場面に利用する、利活用する、そんなお考えはございませんでしょうか。お伺いさせていただきます。 ○議長(田村富男君) 教育部長。

鹿角市議会 2013-12-16 平成25年第8回定例会(第2号12月16日)

私は常に日常でも思っていて、一生懸命、親・家族が働いて、子供を高校そして大学とか専門学校へ進学させると、ここ鹿角市でなく市外、また県内、県外で、そのたびに教育資金といいますか、下宿・アパート代、授業料、入学金等、多大なお金をまずそのために使っていると。日本全体から見れば、地方賃金というのは低いわけですね。

鹿角市議会 2001-09-11 平成13年第5回定例会(第2号 9月11日)

鹿角市は来年合併30周年を迎えるわけですが、合併した昭和47年、私は高校2年生に在籍し下宿生活を送っておりました。十和田町から鹿角市になったわけでありまして、何か自分自身も偉くなった感じがし、うきうきした気分になったのを今でも鮮明に覚えております。いわゆる8市9郡から9市9郡になったわけであります。

鹿角市議会 1997-09-17 平成 9年第6回定例会(第3号 9月17日)

そこで、ひとつ提言ではありますが、毎年年度末になると、若者を中心とし就職や進学のため上京する市民が多いわけですが、最も大きな支障となっているのがアパートやマンション、そして下宿などの宿探しであろうかと思っております。私も今から15年ほど前大志を抱いて上京いたしました。学生協会から数カ所の物件を紹介してもらい、足を棒のようにして宿を探した経験がございます。

  • 1