15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

北秋田市議会 2016-06-21 平成28年  6月 定例会-06月21日−03号

熊本県を中心に活発な活動が続く地震メカニズムについて、秋田大学で長年、地球物理学を教えている野越三雄防災アドバイザーによりますと、同じような内陸地震秋田でも起こる可能性があり、備えが必要だとお話ししています。全国には約2,000の活断層があり、秋田県内には30ほどあると言われています。

由利本荘市議会 2016-03-17 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月17日−04号

政治的詭弁のメカニズム、詭弁という技術を学ぶ上でこれほど明らかな事例はありません。しかし、国民にとってこれほど不幸なことはないのであります。  以上のことから、平和安全保障関連法の即刻の廃止を求めるために、この陳情を採択すべきと思います。  以上で私の討論を終わります。 ○議長(鈴木和夫君) 次に、25番佐藤勇君の発言を許します。25番佐藤勇君。           

由利本荘市議会 2008-12-09 由利本荘市議会 会議録 平成20年 12月 定例会(第4回)-12月09日−02号

それを受け、CO2削減は排出量取引として京都議定書の3つのメカニズムの一つとして制度に盛り込まれました。今回は、本市がCO2の削減にどのように取り組むのか、排出量取引を使い、衰退が心配される林業の振興に活用できないか質問いたします。  CO2削減については幅広い議論があり、カーボンオフセットの取り組みもさまざまな方法と対策があります。

由利本荘市議会 2008-03-05 由利本荘市議会 会議録 平成20年  3月 定例会(第1回)-03月05日−03号

当然の帰結として、国は目標達成が困難として、早々と京都メカニズムで認められている海外との排出権取引で1.6%分をハンガリーロシアから買うことを表明していますが、とどのつまり数千億円の国民の血税を国の不作為によって海外に支払うことになるのです。各企業、各自治体に削減目標を割り当て、国内排出権取引を制度化することで、エコ企業地方は潤うことになります。

鹿角市議会 2007-09-12 平成19年第4回定例会(第3号 9月12日)

特に今回の新潟県中越沖地震にあっては、地震活動としては想定されていなかった断層活動による震災として関係者に大きな衝撃を与え、震源メカニズムの抜本的な見直しが迫られている状況にあります。  当地域にあっても過去の調査によって「かづの断層」というものがあるが、これは当分危険断層はないとして記憶しておりましたが、偶然けさの新聞に「花輪東断層は必ず動く」という記事が載っておりました。

由利本荘市議会 2007-02-07 由利本荘市議会 会議録 平成19年  2月 臨時会(第1回)-02月07日−01号

道路は国道107号の旧道でありますが、本荘地域と東由利地域を連絡する唯一の市道であるとともに、国道107号の迂回路ともなる路線でもあることから、その復旧対策にかかわり、1月5日に国、県、市三者での合同現地調査を実施し、地すべり発生のメカニズムの解明と復旧工法の検討作業を早急に進め、3月に予定する国の災害査定に対処することとしたものであります。  

由利本荘市議会 2006-12-08 由利本荘市議会 会議録 平成18年 12月 定例会(第4回)-12月08日−03号

被害はカシノナガキクイムシを媒介に運ばれたナラ菌が樹幹内で繁殖し、通水を阻害してミズナラを主とした広葉樹を枯らすというメカニズムで、これが集団的に発生するものであり、研究機関によって虫が集まるフェロモン物質での大量捕殺や殺菌剤の樹幹注入による防除技術研究開発されてきました。  にかほ市の被害林では、皆伐後に幹や枝は林外に搬出して炭化処理、伐根は薬剤によるくん蒸処理が行われました。  

鹿角市議会 1997-09-24 平成 9年第6回定例会(第4号 9月24日)

それに関しては、9月定例議会ないしは12月定例議会行政報告の中で地すべり土砂災害の発生した発生機構、発生メカニズムを解明したものを報告していただきたいという要請をし、当局もそれなりの答弁をしておりましたが、9月の行政報告の中には出てまいりませんでした。しかし、砂防土木、そして地すべり学会では、かなり作業が進んでいるはずでございます。

能代市議会 1994-03-16 平成 6年  3月 定例会-03月16日−04号

それと、地下水汚染については、いろいろメカニズムが不明であるということで原因究明もままならないということは、よくわかりました。ただ私は、市民の不安解消のためには、今後ともできるだけ調査結果など実態を広く周知をしていくという体制をとっていけば、ある意味で実態がわかれば、まあ、それなりに市民のある意味での不安解消につながるのではないかと思いますので、その辺をお願いしたいと思います。  

  • 1