運営者 Bitlet 姉妹サービス
256件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号 以来、地域医療の充実、確保、発展はもとより、時代のニーズに対応すべく、看護サービスの提供を通じて地域社会とのコミュニケーションを図り、広く社会への貢献をされてこられました。   もっと読む
2018-03-14 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日) 今年度は、誰でも受講できる総合講座として、尾去沢中学校生徒による史跡案内ボランティア活動を学ぶ地域活性化講座や、話し方や聞かせ方を学ぶ講演会、十和田毛馬内の立山文庫に学ぶ歴史講座、横手市増田町の蔵のまちに学ぶ移動学習の4講座に延べ294人の参加があったほか、塾生として16人が登録している専門講座では、コミュニケーション講座として怒りの感情のコントロールを学ぶアンガーマネジメント入門講座と、アナウンサー もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) また、外国語教育の大きな変化に対応するための体制整備や各校へのALT派遣、授業以外での体験型の講座の開設等により、コミュニケーション能力を養うとともに、異文化理解に対する柔軟な姿勢や広い視野で物事を考える国際感覚の育成を図ってまいります。   もっと読む
2018-03-01 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月01日−02号 しかし、タイトルの中でコミュニケーションの推進とありますけども、この言葉から言うと、今までの町内会長会議は、各町内大体1人、しかも欠席者が多い、そのためでの取り組みを強化するという意味だろうとは思うわけではありますけれども、コミュニケーションという言葉を使うならば、いわゆる公民館活動が基本だろうと。その公民館活動を衰退させておいて、何がコミュニケーションの推進なのか。 もっと読む
2017-12-12 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第3号12月12日) これは、昨年度の参加者の意見を参考に日程を1日延ばしたことや、体験メニューなどもより充実させたことが功を奏したものと考えており、参加者同士のコミュニケーションを図る時間がふえたことがこの結果につながったものと捉えております。 ○議長(宮野和秀君) 成田哲男君。 もっと読む
2017-12-11 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第2号12月11日) 市民の情報発信力強化のための取り組みについてでありますが、インスタグラムは、スマートフォン利用者であれば比較的操作も簡単で、旅行先などで撮影した写真も気軽に投稿できるほか、AIの機能を介して閲覧者の興味関心ごとと自動的なマッチングが図られるなど、コミュニケーションの広がりも期待できるツールとして着目しております。   もっと読む
2017-12-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号 そういうことになれば、果たして本当に市民がそれでいいと考えているのか、やはり議会にはこの後いろいろ説明あろうかと思いますが、地域住民にとっても、やはりこの問題はどう考えているのかについて、市も十分地域とのコミュニケーション、協議をする場をつくるということが必要だと思いますが、いかがですか。 もっと読む
2017-10-10 北秋田市議会 平成29年  9月 定例会-10月10日−05号 北秋田市ではコミュニケーション能力の育成、ALTを活用した指導の充実という、大きな2つの目標を掲げて英語教育に取り組んでおります。平成32年度からの新しい学習指導要領に備えて、昨年度からALTを7名体制にし、本場の英語を使った授業を行い、社会に出た際に、さまざまな場面で英語を使って活躍できる子供を育てている。 もっと読む
2017-09-15 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月15日−04号 と申しますのも、要するに、今この質問の趣旨としては、なぜ今議会にこれを提出する必然性があるのかということなのですけれども、その違和感のもとになっているのは、この工事を行う原因となっている(仮称)イオン新能代ショッピングセンターの進出でありますけれども、これについて、市長が一般質問への答弁等で、それから、あるいはマスコミュニケーションに対する、取材に対する答え等で、議会での議論と、それからこの予算、今議題 もっと読む
2017-09-13 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号 これらの障がいにはコミュニケーションがとりづらい、集中力が続かない、読み書き計算が極端に苦手などの症状がありますが、必ずしも知的障がいを伴っているとは限りません。このため、障がいのあることが理解されにくく、社会生活になじめないケースもあります。  改正法には、医療・福祉・教育・就労の各分野が連携する切れ目のない支援がうたわれ、家族への支援も強化されました。 もっと読む
