運営者 Bitlet 姉妹サービス
252件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号 今後も、県等関係機関と連携し、住民が自ら地域の災害リスクに向き合い、被害を軽減する取り組みを行うよう推進するとともに、自主防災組織等にハザードマップを活用した防災訓練の実施を促し、ハザードマップの普及浸透と防災意識の向上に努めてまいります。  次に、タイムラインについてであります。   もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 平成20年から始まっている特定健診は、40歳から74歳までを対象に、主に内臓脂肪肥満に着目し、健診により抽出された保健指導対象者の持つリスクの数に応じた保健指導を行うことで、その要因の生活習慣を改善し、生活習慣病予防を行うことを目的に行っています。   もっと読む
2018-06-13 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 さて、自然災害のリスクは、地方公共団体が、それぞれのまちの災害特性に配慮することにより、災害に強いまちの形成を図ることが望まれております。本市の地勢、地理的条件については、各種計画や統計資料にもあるように、多様な自然災害が発生しやすい自然条件下にあり、また、近年の気候変動の影響もあってか、災害リスクが高まっているとされております。   もっと読む
2018-03-14 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日) 副業の規制緩和への働きかけについてでありますが、副業の推進は、収入の増加、人脈形成やスキルアップに加え、人材確保や創業促進などにも有効であるとされておりますが、一方で企業の機密情報漏えいリスクや労働時間管理の問題、人材の流出、本業への影響などさまざまな課題もあります。 もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) 経産婦ほど病院までの距離というのが非常にリスクが高まるということで、先日行われた集会の中、さらにその午後からも会議があったわけですが、そういった中でやはり初めてのお産する方はいろいろなことで必死かもしれませんけれども、経産婦さんに限っては出産へのリスクが高まるならば3人目、4人目は諦めるといったような非常に残念なお話も聞こえてきました。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 農業従事者が減少を続ける中、農家子弟の就農とUターン等を契機に就農を希望される方から本市を就農地に選んでいただけるよう、新規就農者の経営開始時のリスク軽減と経営安定に至るまでの支援を充実させるとともに、積極的なPR活動を継続することにより、就農者の確保に努めてまいります。   もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 健康づくりの推進については、本市の健康宣言として「10年後、脳卒中で亡くなる方を8割減らす」ことを掲げ、健康寿命日本一を目指す県民運動と連動した取り組みを展開することとしており、脳卒中リスクが高い方への個別指導など、重症化予防を強化しながら、その達成を目指してまいります。また、婦人科の特定健診やがん検診などに、インターネット予約システムを導入し、利便性と受診率の向上を図ってまいります。   もっと読む
2018-01-11 鹿角市議会 平成30年第1回臨時会(第1号 1月11日) 収支内容としましては、集客減のリスクを伴う冬期においての具体的な戦略、これはインバウンド対策も含めてでございますけれども、これらもしっかり持っておりまして、堅実な計画であるという感触を得ております。  また、ノリットさんの得意とする分野は、先ほど言いましたように、食でございます。 もっと読む
2017-12-11 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第2号12月11日) 安全面、コスト面を考えた場合、緩衝帯は必須として、網や電気柵では費用対効果を疑問に思うのですが、逃げれる、身を守れるという点では、カートもしくは軽トラの荷台を鉄柵で囲った乗り物で見学してもらうという方法が一番リスクが少ないのではと考えます。遺跡の保存という点では論外かもしれませんが、人が歩いても圧はかかりますし、むしろそれぞれ歩いたほうが範囲が広がってしまうと思います。 もっと読む
2017-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号 いろんなことをね、JRもリスクを背負ってやってくれているんです。商売はこれをやると必ず成功するということはないんです。みんなで力を合わせて、私たちが受け入れて、一緒にやっていきましょうと、そのスタンスが大事なので、何とか議員の皆さんからも、そのあたりの理解をお願いしたい。  市民にも、私は何度もこの話はしていきたいと思っています。 もっと読む
