51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2017-09-05 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号

議長(三浦利通君) 鈴木教育長      [教育長 鈴木雅彦君 登壇] ◎教育長(鈴木雅彦君) 自殺に対する取り組みということで、特に自殺ということを掲げた取り組みということは教育委員会の方ではしておりませんが、命の大切さということでは学校道徳授業もそうですし、あと、学校に配置しておりますスクールカウンセラーの相談ですとか、そういった生徒指導上のことにおきましても、子どもの命を大切さということについては

能代市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会-03月06日−02号

チーム学校とは、スクールカウンセラー福祉の専門スタッフなどを積極的に活用して、学校全体の組織力や教育力を高め、教員子供と向き合う時間を確保できるようにする取り組みです。実際、教育立国を掲げるシンガポールでは、教師が授業に専念できるよう担任教師の事務作業を専門の教職員が代行しています。本市においても、あらゆる方策を動員し、教員へのサポート体制を拡充していただきたいと思います。  

男鹿市議会 2017-03-02 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月02日−02号

チーム学校とは、スクールカウンセラー福祉の専門スタッフなどを積極的に活用して、学校全体の組織力や教育力を高め、教員が子どもと向き合う時間を確保できるようにする取り組みです。実際、教育立国を掲げるシンガポールでは、教師が授業に専念できるよう、担任教師の事務作業を専門の教職員が代行しています。

由利本荘市議会 2017-02-22 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月22日−02号

次に、大項目3、スクールソーシャルワーカースクールカウンセラーの活動についてお伺いいたします。  昨年10月に施行された県いじめ防止対策推進条例に基づき設置された県いじめ問題対策連絡協議会で、いじめ防止と早期発見のための関係機関が意見を交わし、連携強化に努めることとして初会合が開かれたと紙面に載っておりました。

男鹿市議会 2016-06-20 男鹿市議会 会議録 平成28年  6月 定例会-06月20日−02号

本事案への生徒の動揺や不安に対処するため、県教育委員会では、6月17日にスクールカウンセラー1名を学校に派遣しましたが、生徒は落ち着いた様子であり、生徒からの相談はなかったということであります。  なお、臨時講師が行った授業については、授業内容に問題はなかったことから、学び直しの必要はないと判断し、再履修の措置はとらない方針であります。  

由利本荘市議会 2015-09-02 由利本荘市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月02日−02号

また、状況に応じてはケース会議等を開催して協議するとともに、スクールカウンセラーや関係医療機関とも連携を図ってまいります。  教育委員会といたしましては、対応を必要とする相談には、学校における体制整備や支援の状況、当該児童生徒及び保護者の状況を十分に把握した上で、サポートチームの設置等を含めた丁寧な対応を行ってまいります。  以上でございます。

男鹿市議会 2015-03-05 男鹿市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月05日−04号

それから、重大事態が発生したときにということで、いじめ対策委員会につきましては、弁護士医師、学識経験者、スクールカウンセラーと、法律にうたっております心理、福祉専門家というようなことだけ規定はされておりますけれども、そういうことを踏まえて、このような構成を考えているところでございます。

能代市議会 2013-09-10 平成25年  9月 定例会-09月10日−03号

教育委員会では、心の教室相談員を小学校5校、中学校7校に配置するとともに、中学校6校にスクールカウンセラーを配置し、教職員と連携しながらいじめを防止できるよう支援しております。さらに、いじめに対する保護者地域の方の相談や情報提供に対応できるよう、風の子電話を設置して、いじめ問題の早期解決に努めております。

男鹿市議会 2013-06-17 男鹿市議会 会議録 平成25年  6月 定例会-06月17日−02号

学校では、家庭訪問を通して本人や保護者とのつながりを保つとともに、スクールカウンセラーや関係機関と連携して、個別の支援を進めております。 ○議長(吉田清孝君) 再質問ありませんか。4番 ◆4番(船橋金弘君) 私が今回、この危険の伴う登下校の通学路という部分を取り上げた部分においては、その実態というものにあっては、まずは校門を利用されていないと。

