25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

能代市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号

次の、北朝鮮による弾道ミサイル発射の対応についてでありますが、初日の市長報告に「市民の皆様には弾道ミサイル落下への備えについて確認していただきたい」とございましたが、市民に対し何をどう確認すればいいということなのかお伺いいたします。  以上が通告いたしました質問でございます。よろしく御答弁のほどお願いいたします。御清聴、まことにありがとうございました。

鹿角市議会 2017-09-11 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日)

危機管理災害対策の北朝鮮ミサイル発射についてお伺いいたします。8月29日午前5時58分、北朝鮮は弾道ミサイル1発を北東方向に発射し、その後北海道上空を通過、約2,700キロ飛行、6時12分に襟裳岬の東約1,180キロ太平洋上に落下しました。全国瞬時警報システムJアラートが6時2分に発動となり、12道県で避難を呼びかけておりました。

由利本荘市議会 2017-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号

朝鮮は、29日早朝、弾道ミサイルの発射を強行しました。国連安保決議などへの違反はもちろん、他国の上空を通過させる弾道ミサイル発射は国際的常識を無視した極めて危険行為で、世界と地域平和と安定への脅威で、北朝鮮はこれ以上の軍事的挑発をやめるべきであります。  今回の発射は、国際社会が強く自制を求め、対話による問題解決を米国を含めて模索している中で、それに逆行した暴挙であります。

由利本荘市議会 2017-08-28 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月28日−01号

次に、弾道ミサイルを想定した住民避難訓練の実施についてであります。  北朝鮮による弾道ミサイルの発射実験は、国際社会の批判を無視し繰り返されておりますが、今月9日にはグアム島周辺を標的とした中国・四国地方上空を通過する発射計画を表明したことにより、日本全国でミサイルへの不安感が高まっております。

由利本荘市議会 2017-06-05 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月05日−04号

次に、大項目4、北朝鮮ミサイルへの対処についてお伺いいたします。  この質問については、通告段階と大分情勢が変化してしまっておりますが、通告のままで質問させていただきます。  北朝鮮による弾道ミサイル発射は、昨年二十数発に及んでおり、そのうち8月には男鹿半島沖の排他的経済水域(EEZ)に落下。

由利本荘市議会 2017-06-02 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号

政府は北朝鮮ミサイルに備えた住民の避難訓練を全国的に呼びかけており、都道府県の担当者を集め、県内では男鹿市で既に実施しています。他国からの武力攻撃を想定した住民訓練は、戦後初めてでしょう。発射の報道に、東京メトロなど一部の鉄道会社などは運転を見合わせました。マスメディアも盛んにあおっており、内閣官房のホームページには、ミサイル落下時の行動についてが掲載されています。

能代市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会-03月06日−02号

けさ、北朝鮮からミサイルらしき物体が4発発射されたということで、本当に自然災害だけではなくてさまざまな災害が起こり得るということを想定して、避難計画であったりさまざまな住民の安全・安心を守るための行動、市としてできる限りの行動をとっていただきたいというふうにお願いして、次の質問に移らせていただきます。  

由利本荘市議会 2017-02-23 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月23日−03号

次に、大項目4、北朝鮮ミサイルに対する対応について伺ってまいります。  先月1月26日、県の会見で、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、全国で初めての住民避難訓練を3月17日、男鹿市北浦地区で行うと発表がありました。内閣官房消防庁秋田県と男鹿市が主催するようであります。  

北秋田市議会 2016-03-22 平成28年  3月 定例会-03月22日−04号

先ほども話がございましたが、1つは、日本を取り巻く安全保障環境が激変し、厳しさを増していることに対応するためであり、北朝鮮の弾道ミサイル関連技術の飛躍的な進化などはその一例と言えます。そうした中、日米防衛協力体制の実効性をより向上させ、すき間のない防衛体制を構築することで抑止力を高め、紛争を未然に防ぐということです。  

由利本荘市議会 2016-03-17 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月17日−04号

加えて、北の核弾頭ミサイル発射やISなど、日本を取り巻く世界の安全保障環境が急激に変化しているのであります。世界で軍隊を持たないのが13%、その中に日本も無防備でいるわけであります。その危機感を肌で感じなければ、国会議員の本分である国民の命と財産は守れないのであります。これまで何とか平和安全が維持できたのも、日米安全保障条約やASEAN諸国との連携によるものであります。

