9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

男鹿市議会 2011-09-07 男鹿市議会 会議録 平成23年  9月 定例会-09月07日−02号

農業の関係、私も日ごろから見ていると、かつてのような農近ゼミナールとか、農協青年部もほとんどなくなったし、どういう場で共通の問題を勉強したり、議論したりするのかというのは、残念ながらないような状況です。そういう場っていうのは、そういう部分っていうのは、市が積極的にこの後組織化を図りながら、ある面では他の分野の業種の人方ともいろいろ課題等を議論したり、勉強すると。

鹿角市議会 2011-03-09 平成23年第2回定例会(第4号 3月 9日)

また、そういった面では県の振興局の担当部署、それから我々の方の農林課の職員が常に同行させていただきながら担い手の方と一緒になって同じ方向で進みたいというような展開をしておりますし、先日も農業近代化ゼミナールの方の取り組みで優秀な成績をされた市内の若手農家の方が市長を訪問した際にも、何とか担い手の育成に対して市の方からの支援もということで、市長もそのようにお答えをしております。  

由利本荘市議会 2009-06-12 由利本荘市議会 会議録 平成21年  6月 定例会(第2回)-06月12日−03号

私は当時、旧西目村農業近代化ゼミナール代表や県農業青年組織代表をしておった関係から、農業軽視への反論を繰り返し繰り返し議論をしていた時代、秋田県では、当時の小畑知事が1割減反、2割増産で煙に巻かれた部分もありましたが、県内の農家、100%、元に戻れるものと信じておりました。  しかし皆さん、38年過ぎた今日、その事情は、農業を犠牲にし建った社会といっても過言ではありません。  

由利本荘市議会 2005-12-07 由利本荘市議会 会議録 平成17年 12月 定例会(第3回)-12月07日−03号

また、水産物養殖研究を実施している西目水産研究会や松ヶ崎漁業近代化ゼミナールなどの団体では、先進技術の習得のため、先進各地への視察研修を行い先端技術を学ぶとともに、県水産漁港課や秋田県水産振興センター、県漁業協同組合とも連携しながら調査研究に邁進しており、市でも機会あるごとに研究に係る最新情報を提供してまいります。  

鹿角市議会 2004-03-04 平成16年第1回定例会(第4号 3月 4日)

長引く不況の中、農業への就職が見直されている昨今、天候や自然災害など外的要因に左右される面はあるものの、自分が頑張った分だけ収穫の喜びが得られる農業の魅力を若者にアピールすることが大切であり、青年農業者会議や農業近代化ゼミナールなど、若手農業組織への参加を勧め、情報交換仲間づくりをすることも意識を高める上で大変有意義であり、これら組織の会員を中心として、若手農業者の輪が広がっていくことも、後継者確保

能代市議会 1994-12-07 平成 6年 12月 定例会-12月07日−01号

次に、農業費に関して、まず、農業後継者対策の実施状況について触れられ、当局から、これまでは近代化ゼミナールや市内の後継者を対象に各種の研修会を実施したり、さらにふれあいの場を広げるためスキーツアーを行ってきたが、平成四年度からは「夢広場インのしろ」を開催している。今年度は百五十人を超える参加者があり、エナジアムパークの見学なども行っている。

  • 1