2017-09-13 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号 北朝鮮や局地的な豪雨など新たなリスクが生じておりますが、市民の安全・安心を守ることが行政の責務であると考えます。以上の観点からお伺いいたします。  1、8月29日の危機管理はどのように行われたのかをお聞きいたします。  2、本市でも弾道ミサイルを想定した避難訓練を行うべきだと思いますが、いかがでしょうか。  3、Jアラート新型受信機導入の時期をお知らせください。   もっと読む
2017-09-12 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日) 昨年8月とことし6月には財務省を初め、中央省庁や大手企業などで講師を務めるコンプライアンスの専門家らを招き、管理監督職員向けの研修を開催いたしましたが、具体的な事例紹介のほか、リーダーシップやリスクマネジメントなどを内容として、受講率はそれぞれ85人中63人の74.1%、82人中77人の93.9%でありました。   もっと読む
2017-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月06日−03号 若いうちに予防しておけば、胃がんのリスクは大きく軽減されるとして、大阪高槻市では市内在住の中学2年生を対象とした「ピロリ菌対策事業」をスタートさせています。同事業は、ピロリ菌抗体の有無を調べる尿検査から治療まで無料で受けられるものです。 もっと読む
2017-08-30 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月30日−02号 過労死のリスクが高まるとされる月平均80時間以上の時間外労働に相当する教諭も中学校で約6割、小学校で約3割に上った。速報値などからも、教職員の働き方・労働時間に関する報告では、ほとんどの教員の1カ月の時間外労働が80時間を、既に一割の教員が精神疾患と強い関連性のある100時間超時間外労働になっていることが明らかになったとしております。本市の実態についてお伺いいたします。   もっと読む
2017-06-21 能代市議会 平成29年  6月 定例会-06月21日−05号 次に、不採択とすべきであるとの意見として、本市も平成19年3月に非核平和都市宣言を表明しており、交渉会議参加等、その願意は理解できる部分もあるが、昨今の緊迫した地政学リスクを鑑みても非常に複雑かつ地方議会の権限を逸脱した国際政治問題であり、なじまないものと認識することから不採択とすべきものである、との意見があったのであります。   もっと読む
2017-06-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月16日−04号 健康保険制度は、日本の国民皆保険の基盤となる仕組みでありますが、「年齢構成が高く医療費の水準が高い」、「所得水準が低く保険料の負担が重い」、「財政運営が不安定になるリスクの高い小規模保険者が多く、財政赤字の保険者も多く存在する」という構造的な課題を抱えております。   もっと読む
2017-06-15 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月15日−03号 また、モバイル端末やクラウドサービス等の新たな技術の導入に際しても、それらの環境変化に想定される情報リスクや新たな脅威の発生等に対し、慎重に対応を図っていく必要があろうかと考えます。 もっと読む
2017-06-02 仙北市議会 平成29年  6月 定例会-06月02日−01号 未来館にはリスク分散の観点から、ひとまず5尾を6月14日をめどに移動する予定であります。内覧会は、招待者及び市民を対象に6月24日土曜日から26日月曜日の間で開催しております。そのほか、5月17日には、館内売店の入札が2社の参加で行われ、株式会社アロマ田沢湖が事業者に決定をしております。案内看板の工事についても発注が終了し6月23日に完成の予定であります。   もっと読む
2017-06-01 鹿角市議会 平成29年第3回定例会(第3号 6月 1日) そして、業務ごとに個人情報に関与する職員数や対象となる市民の規模、想定されるリスクやその対処方法を明示して国に報告しており、万全の態勢が備わっているものと考えているとの答弁がなされております。  さらに、委員から、個人情報を利用する業務の拡大に伴い、個人情報を取り扱う人がふえることで、情報漏えいのリスクが高まってくることが心配である。 もっと読む
2017-06-01 鹿角市議会 平成29年第3回定例会(第3号 6月 1日) そして、業務ごとに個人情報に関与する職員数や対象となる市民の規模、想定されるリスクやその対処方法を明示して国に報告しており、万全の態勢が備わっているものと考えているとの答弁がなされております。  さらに、委員から、個人情報を利用する業務の拡大に伴い、個人情報を取り扱う人がふえることで、情報漏えいのリスクが高まってくることが心配である。 もっと読む