13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

能代市議会 2016-12-12 平成28年 12月 定例会-12月12日−02号

また、停電後の電気復旧時においては、断線した電気コード等からの出火も予想されるなど、高齢化が進み木造住宅も多い我が地域では特に注意を払わなければならない視点であります。  このような地震時の通電火災を防ぐ対策としては、感震ブレーカーを用いることが一般的であり、このブレーカーは設定値以上の震度地震発生時に自動的に電気の供給を遮断することができるようです。

男鹿市議会 2016-03-01 男鹿市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月01日−02号

また、シティWi-Fiを活用したQRコードから簡単にアクセス可能なウェブサイト型の「まちあるきナビ」などのサービス提供について、今後設立を目指している男鹿版DMOで検討してまいります。  次に、男鹿まるごと釣堀構想についてであります。  釣りは市にとって大きな魅力であると認識しており、市内外の多くの釣り客から楽しんでいただいております。

由利本荘市議会 2014-07-25 由利本荘市議会 会議録 平成26年  7月 臨時会-07月25日−01号

また、6月28日に首都圏中央連絡自動車道、厚木パーキングエリアにB−1グランプリ公認の麺類などを扱う、ご当地グルメエリアがオープンいたしましたが、ここで本荘ハムフライも販売されることになり、新たなパッケージに市観光協会ホームページのQRコードを印刷し、本市の観光PRに努めてまいります。  以上で報告を終わります。  それでは、提出議案について御説明申し上げます。  

由利本荘市議会 2013-06-03 由利本荘市議会 会議録 平成25年  6月 定例会-06月03日−04号

また、カダーレ使用に関する細かい点になりますが、設備使用の利便性について、現在、電子媒体を利用したDVD鑑賞やパワーポイント等の使用時は、パソコン、プロジェクター、スクリーン、スピーカー、再生デッキ、延長コード類など、その使用機材が複数必要であり、料金も単品掛ける単価ということでかかり増ししている現状にあります。

由利本荘市議会 2011-09-06 由利本荘市議会 会議録 平成23年  9月 定例会-09月06日−03号

これは電極パッドにつながるコードが経年劣化したためのふぐあいと見られる。コード使用期限が2年であることを知らず、購入後7年使い続けていた。とてもふだんの常識では考えられないことが起きております。しっかり点検をしていれば防げた事例でございます。また、元日代表サッカー選手、松田直樹さんが練習中突然、心不全となり急逝したニュースは大変驚いたものであります。

由利本荘市議会 2011-09-05 由利本荘市議会 会議録 平成23年  9月 定例会-09月05日−02号

今回の東日本大震災後の3月18日には、民間事業者でも利用できるようにシステム設計図であるソースコードを公開いたしました。  しかし、このたびの東日本大震災前までに同システム導入の申請があったのは約220自治体にとどまり、被災した東北地方ではほとんど導入自治体はありませんでした。  

北秋田市議会 2011-06-20 平成23年  6月 定例会-06月20日−02号

登録に際してはシステム上の制約もあると思いますが、私は、できれば情報希望する方全員へQRコードなどを活用しての配信ができないものか、また特に、目や耳の不自由な方々にとっては、音声読み上げや文字で配信されるメールが大変有効情報伝達手段でもありますので、希望する障害者の方へは優先的に配信ができないものか、この点について今後の対応が可能であるかどうかを伺います。  

仙北市議会 2007-08-28 平成19年  9月 定例会-08月28日−01号

これまでの傷病名が全国統一されるということから、その傷病名のコードの入力を委託するというものが、主な内容でございます。  24ページの歳入の方でございますが、繰越金として84万円をお願いするものでございます。  それから、5款の諸収入でございますが、雑入でございますが、これは、個人負担の雇用保険料の歳入ということでございます。  

能代市議会 2007-03-06 平成19年  3月 定例会-03月06日−03号

そのため、こうした生活情報視覚障害者の方々に提供する手段として「音声コード」と「活字文書読み上げ装置」による方法があります。この読み上げ装置は、厚生労働省の日常生活用具の対象機器でもあります。書面に書かれた文字情報切手大の記号に変換したものを、音声コード・SPコードと言いますが、それを書面の片隅に添付し、その音声コードを専用の読み上げ装置に当てると、音声で文字情報を読み上げるという仕組みです。

  • 1