13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

北秋田市議会 2016-03-22 平成28年  3月 定例会-03月22日−04号

当時は、日本の旅客機はソ連の上空を通過することさえできませんでした。当時のほうが今より危険だったのではないでしょうか。  また、政府環境変化の具体例として、中国、韓国、北朝鮮危険を挙げますが、これは矛盾です。なぜなら、それらの国には個別的自衛権で対応できるというのがこれまでの政府見解だったからです。  

由利本荘市議会 2015-03-18 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月18日−05号

従来の憲法解釈があった時代は、米ソ冷戦の時代であり、日本に対する危険というのは、ソ連日本に大規模な侵攻をしてくることを想定しておりました。それ以外のテロ海上保安庁の船と中国の海警局の船がぶつかってしまうようなケース、軍と軍との衝突ではないが、放っておくと非常に危険な事態は想定しておりませんでした。

鹿角市議会 2012-09-11 平成24年第5回定例会(第2号 9月11日)

どさくさに紛れてソ連が今不法占拠しておるということでございます。そこに対して、そこの島に先般ロシアのメドベージェフ大統領が訪問といいますか、島を訪れました。  さらには、竹島問題あるいは尖閣列島がございます。それぞれ我が国の領土だと主張しているにもかかわらず、我が国がとっておる態度はどんなでしょうか。

男鹿市議会 2009-12-04 男鹿市議会 会議録 平成21年 12月 定例会-12月04日−02号

内航では、日鉱関係の石油類の入出荷、同和鉱業小坂鉱業所からは貨車で運ばれ、岸壁に野積みされた硫化鉱をガントリークレーンで荷上げての出荷など、外航では、ソ連のナホトカ、ウラジオ、ホルムスク、ハバロフスクなどから、エゾ・トド・カラ松などの北洋材、ジャワ、スマトラからは、ラワン、マングローブなどの南洋材の輸入秋田海陸運送(株)の米倉庫からは古米の韓国への輸出などもあり、船舶入出港や輸出業務のため、函館税関船川税関支所

能代市議会 2008-09-18 平成20年  9月 定例会-09月18日−04号

当初はソ連材を入れようじゃないかと。富山なんかが当時はもうソ連材でどんどん栄えておりましたので、能代もソ連材やろうじゃないかというふうなことが話の発端であったと思うのですけれども、その当時、輸入形態は本船で丸太を入れましてね、しかしソ連材製材というものは情勢が変わりまして、今はほとんどないわけですけれども、その後、集成材が盛んになりました、将来性があるということで。

鹿角市議会 2008-03-12 平成20年第2回定例会(第4号 3月12日)

第二次世界大戦後アメリカソ連との冷戦国際戦略として日本を浮沈空母と位置づけ、軍事基地にするとともに、日本を守り、経済的・技術的に支援してきた。そのおかげで日本は世界第2位の経済大国までなりました。そこにレーガン大統領、前ブッシュ大統領が巨大なマネーを注ぎ込んでバブルをつくり出し、膨らませた。その上で、その資金をすべて奪い去った」ということであります。

男鹿市議会 2008-03-04 男鹿市議会 会議録 平成20年  3月 定例会-03月04日−02号

それから、ソ連船からはですね、北洋材、陸取りと沖取り、この2役、それからタンカー船の入出港、これはほとんど内航船でございましたけれども、それから北洋材はですね、ソ連船でばんばん入ってきていました。それで、陸はですね、船員とか沖流しの荷役作業で活気がありました。商店街は専用船のですね、積み出しでにぎわっておりました。

男鹿市議会 2007-12-07 男鹿市議会 会議録 平成19年 12月 定例会-12月07日−02号

ラジオストックの駅というのは、元軍港で旧ソ連のときは立ち入り禁止だったんですけれども、船が入ればすぐシベリア鉄道、船の港と駅がドッキングしてるわけですね。一体化してるわけですよ。ですから、非常に機能的な立派な港だと思うんですよ。船川港もね、今線路をとっぱらったけれども、ちょっと延伸すれば港まで線路は引っ張れるとそう難しくない話。

由利本荘市議会 2006-06-23 由利本荘市議会 会議録 平成18年  6月 定例会(第2回)-06月23日−04号

ベトナムアメリカフランスと同様に植民地主義の国ととらえていたであろうし、アメリカはハノイ政府中国ソ連の手先であるというとらえ方をしていた。我々の認識は最初から誤ったものであった。しかも、1961年から1964年の間にアメリカベトナムが直接交渉をもった場は一度もなかった。アメリカベトナム双方の指導者がより賢く行動していれば、避けたことのできた戦争であった。

由利本荘市議会 2006-06-15 由利本荘市議会 会議録 平成18年  6月 定例会(第2回)-06月15日−03号

1970年代から80年代にかけて、旧ソ連の南下論が言われました。北方領土から釧路や根室北海道にかけてソ連が南下してくる。日本三海峡を封鎖するべきだという意見がいろんなところで言われました。津軽海峡根室海峡、そして対馬海峡を機雷封鎖するべきである。ソ連が絶対攻めてくるのは、もう確実であるということがまことしやかに言われました。

能代市議会 2005-12-12 平成17年 12月 定例会-12月12日−02号

以前から問題視されておりましたが、相手が社会主義国となると、モンゴルの「遠征」と書き、第二次大戦末期のソ連の対日参戦を「攻め込んだ」とし、朝鮮戦争を北朝鮮の「南下」「南進」と書きます。いわゆるダブルスタンダードの記述であります。学習指導要領の指示にもかかわらず、東京書籍は百姓一揆や打ちこわしを、過度に強調した記述になっております。

鹿角市議会 2003-12-17 平成15年第8回定例会(第3号12月17日)

冷戦時代のソ連と違い、話し合いが通じない敵が出現した。小泉首相の訪米をブッシュ大統領が大歓迎をした理由の一つは、有事法制が米国と一緒に戦うという決意表明だからだ。有事法制をつくったことは敵を認めたことである。何が有事なのかもっと議論すべきであった」と言っておりますが、私はこの意見に対して全く同感であり、有事法制関連には反対するものであります。

能代市議会 1994-03-15 平成 6年  3月 定例会-03月15日−03号

ソ連の脅威を口実に、歴代自民党政府国際的にも異常な軍事費の増大を続け、米国の世界戦略に追随し、冷戦終了をうたいながらも、日米軍事同盟である日米安保態勢の堅持を表明する細川連立政権冷戦終決論の誤りが、一層明確になりつつあると言わなければなりません。非核平和宣言を採択した我が市では、住民こぞって恒久平和を希求し、とりわけ核戦争反対、核兵器廃絶を強く願っている。

  • 1