54件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

きょうは9月11日、2001年に発生した同時多発テロ事件は、全世界に恐怖を与え、誰もの心に焼きついている出来事ではないでしょうか。2020年には東京オリンピックが開催されます。本県選出の金田先生が法務大臣のときに大変難行したテロ等防止準備罪の法制化が決まり、これにより東京オリンピックも安心して開催できるものと思っております。  それでは、通告に従いまして一般質問させていただきます。  

能代市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号

1つはテロ対策のためといううそです。国際組織犯罪防止条約批准のためといいますが、この条約はマフィアなど経済犯罪に対応するためのものであり、テロ対策条約ではありません。いま一つは一般人は対象とならないといううそです。審議の中で政府は、環境保護団体人権保護団体を隠れみのとした場合には処罰されることがあり得ると言い出しました。

男鹿市議会 2017-06-16 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月16日−04号

安倍内閣は、このテロ対策とか、またはオリンピックとかを成功させるためとかという理屈を言っておるようでありますけれども、今までこれらへのオリンピックやテロへの対策は、36もある国内や国際的な契約の中で十分取り締まれる要因があるわけでありますけれども、なぜ今回こうした一連の戦争を思わせるような法案を通していくのか、非常に危険な状況になりつつあると思っています。

由利本荘市議会 2017-06-02 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号

衆議院で強行した共謀罪、内心を処罰する、一般人を対象にする、テロ対策ではないなど、法案の根幹がぼろぼろになり、金田法相がでたらめな答弁しかできなくなっています。  安倍首相期限を区切っての憲法9条改憲、現職の首相がこうまであからさまに改憲を主張したことはかつてなかったでしょう。森友学園疑惑に加え、加計学園の獣医学部新設でも首相の関与の疑惑が浮上しています。

由利本荘市議会 2017-05-15 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-05月15日−01号

継続審査中の陳情第2号共謀罪テロ組織犯罪準備罪)法案国会提出に反対する意見書提出についての陳情については、陳情者より取り下げたいとの申し出がありましたので、これを承認することに御異議ありませんか。           [「異議なし」と呼ぶ者あり] ○議長(鈴木和夫君) 御異議なしと認めます。よって、継続審査中の陳情第2号の取り下げについては、これを承認することに決定いたしました。

能代市議会 2017-03-23 平成29年  3月 定例会-03月23日−06号

整理番号第49号共謀罪テロ組織犯罪準備罪)法案国会提出に反対する意見書提出についての陳情は、まず、この法案に関しては、現在国会で審議中であり地方議会において、この是非を問うにはまだふさわしくない時期と考えていることから、不採択とすべきである、との意見があったのであります。  

由利本荘市議会 2017-03-08 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月08日−05号

陳情第2号共謀罪テロ組織犯罪準備罪)法案国会提出に反対する意見書提出についての陳情についてでありますが、これにつきましては委員より、世界中至るところでテロが多発しており、テロを未然に防ぐことは大変重要で、法案が提出された後にその内容が審議されることが望ましいので不採択すべきとの発言がありましたが、他の委員より、内閣でも提出する法案の内容を検討しているさなかであり、法案の概要を見きわめるべきとの

由利本荘市議会 2017-02-24 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月24日−04号

今、国会予算委員会で審議中の共謀罪テロ等準備罪について述べます。  22日付朝日川柳に「『テロ等』に変名図星支持増やす」、変名というのは名前を変えたということです。「『テロ防止』と聞けば反対しないはず」。解説に、世論調査で、法案賛成44%、反対25%とありました。政府は、共謀罪からテロ等準備罪に名前を変えたんです。

鹿角市議会 2017-02-23 平成29年第1回定例会(第6号 2月23日)

次に、29陳情第2号共謀罪テロ組織犯罪準備罪)法案国会提出に反対する陳情につきましては、今回政府が出したテロ対策法については、不特定多数の方が国内に入ってくることに対して必要な対応であることから、願意認めがたく、全会一致で不採択とすべきもの決定いたしております。  以上で、当総務財政常任委員会の審査報告を終わります。 ○議長(田村富男君) ただいまの報告に対し質疑を受けます。

鹿角市議会 2017-02-07 平成29年第1回定例会(第2号 2月 7日)