由利本荘市議会 2012-09-05 由利本荘市議会 会議録 平成24年  9月 定例会-09月05日−03号

この事態を重く見た文部科学省は、8月30日、いじめ問題に対応するため、全国の小・中・高校や教育委員会に配置されている約6,000人のスクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーを、合わせて1,000人規模で増員する方針を決めました。  その背景には、文科省子供の心のケアを充実させ、学校で相談しやすい環境をつくることが、いじめ防止に有効と判断した結果と思われます。  

由利本荘市議会 2011-12-06 由利本荘市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月06日−02号

教育委員会といたしましても、各学校スクールカウンセラーや心の教室相談員を、市の教育研究所には学校教育相談員を配置して、電話や訪問による相談体制を整えるとともに、児童生徒の変化を早期に把握するために、教職員の日常の子供観察を充実するよう各校に指導しているところであります。  

由利本荘市議会 2011-06-03 由利本荘市議会 会議録 平成23年  6月 定例会-06月03日−02号

具体的には、校内相談活動の充実や特色ある取り組みとして、心の教室相談員派遣事業、適応指導教室の設置、スクールカウンセラー派遣事業が実施されております。  このほかにも、市内各校が独自に取り組む命のとうとさに関する道徳教育や総合学習もあるものと思われます。  

仙北市議会 2011-04-27 平成23年  4月 臨時会-04月27日−01号

先ほど橋本部長からもございましたが、まず私どもの考えているのは、スクールカウンセラーであります。市にスクールカウンセラーがおります。それから南教育事務所に4名のスクールカウンセラーがおります。その方々にまず派遣を願って、大いに活用させていただく。それから、議会のほうに御承認を得まして、4月から発足させていただきました北浦教育文化研究所に生徒指導担当という指導主事がございます。

由利本荘市議会 2010-12-17 由利本荘市議会 会議録 平成22年 12月 定例会(第4回)-12月17日−04号

また、これまで緊急のPTA役員会や保護者会において経緯の説明や対策についてご説明してまいりましたが、何よりも生徒は学年末を控え、特に3年生は受験期を迎えることから、学校の体制維持のため教頭校長職務代理としたほか、学校家庭が一体となって細かく目を配り、県教育委員会とも連携しながら県及び市の指導主事によるサポートやスクールカウンセラー、心の教室相談員の派遣等、子供たちの心のケアと学習に万全の対応をとってまいります

仙北市議会 2010-12-10 平成22年 12月 定例会-12月10日−02号

いずれ、そういうふうな形で不登校対策といえばあれなんですが、いろんなことがあるわけなんですが、まず一番の対策といたしましては、やはり教育委員会内に教育相談員2名による相談活動を設置しているということで、市内の中学校などを中心に、延べ420時間にわたる県のスクールカウンセラーによる対応とか、それから、市費によるカウンセリング事業とか、それから適応指導教室のさくら教室ですね。

男鹿市議会 2010-12-07 男鹿市議会 会議録 平成22年 12月 定例会-12月07日−02号

教育現場の対応についてでありますが、まず、学校においては、さまざまな悩みや問題を抱えている子供に対し、教員が積極的な声かけや面談、家庭訪問を繰り返し実施するなど、心を通わせて何でも話し合える人間関係を構築する努力をするとともに、校内における相談体制の充実を図り、子供の支援に努めており、また、本市では電話相談、訪問相談に対応する相談員を市教育研究所に配置しているほか、県の不登校いじめ問題等対策事業によるスクールカウンセラー

能代市議会 2010-09-14 平成22年  9月 定例会-09月14日−03号

また、必要に応じてスクールカウンセラー児童相談所等関係機関との連携を進めております。今後も、中一ギャップの軽減と不登校の絶無に関しては心して取り組む課題と認識しております。本市の子供たち一人ひとりが安心して、かつ安全学校生活を送れるよう、より一層学校を支援してまいります。以上であります。 ○議長(武田正廣君) 渡辺優子さん。 ◆9番(渡辺優子君) 御答弁ありがとうございました。