63件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北秋田市議会 2017-10-10 平成29年  9月 定例会-10月10日−05号

事業内容としては、バイオマスエネルギーの生産プラント及びリサイクル施設並びにそれらにおけるボイラー及び附属設備研究、開発、設計建設、製造、販売、卸売、メンテナンス、輸入及びコンサルティング主体とし、再生可能エネルギーに関するパッケージ商品の販売を行っており、取り扱い商品はフィンランドより木質バイオマス発電機を輸入し、当市へ進出後、国内や県内に納入しているほか、本社と道の駅たかのすでは、実証実験機

北秋田市議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会-09月12日−01号

東京都大田区羽田旭町11番1号、荏原環境プラント株式会社東日本営業部、部長、酒井浩昭。  平成29年9月12日提出。北秋田市長 津谷永光。  提案理由。  本業務請負契約締結については、北秋田市議会議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会議決を経る必要があるため、提案するものであります。  次のページをごらんください。  

由利本荘市議会 2017-06-01 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月01日−02号

さて、前段において、本施設建築基準法では工場に区分される施設と申し上げましたが、こうした工場(プラント)においては、機械設備等の詳細を最初に決定、それを実施設計に反映することが基本と考えます。  そこで、(4)厨房機器選定方法とスケジュールについて伺うものであります。  大項目8、教育行政について。  アクティブ・ラーニングと外国語活動の取り組みの概要について伺います。  

鹿角市議会 2015-09-15 平成27年第6回定例会(第2号 9月15日)

ただ、ないのが地熱の実証実験プラントがないわけです。こういうものを鹿角に持ってきて、鹿角でこれだけ大きい自然エネルギー、あるいは大変大きい量が予想されているエネルギー保存量、これらを活用する意味ではこういうものの誘致も今後考えられないのかなと思います。もし、ご意見がありましたらお願いします。 ○議長(田村富男君) 市長。

由利本荘市議会 2015-09-03 由利本荘市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月03日−03号

例えば鳥海りんどう、それから秋田由利牛、牛肉というのは全国各地にもあるわけで共通する事項が多いわけですが、穀倉地帯の秋田県飼料用米などもありますが、きのうの高橋議員の話によると、その飼料用米をつくるプラント秋田県内にはないということで、飼料用米というのは畜産も関係しますし、由利本荘市には総合家畜市場もあるわけでございます。

男鹿市議会 2015-06-22 男鹿市議会 会議録 平成27年  6月 定例会-06月22日−04号

一例を挙げると、先回の一般質問でも申し上げましたが、将来の水素社会の実現を見据え、次世代エネルギーとして期待される水素関連企業の誘致を図り、水素製造プラントの生産拠点として、未来のエネルギー供給基地を目指すということです。幸い、船川にはそのノウハウを持つJX日鉱日石エネルギー社があります。流通関係の鉄道及び港湾施設を有して条件が整っています。

仙北市議会 2015-06-15 平成27年  6月 定例会-06月15日−04号

ただ、来年1月1日より施行された場合、前に協議会の資料ということでお渡ししました届け出対象行為の中でいきますと、違いますね、景観計画の中の36ページのとこの届け出対象行為の欄に、工作物ということでコンクリートプラント等の製造施設類ということで、高さが13メーターまたは築造面積が1,000平米を超えるものが届け出対象行為となってございます。  以上です。 ○議長(青柳宗五郎君) 5番。

北秋田市議会 2015-05-27 平成27年  6月 定例会-05月27日−01号

4、契約の相手方、東京都大田区羽田旭町11番1号、荏原環境プラント株式会社全国営業統括部、統括部長、酒井浩昭。  平成27年5月27日提出。北秋田市長 津谷永光。  提案理由でございます。  工事請負契約締結については、北秋田市議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会議決を経る必要があるため、提案するものでございます。  資料1をごらんください。  

由利本荘市議会 2015-05-12 由利本荘市議会 会議録 平成27年  5月 臨時会-05月12日−01号

補正の主な内容といたしましては、総務費では、友好都市である中国無錫市との国際交流事業費や、由利本荘市土地改良区総代選挙費の追加、農林水産業費では、ミルクプラント移動販売車購入事業費を追加、商工費では、ぱいんすぱ新山空調室外機修繕事業費を追加、教育費では、本荘東中学校施設整備費を追加、災害復旧費では、市道亀森線地滑り災害復旧事業費を追加しようとするものであります。  

男鹿市議会 2014-12-09 男鹿市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-12月09日−03号

プラントでの堆肥製造工程のプロセスは、100日以上かけて生ごみから良質な堆肥ができるとしております。本市での実証実験は、既に100日以上経過しているが、成功しているのか、開始から今日までの作業工程と結果についてお伺いしたいと存じます。  また、今後も実証実験が必要なのか、本格的事業化が可能なのかどうか、お伺いいたします。  

鹿角市議会 2014-06-24 平成26年第4回定例会(第4号 6月24日)

次に、議案第56号工事請負契約締結について(農業集落排水事業処理施設プラント建設工事について)でありますが、本案の審査に当たり、処理場の建設場所については、昨年の水害で被災した場所であると思うが、立地場所としては問題ないかただしております。これに対し、周辺に用排水路もしくは河川があることが必要であり、地元自治会とも確認し、今回の場所に決定したものである。

鹿角市議会 2014-06-16 平成26年第4回定例会(第2号 6月16日)

契約目的でありますが、農業集落排水事業処理施設プラント建設工事であります。  契約の方法は、指名競争入札であります。工種が機械器具設置で市に登録し、北東北3県に営業所を有し、東北において集落排水水処理施設の施工実績のある市外5社を指名しております。  契約金額は、2億3,608万8,000円です。  

仙北市議会 2013-06-25 平成25年  6月 定例会-06月25日−05号

バイオエネルギー施設には6億数千万円を投じ、市民の血税によりプラントを整備したが、大規模改修を経てもいまだ当初の成果が得られていない。当初計画どおりの性能を実現するために、例えばメーカーからさらなる改修の提案があったとしても、これまでの実績を踏まえると確証がないままでは踏み切れない。  

仙北市議会 2012-09-14 平成24年  9月 定例会-09月14日−03号

ですから基礎工事から始まって、建屋になって、中のプラントになってというところはすべてその場面場面での検査が行われていて、その検査については設計書に基づいて行いますので、設計書のとおりの、要するに実現性の高い設計書のとおりの建物ができている、プラントができているということでは当然完成ということになるわけであります。それが1点であります。  

仙北市議会 2012-09-13 平成24年  9月 定例会-09月13日−02号

いわゆる前はセメントかけら、あるいは陶器類、それらが不燃物として該当して当市に搬入するということでしたが、実際、今プラントが稼動している中では、横手市でもこれから可燃物を受け入れたりすると、可燃物がどんどん処理が進んでいくと、そこのプラントには不燃物として25以下、あるいは40ミリ以下とかというふるい下がどんどん堆積してきているようですけれども、結局それらが片づかないと処理が進んだという形にはならないというふうに

仙北市議会 2012-09-04 平成24年  9月 定例会-09月04日−01号

野田村では破砕、選別プラントが稼動している米田地区の仮置き場と新山グラウンドの仮置き場において、岩手県秋田県の担当者も同行し、詳細な説明を受けました。現地では可燃物の処理を優先して進めていますが、可燃物の破砕、選別の過程で相当量の不燃物が出ていて、細かく破砕された不燃物が堆積している状況でした。また大量の漁具、漁網も処理されずに保管されていました。