9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿角市議会 2018-08-31 平成30年第7回定例会(第1号 8月31日)

なお、土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域イエローゾーン、及び特別警戒区域レッドゾーンの基礎調査、指定については県により順次実施されてきておりましたが、今般、平成28年度に指定された土砂災害特別警戒区域レッドゾーン内の住宅所有者が移転を計画していることから、本定例会に本議案を提案したもので、関連予算についても同時に提案させていただいております。  

鹿角市議会 2016-09-13 平成28年第6回定例会(第2号 9月13日)

一方では、熊はレッドリストにも載っておりまして、国・県としても保護を念頭に置いた熊対策を推進しております。  この流れから、ますます防除に力を入れるということが大事だと思います。ここはやはり、私としては電気柵しか方法はないかなと思っておりますが、安全策を講じた上で、今より電気柵を多く設置することがやはり効果的だと思います。

鹿角市議会 2014-03-11 平成26年第2回定例会(第4号 3月11日)

次に、災害に強い鹿角にするためには、そういうことで防災について、市内に土砂崩壊地域ってあるんですがね、それがレッドゾーンとかイエローゾーンとか、こういうのありますけれども、市民のほうにきちっと伝わっているかどうかお知らせ願います。 ○議長(田村富男君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

男鹿市議会 2013-12-10 12月10日-03号

希少植物がこのくらいあるとか、レッドリストがあって、それが、これが希少植物だというからには、ちゃんとこの地域に固体が幾つあるとか、こういう状況だとかという、ちゃんときまりがあるんですけど、ちゃんとそういうのをわかっていてクレームを言っているのかと思います。ちょっとそういうデータとかっていうのはあるものでしょうか。

男鹿市議会 2010-12-09 12月09日-04号

警戒区域、そしてまた特別警戒区域を指定するわけですけれども、イエローの部分とレッドの部分とございますけれども、より危険になりますよということでございますけれども、ハード面についてはこの後いろんな面で協議しながら対応してまいりたいと、このように考えてございます。 ○議長(吉田清孝君) さらに質疑ありませんか。

能代市議会 2009-12-08 12月08日-03号

レッドクリスタル」の採用です。このマークの採用が2006年6月に国際会議で正式に決定されました。赤十字や赤新月のマークは、これまでどおりレッドクリスタルの中に独自のマークを入れてもいいということになりました。これは紛争を解決する大きな知恵であります。 市長は、イオン出店問題を解決しているものとお考えかもしれませんが、私はこれからが問題だと思っています。

能代市議会 1998-03-01 03月10日-03号

アメリカレッドバンク市、人口約十四万三千人ぐらいのまちであります。大分以前に五所川原市の「エルムの街」の例で、官民一体となったまちづくり株式会社がイニシアチブをとり、計画の策定に汗水流しているとお話し申し上げました。現在、ちょうど完成して大きな成果を見せているようでございます。

  • 1