運営者 Bitlet 姉妹サービス
206件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-13 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 避難場所への到達については、有事における道路閉塞の解消対応や、高齢者、障害者等への配慮をともなったバリアフリー環境整備の観点も含め、老若男女問わず避難を行うことが想定された、より安全な避難行動を可能とする避難経路及び避難経路上の環境整備がなされるべきと考えますが、市の見解をお伺いいたします。  4項目は、教育機関での有事対応について質問いたします。   もっと読む
2017-09-12 仙北市議会 平成29年  9月 定例会-09月12日−05号 本工事は、プールの通年営業に伴いまして、高齢者や障害者を含めた市民全般の利用を促進するため、3階にあるプールへの新たな動線としてバリアフリーに対応したエレベーターを増設し、さらに既存建物の2階にあります更衣室を新たにエレベーターとの4階に増築するものでございます。 もっと読む
2017-09-11 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日) ○10番(児玉政明君) 今まで以上の交流がさらに期待されるわけでございますけれども、国では登録されたホストタウンへの支援として、ホストタウン事業を活用する施設のバリアフリー、ユニバーサルデザイン化や案内等の多言語対応化、事前合宿に活用するスポーツ施設の改修工事、各競技の国際競技連盟基準に適合させるために必要不可欠な改修工事ができることとなっておりますけれども、今後ハンガリー国との交流に当たりこれらの もっと読む
2017-08-08 北秋田市議会 平成29年  8月 臨時会(第2回)-08月08日−01号 今回、この建物を内陸線に無償譲渡するに当たりましては、阿仁合駅の駅舎機能の機能拡大を図ることを主眼に、待合室の拡大、こぐま亭の移設拡大、観光案内所の新設、トイレのバリアフリー化等によります観光拠点としての施設整備を図ることとしており、随時、会社等関係機関との協議を進めてございます。 もっと読む
2017-06-27 北秋田市議会 平成29年  6月 定例会-06月27日−04号 平成29年度は1号、2号をシェアハウス住宅に、3号室をバリアフリー対応型の住宅として整備し、移住定住ネットワークセンターとして今後の展開を進めていくとのことでした。  現在は、市が把握している範囲で11世帯14人の移住者がおり、昨年は移住体験に19人の参加があった。 もっと読む
2017-06-01 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月01日−02号 高齢者の賃貸住宅につきましては、現在の市営住宅においても、県のバリアフリー条例や由利本荘市営住宅等の整備基準を定める条例に基づいたバリアフリー対応の住宅提供を進めており、高齢者の方も安心して暮らせる住環境整備を進めているところであります。   もっと読む
2017-03-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月02日−02号 また、住宅に関しては、バリアフリー化や耐震改修の費用を国などが1戸当たり最大200万円補助します。法律を所管する国土交通省では、20年度までに登録住宅を17万5千戸に整備する方針です。 もっと読む
2016-11-30 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第1号11月30日) 10款3項1目中学校施設管理656万3,000円は、十和田中学校にバリアフリートイレを整備するため、工事費等を追加するものであります。  48ページ、49ページをお開きください。  4項1目幼稚園費の私立幼稚園支援事業799万9,000円は、私立幼稚園に対する施設給付費を追加するものであります。  50ページ、51ページをお開きください。   もっと読む
2016-11-30 鹿角市議会 平成28年第7回定例会(第1号11月30日) 10款3項1目中学校施設管理656万3,000円は、十和田中学校にバリアフリートイレを整備するため、工事費等を追加するものであります。  48ページ、49ページをお開きください。  4項1目幼稚園費の私立幼稚園支援事業799万9,000円は、私立幼稚園に対する施設給付費を追加するものであります。  50ページ、51ページをお開きください。   もっと読む
2016-06-13 能代市議会 平成28年  6月 定例会-06月13日−02号 この、なぜ規制を緩和していくのか、その中の理由の一つとして、買い物難民対策あるいはバリアフリー対策ということで、主に足がない方のために配慮された緩和ではないかなと、そう解釈しております。これら世の中の動向を踏まえ、それでもなお能代としては、市としては先ほどの開発行為の面積の緩和の考えも適当ではないのか、改めてお伺いいたします。 ○議長(武田正廣君) 市長。 もっと読む
