270件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-09-10 令和元年第5回定例会(第3号 9月10日)

○9番(金澤大輔君) やはり、受け入れるときと、最後のバスに手を振ってお別れするシーンなんかは、やった側からしてもちょっとほろっとくるので、ああいうのを動画をネットに上げて誰でも見られるようにすれば、もっと効果が出ると思うので、その辺もちょっと検討していただきたいと思います。  次に移ります。  (3)事業がもたらす効果について。  

鹿角市議会 2019-08-30 令和元年第5回定例会(第1号 8月30日)

附属施設として照明8基、車道と歩道、駐車スペースの境界の要所に車どめ72本、バス乗り場2カ所にそれぞれシェルターを、また案内用のサインを10基設置するものであります。  以上で説明を終わります。 ○議長(宮野和秀君) 提案理由の説明を終わります。  これより質疑を受けます。質疑ございませんか。     

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

教育部長(加藤 卓君) スクールバス安全対策といった点で、1つの例といたしましては、私たち職員が今回の再編に合わせた統合校については、一定期間同乗しながら子供たちが安全バス停からバスに乗って降車場所から学校まで行く手段、そういったもの、帰りも同じ逆の順路で同行したりしております。

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

鹿角花輪駅前観光案内所につきましては、来る6月21日のオープンに向け、現在準備を進めておりますが、案内所では観光情報の提供に加え、特産品紹介コーナー、売店、レンタサイクルの貸し出しを行うほか、バス乗車券の販売所、休憩所、授乳室、多目的トイレを整備するなど、駅前という玄関口での観光客受け入れ窓口として、効果的な情報発信と鹿角観光の活性化を図ってまいります。  

鹿角市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第5号 3月13日)

観光バスや他県ナンバーの乗用車も多く市内を通り、その途中で老朽化が進んでいる建物を目にすることは市民にとっても心苦しいことでございます。老朽化の進んだ建物は、外見だけではなく、倒壊の危険犯罪なども含めさまざまな問題を抱えます。特に、何度かこの場でもご提案させていただきましたが、八幡平の元ホテルにつきましては老朽化も著しく、喫緊の対策が必要であると思います。

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

また、先週、大館市の秋北バスが、乗務員の確保が難しいとして大館市と仙台市を結ぶ高速バスの平日便を来月15日から運休するとして、期間は未定であります。土日、祝日及び年末年始の繁忙期は平日でも運行するという記事を見ました。これまで利用していて便利なことから、大変残念に思います。雇用については幅広くきめ細かな対応が必要であると思います。  次に、児童虐待について伺います。  

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

国立公園満喫プロジェクトにつきましては、国直轄事業では大沼散策路の木道再整備や頂上見返り峠の交差点改良、市実施事業では道の駅かづのや道の駅おおゆの整備、十和田八幡平観光路線バス「八郎太郎号」の運行、またビューポイントに指定された大沼・後生掛地区での自然を活用した体験メニューの提供や観光物産展の開催を実施することとしているほか、小坂町では十和田湖地域において新たな道の駅を整備する計画もあると伺っております

鹿角市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第2号 3月 5日)

この中で、まず最初に、観光案内所に所長となってありますけれども、所長はどこで任命するのかということと、あと、今までは別々であったバスの乗車券販売所と同じ施設に入るわけですけれども、そちらのほうとはどういう関係といいますか、どのように連携して仕事をしていくのか、この2点をお尋ねいたします。 ○議長(宮野和秀君) 産業活力課政策監。 ○産業活力課政策監(黒沢書彦君) 産業活力課政策監の黒沢です。

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

貸付財産は、建物については、ホテル棟一式1万9,472.45平方メートル、寮棟が1,163.50平方メートル、そのほか倉庫3棟とバス待合所1カ所、看板2基でございます。  土地については、5筆で、うち桂ノ沢1番地3と中谷地5番地1は一部貸し付けとなりまして、合計3万9,264.69平方メートルです。  前のページにお戻り願います。  2の貸付けの目的は、ホテル経営です。  

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

今、交通バスの状況を見ても盛岡から八幡平まで来るバスがやはり1日今3往復あります。そのほかに自然散策バスということで、八幡平を散策するバスも出てきています。こちらのほうは田沢湖に行くバスが1日2便ですよね。鹿角から田沢湖に行く便、玉川通っていく便が今2便あるんですが、いずれ前から八郎太郎号という形でやっているんですが、今の中でやはりまだアクセスの部分を考えていただきたいという声が出ています。  

鹿角市議会 2018-09-20 平成30年第7回定例会(第4号 9月20日)

次に、7款2項2目観光振興費における観光アクセス充実対策事業について、観光路線バス八郎太郎号の昨年度と比較した運行実績について、また、今後の利用状況の予測についてただしております。  これに対し、7月末時点の実績で運行便数については昨年度は33便、今年度は51便が運行しており、乗車人数については昨年度は71人、今年度は110人の方に利用いただいており、昨年と比較し、1.5倍ほどの実績となっている。

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

ドライブレコーダーは、前方の映像、時刻、場所や車両操作の状況などを記録し、事故等の重要な証拠としてその原因を客観的に判断するための資料となるほか、駐車時に起きた犯罪についても事件解決に役立つ可能性があることから、まずは事故等が起きた場合に影響の大きいバスなどから優先的に搭載を検討してまいります。 ○議長(宮野和秀君) 舘花一仁君。

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

一方、秋田県・国では、おおむね通学時間については1時間以内、それと近年の児童・生徒のやはり運動不足といったものを解消するために、バスをあえて校門から離すところにとめて歩かせるような、そういった体力向上策を図っているところもありますし、学校に着いた場合に、バスタクシー等で通った児童・生徒には運動させるといった取り組みもしているところであります。

鹿角市議会 2018-03-13 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日)

○9番(栗山尚記君) 確かに私も自分で車を運転していくわけですが、そういった場合には駐車場も広くなって便利なんですが、現時点で高速バス等々を使って行かれている方には非常に不便にならなければいいなと心配しているところですので、少し触れさせていただきました。  さらに、直接地域医療の体制ではありませんが、鹿角市は北東北の中心地にあります。