23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鹿角市議会 2017-11-30 平成29年第7回定例会(第1号11月30日)

さらには、スキー授業の最中にはヘルメット使用義務づける。  また、このスキー事故の事案を鑑みまして、各学校で策定しております安全対策マニュアルについては、いま一度再点検をし、スキー事故も含めて全ての外の行事でありますとか、修学旅行中の事案でありますとか、そういったことも含めて再点検をし、さらなる充実を図ってきたと、こういうところでございます。

能代市議会 2016-03-24 平成28年  3月 定例会-03月24日−06号

また、消防団の装備充実の取り組み状況について質疑があり、当局から、27年度は消防団員に対し救命胴衣を配布したほか、ヘルメットを240個配布している。ヘルメットについては29年度までに全員に配布する予定としているほか、年次計画により装備の充実に努めていきたい、との答弁があったのであります。  

男鹿市議会 2016-03-01 男鹿市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月01日−02号

中学校では、DVDを用いて自転車安全な乗り方、ヘルメット着用や並列走行禁止などの安全ルールを守ることを指導しております。また、校地内での実地走行研修を行っております。  男鹿地区交通安全協会では、自転車安全推進運動として、男鹿東中学校及び男鹿工業高校正門前で、自転車通学者に対して反射材を配布し、安全走行を呼びかけております。  

由利本荘市議会 2015-06-04 由利本荘市議会 会議録 平成27年  6月 定例会-06月04日−02号

安全装備品としまして、ライフジャケットは配備済みであり、現場用ヘルメットなどは昨年度から配備しております。  また、救助活動用資機材については、現在装備している車両を2台配備しておりますが、今後も国の無償貸与車両を活用するなど、装備の充実を図ってまいりますので、御理解をお願いいたします。  次に、(3)消防団員加入促進は進んでいるかについてお答えいたします。  

男鹿市議会 2015-03-04 男鹿市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月04日−03号

購入予定の装備品は、ヘルメット、ヘッドライト、雨衣、安全靴、耐切創性手袋、携帯用無線機、発電機、投光器、チェーンソー及び拡声器の10品目で、当初予算に措置しております。  消防団の報酬及び費用弁償の額の見直しにつきましては、今後、市の財政状況を勘案しながら、引き上げ時期や額について検討してまいりたいと存じます。 ○議長(三浦利通君) 再質問ありませんか。

能代市議会 2014-12-15 平成26年 12月 定例会-12月15日−02号

今後、この基準に沿って計画的に装備の拡充に努めてまいりますが、生命や身体を直接保護するヘルメット及び救命胴衣の装備については、全団員に配備してまいりたいと考えております。  次に、能代市民健康についてのうち、がん検診の取り組みについてでありますが、市では健康で心豊かな暮らしを実現するため平成25年3月に能代市健康づくり推進条例を制定し、市民健康寿命の延伸を図るための施策に取り組んでおります。

鹿角市議会 2014-12-08 平成26年第6回定例会(第2号12月 8日)

さらに、教育委員会では、スキー授業におけるヘルメットの着用を義務化するとともに、花輪スキー場での一般貸し出しも行うことで準備を進めているところでございます。  今後も市民安全安心にスキー場を利用できるよう、環境整備に努めてまいりたいと考えております。 ○議長(田村富男君) 中山一男君。 ○10番(中山一男君) はい、わかりました。  

鹿角市議会 2014-06-17 平成26年第4回定例会(第3号 6月17日)

いずれ日本全国の状況を見るときに、その学校によってはヘルメットなり、それから防災頭巾なり、いろいろ準備をされているところもあるようです。その辺のところを今後、必要性云々ということになるといろいろ論議があるところでしょうが、ある学校では避難訓練の際に教師はヘルメットをかぶり、子供たちは防災頭巾、こういうギャップが非常に危惧されています。次代を担う子供たちは防災頭巾でいいのかという話になりますよね。