2016-03-22 北秋田市議会 平成28年  3月 定例会-03月22日−04号 また、ゴンドラ山頂駅舎と連絡通路でつながるバリアフリーとなっているため、足の不自由な方でも、外に出ることなく利用することが可能となっています。  2つ目に、森吉山阿仁スキー場の機能強化として、ゴンドラ山麓駅舎の改修工事、ゴンドラ設備やリフトワイヤーの更新、圧雪車等の購入、定期乗り合いタクシーの運行などとなります。   もっと読む
2016-03-09 鹿角市議会 平成28年第2回定例会(第5号 3月 9日) ○教育長(畠山義孝君) バリアフリーの件とあわせてお答えをしてよろしいでしょうか。お答えをいたします。  トイレの数とバリアフリー化についてでありますが、見学者の利便性を考慮し、男性用トイレ及び女性用兼多目的トイレを設けることとしております。   もっと読む
2016-03-09 鹿角市議会 平成28年第2回定例会(第5号 3月 9日) ○教育長(畠山義孝君) バリアフリーの件とあわせてお答えをしてよろしいでしょうか。お答えをいたします。  トイレの数とバリアフリー化についてでありますが、見学者の利便性を考慮し、男性用トイレ及び女性用兼多目的トイレを設けることとしております。   もっと読む
2016-03-08 北秋田市議会 平成28年  3月 定例会-03月08日−01号 また既存の市営住宅においては外壁改修や屋根のふきかえ、バリアフリー改修など計画的な改修・改善を進め、居住環境の向上と財産保全等に努めてまいります。  建設課。  交通基盤の整備については、市民生活に影響を及ぼさないよう安全・安心、快適な道路網の環境整備を図るため国等の補助事業を活用しながら、路面性状調査に基づき主要路線の損傷が著しい箇所について舗装改修を進めてまいります。   もっと読む
2016-03-07 鹿角市議会 平成28年第2回定例会(第3号 3月 7日) 最近の若者の流出と高齢化の進行により高齢者世帯が増加し、新築住宅着工件数は減少する一方で、住宅の長寿命化やバリアフリー化などのリフォームに対する需要がふえており、経済対策のみならず高齢化社会における定住環境の向上のためにも有意義な事業となっております。  今回の継続によって、縮小または拡大されたものがあるのかなど、従来の相違点を伺います。 もっと読む
2016-03-07 鹿角市議会 平成28年第2回定例会(第3号 3月 7日) 最近の若者の流出と高齢化の進行により高齢者世帯が増加し、新築住宅着工件数は減少する一方で、住宅の長寿命化やバリアフリー化などのリフォームに対する需要がふえており、経済対策のみならず高齢化社会における定住環境の向上のためにも有意義な事業となっております。  今回の継続によって、縮小または拡大されたものがあるのかなど、従来の相違点を伺います。 もっと読む
2016-03-04 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月04日−03号 管内のJR4駅は、駅舎整備やバリアフリー化が進み、残る羽後本荘駅は橋上化と東西自由通路の整備が進められることになっております。残された羽後亀田駅については、現在の1番ホームは使用できないのか、とりあえず駅舎だけでも、もっとしっかりした整備ができないのか、どのような計画を立てられるのか、整備の見通しについて伺うものであります。   もっと読む
2016-03-01 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月01日−02号 また、高齢者や障害者に配慮した駅のバリアフリー化につきましては、原則として一日当たりの平均的な利用者数が3千人以上の駅は、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の規定に基づく移動等円滑化の促進に関する基本方針により、平成32年度までに鉄道事業者、国、地方自治体が、それぞれ3分の1ずつ負担し、バリアフリー化を実施することとされております。   もっと読む
2016-02-23 仙北市議会 平成28年  3月 定例会-02月23日−01号 担当から調査報告を受けた後は、いよいよ具体事業の展開に入りますが、まずはバリアフリー情報の発信から始めます。秋田県観光連盟では、平成28年度より「あきた旅のサポートセンター」仮称であります、を開設する予定となっておりまして、情報を共有しながら、誰にとっても優しい受け入れ態勢づくりを強化したいと思います。   もっと読む
2015-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月07日−02号 観光の環境整備への取り組みに関しましては、男鹿市総合戦略の観光産業の振興の中で受け入れ態勢の整備に位置づけており、交流拠点施設や公共施設に関しては、バリアフリーやユニバーサルデザインを取り入れた整備を進めてまいります。観光拠点においては、これまで同様、草刈り等を実施し、適切な維持管理を図ってまいります。 もっと読む