222件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

次に、ため池や防災ダムの決壊による二次災害防止のための取り組みについてをお伺いいたします。  先日の西日本豪雨災害では、ため池や砂防ダムの決壊により、多くの住宅が流されるとともに多くの住民が避難を余儀なくされております。本市でも、急峻な山間には砂防ダムが設置され、市民生活を守っております。また、高台に位置する農村にはため池も設置され、農業の収穫安定に寄与しております。  

鹿角市議会 2018-03-23 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日)

次に、議案第38号平成30年度鹿角市上水道事業会計予算についてでありますが、本案の審議に当たり、委員からは、収益的支出において1款1項1目原水及び浄水費にある砂子ダム管理費負担金、及び資本的支出において1款1項2目浄水施設整備費にある砂子ダム改良費負担金が計上されているが、現在、砂子ダムから取水しているのか、また、これは取水するための権利なのかただしております。  

北秋田市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号

現状の把握はされていると思いますが、河川洪水とかダム管理などについて今もお話しありましたが、県・国など関係機関と連携を充実していくということでありますが、今後、具体的に対応はどのように考えているのか、再度質問いたします。 ○議長(松尾秀一)   当局答弁を求めます。  市長。 ◎市長(津谷永光) (市長 津谷永光君登壇)  今、議員から今後どうかという話でありました。

由利本荘市議会 2017-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月30日−02号

(2)小羽広ダムの管理状況について。  大内地域を縦断する原始河川と言われる芋川の氾濫、昭和26年の8月6日、小関川流域を襲った集中豪雨では、死者2名、流出家屋21戸、川にかかる橋が全て流され、甚大な被害をみたと、このように言われております。これは大内町誌に記載されております。

北秋田市議会 2017-06-19 平成29年  6月 定例会-06月19日−02号

そうすると、それと短絡路線というか最短で結べるところにあの立派なブナ森トンネルがあって、前後が通れないということで、そうしますと玉川に来た人方も、このブナ森線がまた開通することによって北秋田市のほうにも入ってこられるし、北秋田市側からもダム湖のほうにも行けるという、環状的なループ的な道路ができあがるわけです。

由利本荘市議会 2017-06-02 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号

そうすれば、平成30年度には建設目的、位置及び名称、規模及び型式、ダム使用権の設定予定者、工期などの基本計画が提示されます。その後、県、利水者等への意見照会、そして県議会で意見の議決を経れば、いよいよダム基本計画ができる予定であります。目の前にダム建設が来ております。  

由利本荘市議会 2017-05-15 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-05月15日−01号

社会基盤の整備については、市民安全・安心のための道路網、鉄道地域交通、高度情報通信基盤の整備や補修、地域の実情に合わせた雪対策の推進を図るとともに、羽後本荘駅東西自由通路建設や周辺の整備、鳥海ダム建設促進などの社会基盤の整備に努めてまいります。  

由利本荘市議会 2017-03-08 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月08日−05号

13款国庫支出金では、地方創生推進交付金、14款県支出金では、各事業に対する農林水産業費及び商工費補助金のほか、大内地域防災ダムや祓川山荘の管理委託金であります。  15款財産収入では、公有林間伐材等売払収入や風力発電売電収入、19款諸収入では、労働金庫預託金や各種貸付金の回収金、20款市債では、各事業における市債であります。  

由利本荘市議会 2016-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月31日−03号

鳥海ダムや総合防災公園アリーナなどの大型事業、さらなる財政の健全化など、まだ道半ばであります。  これらのことをなし遂げるためにも、市長の、来春の市長選挙3期目への意気込みと決意についてお伺いします。  これで質問は終わりますが、前向きな答弁をよろしくお願いをいたします。           [19番(佐藤賢一君)質問席へ] ○議長(鈴木和夫君) 当局の答弁を求めます。

由利本荘市議会 2016-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月30日−02号

この間、政権交代による公共事業の見直しなどで、鳥海ダム建設事業の検証に係る検討が行われましたが、平成25年8月に、ダム事業の検証の検討結果について、鳥海ダムについては、コスト、実現性等から現計画案が有利であるとし、継続が決定されました。そして、ダム構想から約半世紀の歳月を費やした鳥海ダム建設事業は、実質的に動き出しました。  

由利本荘市議会 2016-03-17 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月17日−04号

9目防災ダム施設費では、ダム管理主任技術者研修会負担金の減額が主なものであります。  6款2項林業費につきましては、民有林造林促進事業費補助金の追加のほか、市の公有林管理委託料の減額が主なものであります。  6款3項水産業費につきましては、西目漁港西防波堤及び護岸改修の事業費確定に伴う工事請負費の減額が主なものであります。  

能代市議会 2016-03-10 平成28年  3月 定例会-03月10日−05号

第2項営業外収益2目他会計補助金は、一般会計からの補助金で、主なものは、山瀬ダム建設費負担金に係る企業債償還金の利息相当分であります。3目長期前受金戻入は、国庫補助金等で取得した固定資産に係る減価償却分を、長期前受金を取り崩して収益に戻し入れるものであります。  第2款鶴形簡易水道事業収益1項営業収益1目給水収益は、鶴形簡易水道料金で、2目その他の営業収益は、設計審査手数料等であります。

由利本荘市議会 2016-03-03 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月03日−02号

特に、既に工事が始まっている総合防災公園建設事業及びその関連事業や、これから始まる鳥海ダム建設関連の事業波及効果を考えた場合、その外貨を市内へ還元させる方策が考えられます。  例えば、総合防災公園建設事業及びその関連事業約100億円、鳥海ダム建設事業約800億円の事業費による直接的な波及効果の対象金額は、900億円、それの50%で450億円となります。

由利本荘市議会 2016-02-17 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-02月17日−01号

また、鳥海ダムにつきましては、昨年4月にこれまでの調査事務所から工事事務所へ格上げとなり、用地測量や建物調査などが実施され、工事に向けた動きが大きく前進いたしました。長年にわたり、地元を初めとする官民挙げた関係者の熱心な要望活動が実を結んだものであり、当ダムの早期完成に向け、関係機関に強く働きかけてまいります。