歳入 2款地方譲与税以降全款                 │  │      │       歳出 1款議会費 2款1項総務管理費 5項選挙費       │  │      │          6項統計調査費 7項監査委員費 9款消防費       │  │      │          12款公債費 13款諸支出金 14款予備費       │  │      │29陳情第2号 共謀罪テロ

仙北市議会 2015-12-22 平成27年 12月 定例会-12月22日−05号

テロ防止の観点から、「薬品の適正管理について」の通知があり、再点検をしたところ、使用期限が切れた薬品が見つかり、専門業者に処理を依頼することにしている。この処理のための契約は、化学薬品という特殊分野であり、市内・郡内でできない場合は県内域まで範囲を広げ、3から5社での入札を予定している。薬品の廃棄処理には、資格を有する業者に限定されるため、入札にあたり、この資格を有することが要件となる。  

由利本荘市議会 2015-12-16 由利本荘市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月16日−04号

多くの犠牲者が出たパリ同時多発テロを初め、過激派組織、ISなどによるテロの脅威は国境を越えつつあります。罪のない人々を殺すテロは許すことができません。同時に、戦争テロはなくせないというのが、米国同時多発テロ以降の14年間の教訓であります。  日本国内のある調査でも、日本で8割の方が国内で大規模テロの可能性があると答えております。

由利本荘市議会 2015-06-19 由利本荘市議会 会議録 平成27年  6月 定例会-06月19日−04号

個別的自衛権集団的自衛権は固有の権利として認められており、その集団的自衛権を保有し、行使するのは当然のことである」、「現政権は、あくまでも憲法9条の1項及び2項の条文の枠内で戦争を回避しようとして、各国が手を組み、抑止力を高めるようとしているものである」、「北朝鮮による核開発中国軍事増強が進み、アジア安全保障環境は、一段と厳しくなっている」、「万が一の事態、例えばミサイル攻撃や離島の不法占拠、テロ

能代市議会 2015-06-08 平成27年  6月 定例会-06月08日−02号

まず、最初の憲法が生かされる自治体について、市長は意見は差し控えるという答弁でございましたけれども、実は今回自衛隊の問題で非常に、私も今質問のところで言いましたけれども、自殺者がかなり出ているということで、それが帰還してからということを私言いましたけれども、最近は報告書の中で、実際にはテロ特措法に基づいてインド洋で他国艦船への洋上給油など行った海上自衛隊の第6護衛隊が作成した報告書によると、佐世保

由利本荘市議会 2015-03-18 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月18日−05号

それから40年余りを経て、我が国を取り巻く安全保障環境は大きく変化し、大量破壊兵器弾道ミサイル、周辺国との領土をめぐる問題、またテロの脅威も世界中で高まっております。そういう中で国と国民をどう守るのか、その備えは本当に充分なのかということは、与党として当然考え、議論しなければならない問題なのです。  

北秋田市議会 2014-12-19 平成26年 12月 定例会-12月19日−04号

東西冷戦終結後の四半世紀だけをとってもグローバルなパワーバランスの変化、大量破壊兵器弾道ミサイルの開発、国際テロ組織などの脅威により、アジア太平洋地域では問題が発生し、緊張が続いております。また、その脅威が世界のどの地域で発生しても、我が国の安全保障に直接的な影響を及ぼす状況となっております。

由利本荘市議会 2014-03-19 由利本荘市議会 会議録 平成26年  3月 定例会-03月19日−05号

特定秘密保護法は、敵国、テロなどから国民安全国益を守るために必要であります。また、外国との信頼性確保のための情報共有、特定秘密項目の統一性を図る国際標準を備える上でも重要であります。秘密を守れない国には、情報は提供できないという国家間の事情があります。  昨年1月、アルジェリアでは日本人人質殺害事件が起きました。

能代市議会 2013-12-19 平成25年 12月 定例会-12月19日−05号

対象となる、防衛外交スパイ活動、テロ活動の4分野についても、定義解釈によってどうにでもなると考えられる。しかし、そうした情報の漏えい(内部告発)や取得(取材活動)が処罪されることになれば、国民政策選択における必須の重要情報を知る機会を失うことになりかねない。また、適正評価制度プライバシーの侵害である。