由利本荘市議会 2015-09-24 由利本荘市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月24日−05号

が行われるときは、自国の平和安全を害するものとみなして対抗措置をとる権利は当然必要である」、「武力攻撃が我が国の存立を脅かし、国民生命自由及び幸福追求の権利を根底から覆す明白な危険となることなどを要件としており、やむを得ない自衛の措置としているものであり、憲法の範囲内で解釈するものである」、「尖閣諸島周辺では、中国公船による領海侵入が繰り返され、また、北朝鮮は、日本の大半が射程範囲に入る弾道ミサイル

由利本荘市議会 2015-06-19 由利本荘市議会 会議録 平成27年  6月 定例会-06月19日−04号

、「国連憲章第51条では、個別的自衛権集団的自衛権は固有の権利として認められており、その集団的自衛権を保有し、行使するのは当然のことである」、「現政権は、あくまでも憲法9条の1項及び2項の条文の枠内で戦争を回避しようとして、各国が手を組み、抑止力を高めるようとしているものである」、「北朝鮮による核開発中国軍事増強が進み、アジア安全保障環境は、一段と厳しくなっている」、「万が一の事態、例えばミサイル

由利本荘市議会 2015-03-18 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月18日−05号

それから40年余りを経て、我が国を取り巻く安全保障環境は大きく変化し、大量破壊兵器や弾道ミサイル、周辺国との領土をめぐる問題、またテロの脅威も世界中で高まっております。そういう中で国と国民をどう守るのか、その備えは本当に充分なのかということは、与党として当然考え、議論しなければならない問題なのです。  

北秋田市議会 2014-12-19 平成26年 12月 定例会-12月19日−04号

東西冷戦終結後の四半世紀だけをとってもグローバルなパワーバランスの変化、大量破壊兵器や弾道ミサイルの開発、国際テロ組織などの脅威により、アジア太平洋地域では問題が発生し、緊張が続いております。また、その脅威が世界のどの地域で発生しても、我が国の安全保障に直接的な影響を及ぼす状況となっております。

鹿角市議会 2012-12-12 平成24年第6回定例会(第3号12月12日)

吉村アイ議員のご質問にお答えいたしますが、先ほど北朝鮮ミサイルが発射されたようです。何事もなければいいなというふうに心配しているところでございます。  そして、また先ほど男女共同のお話ございましたが、私は男と女と区別はありますが、一人の人間として優秀な者であれば、それは課長にも部長にもしていきたいなと思っていますが、決して差別はしていないということをご理解いただきたいと。

由利本荘市議会 2010-03-19 由利本荘市議会 会議録 平成22年  3月 定例会(第1回)-03月19日−05号

しかしながら、現在においても、核兵器のみならず、核爆弾搭載可能なミサイルの開発、核物質や核技術の流出、拡散等の脅威はむしろ高まりつつある。このような中、昨年4月5日、オバマ米国大統領はプラハで行った演説において、唯一の加害国として、平和安全核兵器のない世界を追求する決意を表明した。  

鹿角市議会 2009-05-29 平成21年第4回定例会(第3号 5月29日)

初めに、防災対策危機管理体制の整備、取り組みについてでございますが、本市の防災対策地震、豪雨などの自然災害や新型インフルエンザミサイルなどの有事の場合、本市の緊急危機管理体制と対策についてでありますが、激動する社会情勢に目を向けると、グローバル化の動きの中で、次々と大きな問題が発生しております。  

鹿角市議会 2009-05-28 平成21年第4回定例会(第2号 5月28日)

朝鮮ミサイル発射の記憶がまだ鮮明に残っている時期に、核実験とはどういうことかと憤りを感じております。私は、5月24日に広島で被爆した女性を主人公にした映画を見てのすぐのことだったので、原爆反対、戦争反対の思いは何倍にも感じられたのです。  さて、前置きはこれくらいにいたしまして質問に入らせていただきます。  

  • 1
  • 2