男鹿市議会 2013-12-10 男鹿市議会 会議録 平成25年 12月 定例会-12月10日−03号

チラシに関しては、選りすぐり13事業のPR、県内トップクラス子供医療費助成、県内19市厚木だけ紙おむつなどを支給、県内トップクラス「子育て支援センターもみじの手」、ニュー事業の産前産後の子育て家庭を応援する「ほっとタイムサポーター」、保育所各種サービス認定こども園、さまざまなインターネットサービス、こすもシアターきらきらタイム、留守家庭児童クラブ、児童館おひさまタイム、小学校少人数学級児童自転車ヘルメット

男鹿市議会 2012-03-02 男鹿市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-03月02日−03号

市からは、今年度、ヘルメットとハンズフリーライトを交付しており、平成24年度は沿岸地域自主防災組織に、災害避難用のアルミ製折り畳み式リヤカーを配備し、防災活動を支援してまいります。  町内会交付金は、基本事業である自主防災活動事業、地域清掃、草刈りなどの地域環境整備事業、なまはげ行事、盆踊りの地域文化継承事業など、各事業を実施することにより交付するものであります。

男鹿市議会 2012-03-01 男鹿市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-03月01日−02号

男鹿市でもいろいろな取り組みがなされ、防災の講習や自主防災組織づくり、いち早く見直したハザードマップ標高掲示板、ヘルメット配布、防災リーダー講習など、素早い動きを見せていただいており、感謝します。  しかしながら、一般市民への教育と訓練は、まだまだこれからでございます。

男鹿市議会 2011-12-09 男鹿市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月09日−03号

12月21日には、自主防災組織へのヘルメット及びハンズフリーライトの交付と防災に関する講演会を予定しております。  防災備蓄については、毛布、アルファ米、飲料水、下着、紙おむつなどを備蓄しております。  津波避難場所については、4月から9月にかけて各町内会の方々と実地調査や意見交換会を実施し、避難場所の見直しと津波ハザードマップの見直しを進めております。  

男鹿市議会 2011-12-06 男鹿市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月06日−01号

また、各自主防災組織には、ヘルメット及びハンズフリーライトを配備いたします。  さらに、津波に関して高い意識を持っていただく必要があることから、各公共施設コンビニエンスストアなど114施設標高表示シートを掲示したほか、船越地区の電柱など60カ所に標高表示板を設置いたしました。  

北秋田市議会 2011-03-09 平成23年  3月 定例会-03月09日−03号

恐らくアルペンの場合は、スキー用具とか着用するワンピ、ヘルメット、そういった用具にかかる費用が多大なものですから、背景には家庭経済的な問題もあるのではないかなと思っています。  いずれにしても、雪国に育つ子供たちには、冬期間の体づくりとして、クロスカントリーであれアルペン競技であれ、いずれかスキーに十分親しませて体づくりを行いたい。

男鹿市議会 2009-12-07 男鹿市議会 会議録 平成21年 12月 定例会-12月07日−03号

特に男鹿東中学校では、9割以上の生徒が自転車通学であることから、自転車安全運転教室の実施や街頭指導ヘルメットの着用指導自転車の定期的な点検指導などを行っているほか、学区内の通学に利用する道路については、国道や県道、見通しの悪い歩道のない道路が多いため、危険の多い道路は通学路として通行しないよう指導するなど、事故の未然防止に努めております。  

仙北市議会 2009-02-25 平成21年  2月 定例会-02月25日−01号

次に、2項1目の合併市町村補助金につきましては、都市計画マスタープラン生保内小の耐震補強消防団ヘルメット購入費でありまして、これらの事業が実施されまして4,650万円から1,345万2,000円にしたものでございます。  次の3目の汚水処理施設整備交付金につきましては、7人槽でありますが13基を8基に、5人槽7基を10基にしたことからの減額補正でございます。  

  • 1
  • 2