18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

男鹿市議会 2012-03-02 男鹿市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-03月02日−03号

また、正規職員を含めたワークシェアリングも視野に入れなければいけないと考えますが、この点についてもどのように考えているかお聞かせください。  次に、経済対策についてお尋ねいたします。  私は、景気の回復が見られ、民間企業に活力が生まれ、元気が出て、働く場の確保ができるまでの間は、地方においては特に公共、すなわち公が働く場づくりに力を入れていかなければならないと考えます。

男鹿市議会 2011-01-28 男鹿市議会 会議録 平成23年  1月 臨時会-01月28日−01号

ではすごくよかったありがたい補正予算ですが、一方の今言ったような雇用の部分でどのぐらいの効果がもたらされるのか、あるいはもたらすための市としての配慮というか、さっき発注関係のことも出ておりましたけれども、発注以外の中でも、どういう配慮をしながら雇用の部分で市民がそこそこ納得できるような形にもっていこうとしているのか、というのは、かつて災害が起きたときでしたか、何年度であったか、ちょっと年度は忘れましたけれども、ワークシェアリング

仙北市議会 2009-03-04 平成21年  2月 定例会-03月04日−02号

これまで、旧田沢湖町に誘致企業として進出して操業していました大型部品工場も、希望退職者を募り、ワークシェアリングも実施してございます。さらに、親会社の大幅受注減により休業を余儀なくされている工場もございます。さらに、角館町でも、さきの全員協議会で田口勝次議員に指摘されたとおり、かつて町誘致企業として操業し、頑張って経営してこられた会社も撤退、閉鎖の準備に入っておると聞いております。  

鹿角市議会 2009-02-23 平成21年第2回定例会(第4号 2月23日)

○4番(浅石昌敏君) 現状は、本当に労働者企業ともかなり厳しい状況にありまして、企業としてはワークシェアリング等実施いたしまして雇用の確保ということでやっておりますけれども、今後このような内容の審議の際には、十分勘案していただきますようにお願い申し上げます。以上です。(「わかりました」の声あり) ○議長(中西日出男君) ほかにございませんか。     

鹿角市議会 2009-02-16 平成21年第2回定例会(第2号 2月16日)

また、状況を把握した時点において何人かの雇用を切りたいというお話をいただいているところもございまして、そのような事業所につきましては、なるべく雇用の削減をしないように、方法といたしましては、例えば時間の短縮の操業、あるいはほかでもやられておりますけれども、ワークシェアリングとか、そのような方法を講じてでも何とか雇用だけは確保していただきたいというお願いもいたしまして、状況の把握をしていると考えております

由利本荘市議会 2005-12-06 由利本荘市議会 会議録 平成17年 12月 定例会(第3回)-12月06日−02号

また、雇用環境が厳しい現状にあっては、従来の雇用形態にとらわれることなく、1人当たりの労働時間を短縮しながら、多くの人で仕事を分け合うワークシェアリングの導入も雇用改善につながるものと考えております。  いずれにいたしましても、関係機関と連携を図りながら、今後とも事業主に対してパートタイマー等の雇用に対する一層の理解を図ってまいりたいと存じます。  

由利本荘市議会 2005-06-15 由利本荘市議会 会議録 平成17年  6月 定例会(第1回)-06月15日−03号

交付税など県・国からの歳入が年々減額が予想されるときに、人件費を含む義務的経費が約45%を占め、その中でも大きな割合を占める人件費をどうするか、合併により人口当たりの職員数が市としては大変多くの人数を抱える結果となっておりますが、総額を規制し、個々を減額し、人員は確保しながら業務をする、いわゆるワークシェアリングか、はたまた少数精鋭主義で職員数を減じるのか、我が由利本荘市だけに限らず、その判断を下す

鹿角市議会 2004-03-04 平成16年第1回定例会(第4号 3月 4日)

具体的な計画策定に当たっては、社会資本を初めとした政策や施策の維持・運営・更新のコスト等、将来必要となる政策コストを認識し、政策展開に対する全体としての財政制約要因を明らかにすること、行政サービス提供の主体を「市」、「地域住民・民間・NPO」、「広域連合、一部事務組合、隣接自治体との連携」等、多様化し、ワークシェアリングの視点も加味しながら、職員定数の削減、事務事業の整理合理化を図るなど、時代の変化

鹿角市議会 2002-09-09 平成14年第4回定例会(第1号 9月 9日)

歳出では、定期人事異動や職員の退職に伴う人件費の調整、ワークシェアリングによる賃金101万6,000円、消防救助工作車購入費7,051万3,000円、粗大ごみ破砕等再商品化業務委託料222万8,000円の追加、加えて葬場職員の福利厚生面での充実を図るため、シャワーユニットの建設工事費220万円が新たに予算措置されております。  

鹿角市議会 2002-06-18 平成14年第3回定例会(第2号 6月18日)

参考までに、具体的対応をしたものについて二、三申し上げますと、雇用対策関連について行政報告でも述べましたが、緊急雇用対策支援事業の延長や市独自のワークシェアリングを実施するなど雇用の創出に努めております。また、大日堂舞楽のハイビジョンソフトの利活用につきましては、今年度リニューアルしたあんとらあシネラマ館の3Dシステムに活用したほか、教育委員会において市民への貸し出しを行っております。

鹿角市議会 2002-03-07 平成14年第1回定例会(第4号 3月 7日)

県や本市では、今春の高校卒業者や若者の雇用情勢がかつてない厳しさを示していることから、職員の人件費を一部カットし仕事を分かち合うワークシェアリング制度を導入し、その対策に当たると打ち出しているが、県・市のワークシェアリング雇用の創出というものの、いずれも半年ないし1年で、実態はアルバイト的なもの、その先の保障はなく小手先の対策を弄しているだけで、根本的な問題解決にはならないと思います。

鹿角市議会 2002-03-06 平成14年第1回定例会(第3号 3月 6日)

また、雇用対策の一環として、全国的に導入されている「ワークシェアリング」を本市も進めるという見解が示されたわけですが、具体的にどのようになるのでしょうか。今年度の新卒者にとって、今が最も重要な時期であります。これ以上のおくれは新卒者を全く対象にしていないと思われても仕方のないことであり、その効果も疑問であります。一日も早くその方針を明らかにしてほしいと考えますが、市長の見解をお聞かせください。  

鹿角市議会 2002-02-28 平成14年第1回定例会(第2号 2月28日)

また、この財源、ワークシェアリングの財源に充てると思いますが、どこの自治体でも臨時職員を何人雇用できるかということが命題となっていると思います。しかし、鹿角市の今のままのスケジュールでいきますと、臨時職員の募集を行うことは4月以降にずれるのかなとも予測をします。県では、第1次試験で高校生44人、29歳以下36人の計80人を採用すると言っていました。

鹿角市議会 2002-02-26 平成14年第1回定例会(第1号 2月26日)

第2款総務費としまして、人件費措置としまして四役の1年間の10%削減、管理職手当の一部削減、それから職員の時間外手当の5%削減等の1,247万8,000円を財源としまして、ワークシェアリング雇用賃金予算措置しております。さらに、市制30周年事業としまして、各款にわたりますが、総務費としましては1,000万円を計上しております。  74ページをお願いします。  

  • 1