運営者 Bitlet 姉妹サービス
356件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-03 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月03日−01号 ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.15倍となっており、昨年同期と比較して0.12ポイントの増となっております。  次に、農業の状況についてであります。  水稲は、東北農政局秋田地域センターが発表した8月15日現在の県中央の作柄状況は、「平年並み」となっております。   もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 市長も十分頭の中にはあると思うんですけれども、しかし、現実に市民のこういう思いに対して、今、そうすればどの程度この働く場所の確保、ハローワークなどには結構行ってお願いもしているようでありますけれども、しかし、事実として、直接人口増につながらない部分があったとしてもですね、そういう人口増対策も含めて、この職場の確保という問題点について、市の取り組み方というのはどういう考え方で考えているのか。 もっと読む
2018-06-11 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号 ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.06倍となっており、昨年同期と比較して0.25ポイントの増となっております。  次に、農業の状況についてであります。  平成30年産米の産地主導による生産調整への取り組みにつきましては、男鹿市農業再生協議会の水田フル活用ビジョンに基づき、JA秋田なまはげでは、米粉用米や加工用米、大豆などの作付を推進し、農業所得の確保に努めているところであります。   もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 新規学卒者の就職内定状況につきましては、ハローワーク鹿角管内の縁故、公務員を除いた就職希望者は県内63人(内定者60人)、県外36人(内定者35人)の合わせて99人で、このうち就職内定者は95人となっており、引き続き、雇用関係機関・団体等との連携を図りながら、内定率100%の早期達成を目指してまいります。   もっと読む
2018-02-27 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-02月27日−01号 ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.13倍となっており、昨年同期と比較して0.33ポイントの増、前月と比較して0.01ポイント減少しております。  次に、農業の状況についてであります。   もっと読む
2017-12-12 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第3号12月12日) 高齢者の雇用につきましても、企業に対して、高齢者を有効に活用でき、その能力を発揮できる仕組みの整備や生産ラインの改善、短時間勤務の導入など、高齢者の働きやすい環境づくりを促し、ハローワークや商工会などの関係機関と協力しながら、高齢者が活躍できるよう取り組みを進めているところであります。 ○議長(宮野和秀君) 黒澤一夫君。 もっと読む
2017-12-04 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月04日−01号 ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.09倍となっており、昨年同期と比較して0.31ポイントの増、前月と比較して0.11ポイント増加しております。  次に、農業の状況についてであります。  水稲は、出穂期以降、気温が平年並みに推移したことで、本市を含む県中央の作況指数は、101の「平年並み」となっております。   もっと読む
2017-09-27 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号 また、地元雇用人数が1,810人から720人と、これも減少予定となっているが、ハローワークの有効求人倍率は1.53倍となっており、働く場の選択肢が広がり新卒者の地元就職が拡大し、若者の定住につながる要因ともなると考える。有効求人倍率のみで考えると新規の企業誘致、これにも取り組めないような状況になっていいのか疑問を抱かざるを得ない。 もっと読む
2017-09-22 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第4号 9月22日) これに対し、事業計画では職員3名を雇用し、常時2名体制をもって管理・運営を行うこととし、職員の雇用についてはハローワークを通じて広く募集し、地元雇用を行いたいとの提案がされているとの答弁がなされております。  以上の審査により、本案につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。   もっと読む
2017-09-15 北秋田市議会 平成29年  9月 定例会-09月15日−03号 厚生労働省秋田労働局発表のハローワーク鷹巣管内平成29年7月の有効求人倍率は1.28倍となり、前年同月比0.03ポイント増加、前月比0.01ポイントの増加となりました。雇用の失業情勢は前年に比べ有効求人が2カ月連続で微減となりましたが、有効求職者数は27カ月連続で減少しており、有効求人倍率は引き続き高水準で推移しております。この数字について、市ではどのように認識しているかをお尋ねいたします。   もっと読む
2017-09-14 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号 ですから、そういう面では有効求人倍率に関しましても、ハローワーク能代の数字でありますので、この圏域の全体の数字なので、そうすると能代市民の雇用創出が一番の市長の、まずメリットの要因だと思うわけですので、そうすると能代圏域、能代市内の住民の雇用創出につながるかどうかという点はどうなるか、その辺のことを捉えているのか。その点をお聞かせ願いたいと思います。 ○議長(武田正廣君) 市長。 もっと読む
2017-09-11 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日) 一方、長期的な支援が必要と見込まれる場合については、支援調整会議の場において、ハローワークや法テラスなど、幅広い分野の専門委員から意見をいただきながらプランの見直しを行うことで継続的な支援を行っております。 ○議長(宮野和秀君) 田中孝一君。 ○15番(田中孝一君) 高齢者の4割がそれぞれそういった相談で来ているということでありますので、ひとつよろしくお願いします。 もっと読む
2017-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号 また、ハローワーク男鹿からは、管内の有効求人倍率は上昇傾向にあり、秋田県全体としても雇用情勢は緩やかな回復基調にあると伺っております。   もっと読む
2017-09-01 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第1号 9月 1日) 次に、商工関係についてでありますが、雇用関係につきましては、去る7月26日にハローワーク、商工会と連携し、就職を希望する鹿角管内の高校3年生と地元企業との情報交換会を実施しております。 もっと読む
2017-09-01 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月01日−01号 ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.03倍となっており、昨年同期と比較して0.32ポイントの増となっております。  次に、農業の状況についてであります。  水稲は、東北農政局秋田地域センターが発表した8月15日現在の県中央の作柄概況は「平年並み」となっております。   もっと読む
2017-08-31 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号 平成28年6月1日現在におけるハローワーク本荘管内の障害者雇用率は1.78%で、県全体の1.9%より低くなっておりますが、前年比では0.2%上昇しており、年々改善の傾向にあります。  本市の障害者雇用の取り組みにつきましては、昨日、伊藤岩夫議員にお答えしたとおりであり、市商工会への要請や職員による企業訪問の際の呼びかけなどを今後も継続してまいります。   もっと読む
2017-08-28 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月28日−01号 去る8月10日、お盆の帰省時期に合わせ、カダーレにおいて、市雇用創造協議会、ハローワーク等が共催する就職面接会を開催しましたところ、前年より18多い42事業所、求職者70名の参加、あわせて開催した移住相談会には10組11名の参加をいただきました。  次に、弾道ミサイルを想定した住民避難訓練の実施についてであります。   もっと読む
2017-06-12 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月12日−01号 ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は0.81倍となっており、昨年同期と比較して0.1ポイントの増となっております。  次に、元税務課職員による公金着服事件についてであります。  元職員に対しては、地方自治法に基づき賠償命令を行っておりますが、一部の債務を認めているものの、すべての債務は認めておりません。 もっと読む
2017-06-02 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号 このため、市では、地元定着に向け、毎年、高校2年生を対象とした高校生就職サポートセミナーを開催し、早い段階から地元企業の理解を深める機会を設けるとともに、学卒業務連絡会議や工業振興懇談会等において、学校関係者、ハローワーク、企業等と情報交換しております。 もっと読む
2017-05-12 鹿角市議会 平成29年第3回定例会(第1号 5月12日) 雇用状況につきましては、ハローワーク鹿角管内の3月末の有効求人倍率は1.28倍と依然として高い水準で推移しております。これには、企業立地助成金による積極的な支援効果があらわれているものと捉えており、新たな雇用等が期待される動きも見られるなど、堅調に推移しております。   もっと読む