399件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

かづのパワーの目的と経緯についてでありますが、本市の恵まれた再生可能エネルギー電力地域の活性化に結びつけるため、市内に電力小売会社を設立し、電力資金を域内循環させる電力地産地消モデルについて、平成24年から国の調査事業などを活用しながら、その実現の可能性を探ってまいりましたが、平成27年には調査を経て構築した事業モデルの実現に向け、市内の電源所有者と交渉に当たったものの、売電価格の面で折り合いがつかず

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

平成24年度から始められた豊富な電源資源を利用し、エネルギー地産地消を目指し、その可能性を探るために事業モデル化の調査や実証事業などを行い、さまざまな課題や採算性について進めてきたと思います。そして、いろいろな過程を経て、今年度7月1日をめどにかづのパワーを設立する計画となったものですが、その進捗状況について伺います。 ○議長(宮野和秀君) 市長。

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

2款1項総務管理費、地域エネルギー利活用推進事業について、支出未済額200万円を翌年度に繰り越します。財源は、内訳記載のとおりであります。  事故繰越しとなった理由についてでありますが、小水力発電導入モデル事業補助金補助対象工事について、施工時期に河川の水位が下がらない状況が続いたため、取水施設の整備等に不測の日数を要し、年度内の工事完了ができなくなったものであります。  

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

まず初めに、新年度予算についてでありますが、市長は新年の豊富で亥年の例えとして草木に例え、春の芽吹きに備え、種の中にじっとエネルギーを蓄えている状態を意味するとし、課題解決のため全力で取り組んでいく意向を示しておりますが、新年度予算編成に当たって基本的な考え方と特徴について、14年間の市長の経験をどのように生かしたのか、反映させたのかをお伺いいたします。  

男鹿市議会 2018-06-13 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号

大要4点目は、自然エネルギー発電における環境施策として、本市における環境アセスメント環境影響評価)についてお伺いいたします。  自然エネルギー、いわゆる再生可能エネルギーは、大気汚染物質や温室効果ガスを排出しない地球環境に優しいクリーンな資源であるとされ、本市におきましても太陽光発電や風力発電による施設設備を市内各所にて目にする機会がふえてきております。  

鹿角市議会 2018-03-14 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日)

最初の質問でございますが、新エネルギーの事業展開の可能性について伺いたいと思います。  本市では、新エネルギーの導入を進めていくための方針、施策、そして体制などをまとめた地域エネルギービジョンを平成23年に策定して、平成28年にはプロジェクトの評価と見直しを行っております。これまでさまざまな観点から事業の検討を重ねてきたと思います。  本市は、全国でも有数の自然エネルギー供給地域でもあります。

男鹿市議会 2017-12-07 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号

昨日も申し上げたとおり、JR秋田支社では、交流蓄電池車の導入や沿線に再生エネルギー施設を集積していることから、男鹿線を「観光」と「学習体験線区」としての特色を強化し、観光活性化に取り組むこととし、複合観光施設建設にあわせ、JR秋田支社単独事業として駅舎の移転計画を10月下旬に決定したものであります。  次に、新駅前周辺の開発整備方針及び開発費についてであります。  

男鹿市議会 2017-12-06 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号

こうした中、JR秋田支社では、交流蓄電池車の導入や沿線に再生エネルギー施設を集積していることから、男鹿線を「観光」と「学習体験線区」としての特色を強化し、観光活性化に取り組むこととし、複合観光施設建設にあわせ、JR秋田支社単独事業としての駅舎の移転計画を10月下旬に決定したものであります。  

北秋田市議会 2017-10-10 平成29年  9月 定例会-10月10日−05号

平成29年度北秋田市介護保険特別会計補正予算(第2号)  日程第8 議案第88号 平成29年度北秋田市立阿仁診療所特別会計補正予算(第2号)  日程第9 議案第89号 平成29年度北秋田市立米内沢診療所特別会計補正予算(第2号)  日程第10 議案第90号 平成29年度北秋田市病院事業会計補正予算(第1号)  日程第11 議案第91号 業務請負契約締結について(北秋田市クリーンリサイクルセンターエネルギー

能代市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号

補助の対象者は、能代市商工業促進条例に記載する工場、ソフトウエア事業所、卸売商業施設、製造等関連サービス事業所、研究施設、再生可能エネルギー発電事業所、情報通信関連サービス事業所であり、従業員を10人以上雇用している事業所で、市税を滞納していないという条件も付している。補助対象事業は市内の工場等の照明設備をLEDに切りかえまたは新設する事業で、工事については、地元の業者へ発注することとしている。

能代市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号

例として、昨年12月にも申し上げましたが、風の松原での散策から、松原の中を小型バスで通り、エナジアムパークを見て、能代港の展望所でエネルギーのまちとしてのシンボルの風車群を見ていただき、エネルギーのまちを実感していただいた後は金勇に移動して、食事などを楽しんでいただいたらいかがでしょう。

北秋田市議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会-09月12日−01号

平成29年度北秋田市簡易水道特別会計補正予算(第2号)  日程第9 議案第88号 平成29年度北秋田市立阿仁診療所特別会計補正予算(第2号)  日程第10 議案第89号 平成29年度北秋田市立米内沢診療所特別会計補正予算(第2号)  日程第11 議案第90号 平成29年度北秋田市病院事業会計補正予算(第1号)  日程第12 議案第91号 業務請負契約締結について(北秋田市クリーンリサイクルセンターエネルギー

仙北市議会 2017-08-28 平成29年  9月 定例会-08月28日−02号

また、つい近日でありましたけれども、東北大学大学院と事業提携した水素燃料等の新エネルギーの活用、レアメタル・レアアース交渉の活用、里山環境の商品化、恵まれた歴史文化観光素材としての磨き上げなど、これは人口減少だったり少子高齢社会を生き抜く仙北市の全くほかに見ることができない強みだというふうに思っております。これだけの資源、また先ほど話をした人材に恵まれたまちはないというふうに思っております。