2017-09-11 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日) 例えば、ふるさと納税のように鹿角の物産やイベントを1つのパンフレットにまとめ、その中から宣伝営業をかけてもらい、例えばですが、成果によって市から受けている奨学金の返済が減額されていくなどの報奨があればやる気も違うと思いますし、ふだんは引っ込み思案が多い鹿角の子供たちも役職を背負うことによって積極性が上がり、コミュニケーション能力と営業力、郷土愛を育むことにつながり、人材育成にもなると考えますが、このような もっと読む
2017-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号 (三浦一郎君) それでは、大体は理解できたんですが、町内会長会議の中で話しされていたっていうことであれば、うちの方の町内会ちょっとね何かうっかりした点があるのかなと、そんな思いはしますが、でもいずれにして具体的に相談した結果についてはね、各町内会長に会って相談してるわけですから、方針がいろいろ皆さんから意見いただいたけども、こういうふうにしたいっていうことで考えてますっていう、そういう何か往復のねコミュニケーション もっと読む
2017-09-01 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第1号 9月 1日) 太平ビルサービスのほうから指定管理の応募ということであったわけでありますが、これについては施設の管理だけではないということで再三申請書のほうにも載せておりましたけれども、太平ビルサービスのほうからは施設の利用促進のためということで、市民とのコミュニケーションを図る市民講座の開催、あと歴史や文化を次世代に伝える子供体験学習や親子歴史講座など、その辺を開催したいということもありました。 もっと読む
2017-06-19 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月19日−05号 私も病院とのコミュニケーションを重ねながら、その改革をしていきたいと思っています。  公立病院の基本的な考え方では、やっぱり地域になくてはならない医療だと、そのことで経営をしてきておるわけですけれども、どこの自治体の経営、何人かに私聞いたことありますけれども、どこの自治体のトップも、やっぱりこのことで非常に悩んでいると。 もっと読む
2017-05-12 鹿角市議会 平成29年第3回定例会(第1号 5月12日) また、移住コンシェルジュによる新たな取り組みとして、近年、コミュニケーションツールとして幅広い年齢層に普及しているLINEを活用した情報発信を開始しており、移住フェアへの参加やLINEによる移住相談の回数に応じて「鹿角暮らしの必需品」をプレゼントするなど、移住希望の移住相談等への参加に結びつけ、移住者の増加につなげてまいります。   もっと読む
2017-05-12 鹿角市議会 平成29年第3回定例会(第1号 5月12日) また、移住コンシェルジュによる新たな取り組みとして、近年、コミュニケーションツールとして幅広い年齢層に普及しているLINEを活用した情報発信を開始しており、移住フェアへの参加やLINEによる移住相談の回数に応じて「鹿角暮らしの必需品」をプレゼントするなど、移住希望の移住相談等への参加に結びつけ、移住者の増加につなげてまいります。   もっと読む
2017-03-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月02日−02号 また、小学校5・6年生の外国語活動の補助としてALT1名を全学級の授業に派遣するとともに、中学校の英語授業には2名のALTがそれぞれ全学級に入り、生徒の英語によるコミュニケーション活動をサポートしております。   もっと読む
2017-02-23 鹿角市議会 平成29年第1回定例会(第6号 2月23日) また、事業目的については、野菜生産者が消費者との橋渡し役として、有機農業や減農薬栽培で生産された野菜の説明や調理方法等のコミュニケーション能力の向上のために支援するものであるとの答弁がなされております。  次に、6款1項5目水田農業対策費における「水田転換主力作物づくり強化事業」の内容について、ただしております。   もっと読む
2017-02-23 鹿角市議会 平成29年第1回定例会(第6号 2月23日) また、事業目的については、野菜生産者が消費者との橋渡し役として、有機農業や減農薬栽培で生産された野菜の説明や調理方法等のコミュニケーション能力の向上のために支援するものであるとの答弁がなされております。  次に、6款1項5目水田農業対策費における「水田転換主力作物づくり強化事業」の内容について、ただしております。   もっと読む
2017-02-23 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月23日−03号 集まる人たちが自由に交流でき、人と人とのコミュニケーションで元気になるサロンであり、健康の駅同士の協力、連携をさらに深めることで、さまざまな諸活動を実践していくものと伺っております。医療福祉施設、市町村の保健サービス施設のほか、安全・安心な健康増進活動を行うさまざまな企業、団体、個人によって支えられるネットワークから、安心した健康生活を送れるということであります。   もっと読む