77件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙北市議会 2020-02-25 02月25日-01号

子供たちの豊かな表現力やコミュニケーション能力向上とその環境づくりの一環として行っている「子ども演劇体験支援事業」では、市と包括連携協定締結している「わらび座」の協力のもと、「演劇体験講座」として小学生から中学生を対象に実施してきました。令和2年度は、対象範囲、受講日数、演劇発表の場を設けるなど、各関係機関と連携しながら事業の拡充を図ります。 公民館であります。 

北秋田市議会 2019-12-09 12月09日-02号

また、職員地域担当制の導入について、広範な行政区域において、職員が地元以外のことに精通をしていないとのご指摘でありますが、以前から、職員に対しましてコミュニケーション能力の向上や地域における人脈形成、地域事情の把握のためにも、地域行事や活動、また、イベントに積極的に参加するよう求めてまいりました。引き続き、職員に対しましては、地域意欲的にかかわっていくことを働きかけてまいります。 

鹿角市議会 2019-11-29 令和元年第6回定例会(第1号11月29日)

出会い応援につきましては、今年度は新たに独身者向けにコミュニケーション能力を高めるための講座「恋愛指南塾」を2回開催し、延べ39人が受講しております。  10月に羽後町と合同開催した交流イベントにも13人の市民参加し、ゲームなどを通じて積極的な交流が図られておりますので、引き続き結婚希望する方々に対する一体的なサポートを展開してまいります。  

由利本荘市議会 2019-09-03 09月03日-03号

教育委員会といたしましては、教員研修の充実を図るとともに、ALTや地域人材有効に活用しながら、児童生徒の英語によるコミュニケーション能力の伸長に努めてまいります。 次に、(2)発達障害の現状と対策はについてお答えいたします。 発達障害については、平成24年の文部科学省調査で全体の6.5%ほどに見られるという結果があります。

仙北市議会 2019-09-03 09月03日-01号

演劇体験を通して、子どもたちの豊かな表現力を養い、コミュニケーション能力の向上を図るため、8月5日から8日までの4日間「わらび劇場」で子ども演劇体験講座を開催いたしました。 2年目となる本講座には、市内小・中学校から昨年度より4人多い10人が参加し、劇団わらび座の第一線で活躍する3人の俳優陣から発声練習や立ち稽古など本格的な指導を受けました。 

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

ICTを活用し、児童生徒が興味関心を抱く魅力ある授業づくりによって学習意欲の向上を図るほか、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会やインバウンド、外国人労働者の受け入れなど、国際交流における大きな社会変化にも対応できる高いコミュニケーション能力と広い視野で異文化に対する柔軟な姿勢を育むため、各校へのALT派遣や授業以外での体験型講座の開設など、体制づくりを進めていくとの教育執行方針が示されました

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

また、ICTを活用し、児童生徒が興味関心を抱く、魅力ある授業づくりによって、学習意欲の向上を図るほか、2020東京オリンピック・パラリンピックやインバウンド、外国人労働者の受け入れなど、国際交流における大きな社会変化にも対応できる高いコミュニケーション能力と広い視野で異文化に対する柔軟な姿勢を育むため、各校へのALT派遣や授業以外での体験型講座の開設など、体制づくりを進めてまいります。  

北秋田市議会 2018-12-13 12月13日-02号

それから、今、議員がおっしゃられた社会性、コミュニケーション能力の低下、こういった課題が出されております。今年度は実はその点についててこ入れをしまして、例えば、複式の指導については、国や県に働きかけて加配教員を1名もらっております。

能代市議会 2018-09-11 09月11日-03号

現在の外国語活動は、コミュニケーション能力の素地を養い英語になれ親しむことが目的であり、ALTとの歌やゲームでのアクティビティーが授業に取り入れられていますが、英語教科化することでこれまでの聞く、話すの活動に読む、書くを加えた4つの技能学び教科書も用意され、通知表で成績もつけられるようになります。 

男鹿市議会 2018-09-06 09月06日-03号

新たな学習内容となる小学校3・4年生外国語活動、5・6年生外国語科の実施及び中学生の英語力及び児童・生徒のコミュニケーション能力の向上に向け、教師の授業力の向上が課題となっております。 本市では、これまでも国際教養大学との連携事業の一つとして、同大学の准教授を講師に招き、外国語活動の指導方法及び教員英語コミュニケーション能力の向上にかかわる研修を実施してまいりました。 

由利本荘市議会 2018-09-05 09月05日-03号

今年度の本市の学校教育の重点施策の一つに⑤情報活用能力コミュニケーション能力育成が挙げられています。その中には図書館の活用、読書活動の充実があります。本市の重点施策にあるとおり、読書活動は情報活用のみならず、元鶴舞小学校校長であります故井出茂先生が「読書は心の栄養である」と話されたように、子供の心を育てる上でも重要な教育活動の一つであります。

仙北市議会 2018-08-31 08月31日-01号

今年度の新規事業として、子どもたちの豊かな表現力やコミュニケーション能力の向上を図るため、「わらび座」の協力のもと、7月25日、31日、8月2日、4日の全4回にわたり「子ども演劇体験講座」を仙北市民会館にて行いました。 

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

子ども会活動は、子供たちが地域の方々に見守られながら、友達づくりやコミュニケーション能力の向上に加え、責任感や行動力の養成といった心身の成長を育む上で大きな役割を担っているものと考えておりますので、市といたしましても子ども会育成連合会の事務局として取り組みを支援してまいります。 ○議長(宮野和秀君) 児玉政明君。

能代市議会 2018-03-14 03月14日-06号

小規模校の今後のあり方についての協議は、文科省平成27年1月に通知した、公立小学校中学校の適正規模・適正配置等に関する手引に基づいて、進められたものであるが、その手引の中で、小規模校のデメリットとして、「社会性やコミュニケーション能力が身につきにくい」、「進学等の際に大きな集団への適応に困難を来す可能性がある」など、39項目が掲げられている。