40件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

定例会には、報告案件1件、指定管理者の指定案件2件、一部事務組合規約案件1件、条例案件6件、補正予算案件4件の合わせて14件のご審議をお願いいたしております。  詳細につきましては、それぞれの担当部長からご説明申し上げますので、よろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願いいたします。     (市長 児玉 一君降壇) ○議長(宮野和秀君) 市長の行政報告を終わります。

鹿角市議会 2017-09-22 平成29年第6回定例会(第4号 9月22日)

(3)の実質公債費比率は、一般会計等の公債費と公営企業会計等の繰り出し金のうち公債費に充てた額、一部事務組合等への負担金のうち公債費に充てた額、また債務負担行為を設定している元利補給金等の合計額の標準財政規模に対する割合を示す指標で、3カ年の平均値です。実質公債費率は表の下の2行になります。平成28年度は平成26年度から28年度までの3カ年平均で7.9%になりまして、前年度と同率となっております。

鹿角市議会 2011-09-22 平成23年第5回定例会(第4号 9月22日)

(3)実質公債費比率は一般会計等の公債費に公営企業会計等への繰出金のうち公債費に充てた額や一部事務組合等への負担額のうち公債費に充てた額、また債務負担行為を設定している元利補給金等の合計額の標準財政規模に対する割合の3ヵ年の平均値であります。表の一番下の2行が本市の実質公債費比率ですが、昨年報告いたしました21年度の数値は平成19年度から21年度までの3ヵ年平均で11.7%でありました。

鹿角市議会 2011-03-18 平成23年第2回定例会(第5号 3月18日)

これに対し、この事務組合は県内の全市町村と18の一部事務組合を構成団体とし、構成団体職員の退職手当公務災害補償に関する事務のほか消防職員消防団員の損害補償や退職報償金などに関する事務を共同で行う組織であり、負担金の算定は職員数や給与額に基づいて組合条例で定められており、構成団体の減少によって直接的に負担金への影響はないと伺っているとの答弁がなされております。  

鹿角市議会 2009-09-09 平成21年第6回定例会(第3号 9月 9日)

消防業務の広域化がなされた後のごみ処理、し尿処理、斎場運営の各業務につきましては、鹿角広域行政組合を構成する本市と小坂町の間で、これまでのところ正式な協議や考え方の整理は行っておりませんが、市といたしましては、現行の一部事務組合方式が効率的であり、また、広域行政組合議会を通して、市町相互の住民の理解が得られやすい手法なのではないかと考えております。  

鹿角市議会 2009-02-09 平成21年第2回定例会(第1号 2月 9日)

定例会には、報告2件、過疎地域自立促進計画の変更案件1件、土地の取得案件1件、財産の貸付案件1件、指定管理者の指定案件9件、市道案件2件、特別会計への繰入案件3件、一部事務組合等の規約変更に係る協議案件が2件、条例案件15件、補正予算案件9件、当初予算案件10件、合わせて55件のご審議をお願いいたしております。  

鹿角市議会 2008-12-03 平成20年第6回定例会(第1号12月 3日)

定例会には人権擁護委員候補者の諮問案件6件、人事案件6件、土地の取得案件1件、一部事務組合規約変更に係る協議案件1件、条例案件3件、補正予算案件6件、合わせて23件のご審議をお願いいたしております。  詳細につきましては、それぞれの担当部長からご説明申し上げますので、よろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願いをいたします。     

鹿角市議会 2008-09-18 平成20年第5回定例会(第4号 9月18日)

実質公債費比率は、一般会計等の公債費に公営企業会計等の繰出金のうち、公債費に充てた額及び一部事務組合等への負担金のうち、公債費に充てた額、また、債務負担行為を設定している元利補給金等の合計額の標準財政規模に対する割合の3カ年分の平均値であります。  4ページをお開きいただきます。  中ほどの実質公債費比率3カ年平均ですが、本市は13.1%であります。

鹿角市議会 2008-09-10 平成20年第5回定例会(第3号 9月10日)

先月決定された本年度の普通交付税の中には特別会計一部事務組合分を含めて約14億円が公債費として算入されており、この分、交付税がふえたことになります。  また、本市の一般会計の市債残高の約6割が交付税に算入されるとの試算がありますが、これまでの各種事業の実施において、交付税算入される有利な財政制度を活用してきたことの成果と考えております。  

  • 1
  • 2