480件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能代市議会 2020-03-10 03月10日-03号

このたびの新型コロナ騒動、何とも想像はできませんが、成り行き次第でインフラ機能や公共システム物資の流通が停止してしまう可能性があります。そのとき人々は、かの震災時と同じくして自力で生き抜く力、自給自足の大切さに気づくのではないかと思います。大量消費、一極集中、グローバリズム、中央システムが破綻するとその末端もドミノ倒しのように破綻する。

由利本荘市議会 2020-03-06 03月06日-04号

半世紀に一度、特に県内で2カ所しか選ばれなかった地域として、SNSでのライブ中継や参加者のインタビューや舞台裏なども記録した特別番組をつくり、ケーブルテレビ放送するなど、本市の情報インフラも含めた、持っているポテンシャルをフルに活用した取り組みも期待しています。教育長のお考えをお伺いいたします。 大項目6、プログラミン教育について、(1)これまでの取り組みについてお伺いいたします。 

由利本荘市議会 2020-03-05 03月05日-03号

全国的に整備されている光ファイバー網は、ICTインフラの中核をなすものであります。また、医療福祉教育といった公共サービスやアプリケーションを遠隔供給するインフラでもあります。このように、光ファイバー網の整備と有効利用を促進していくことが、地理的な情報通信格差の是正と均衡ある発展につながっていると思います。 

仙北市議会 2020-03-05 03月05日-03号

やっぱり計画的にこれ、悪いとっから順序に計画立ててやっぱり舗装し直したり、様々な方策講じていかなければならないわけですけども、ほとんど手かけていないので、そのほかにこのとおり、道路さっき申し上げたとおりですけれども、果たしてですよ、こういう社会インフラに対してこれほど金かけないで、思い起こしてみれば下水の端末処理場だとか、生保内も、あるいは西木地区も金はかけてきたわけですけども、まだその管路も大分

仙北市議会 2020-03-04 03月04日-02号

市民の多くは、まだまだインフラの整備が不十分だと思っていることは市長も感じていると思います。市道の整備、改良状況を見ますと、着工したが計画年度内に終わらないものが昨今は多く見受けられます。非常に年数を、当初の計画より倍以上もかかっているものも散見されるわけです。

北秋田市議会 2020-03-02 03月02日-03号

現在、バス秋田内陸縦貫鉄道、デマンド型タクシーなどなど、様々な交通機関がありますが、病院の診療時間と交通インフラ時刻表との連動性は不十分とは言えませんが、十分な体制とも言い難い状況であるように見えます。ある市民の方の声によると、検査、検査で回った後に診療を受けて帰ろうとしたら、帰りにバス間に合わなかったなんて話が聞こえてきたりもいたします。

北秋田市議会 2020-02-28 02月28日-02号

こうした中、森林所有者に少しでも多く利益を還元するには、長伐期以降による需給バランスの調整や、路網整備等のインフラ整備による低コスト生産林業の推進が必要であると考えております。 昭和55年をピークに下落し続けてきた木材価格の予測は難しく、時代や樹種による価格に左右されない方策として、杉・松類、広葉樹等の針広混交林化、複層林化に向けた取組も必要と考えております。

北秋田市議会 2020-02-27 02月27日-01号

道路施設の老朽化対策については、「インフラ長寿命化計画」に基づき、橋梁及びトンネル等の予防保全的な修繕を継続実施し、維持管理コストの縮減に努めてまいります。 災害対策については、異常気象による豪雨出水が近年頻発していることから、主要道路河川の点検パトロールを強化するとともに、河川堆積土砂撤去等による災害の未然防止に努めてまいります。 

仙北市議会 2020-02-25 02月25日-01号

持続可能なインフラ整備であります。 令和2年度の補助事業は、社会資本整備総合交付金事業で11路線の道路改良、道路舗装、流雪溝、橋梁補修の工事等を要望しています。単独事業では、過疎対策、辺地対策、臨時地方道整備、道路改良事業等で12本の改良工事等を予定しております。 国道46号は、刺巻線形改良の早期完成、地域規格道路の盛岡秋田道路整備促進に向け要望活動を強化します。

北秋田市議会 2019-12-10 12月10日-03号

また、昨年の5月に合川地区、増沢とかあの地域が、やはり築堤がまだできていないということもありまして、そういう水害がありましたので、そういうインフラの整備そのものがやはりあのときも不足しておったのかなと思っています。 

能代市議会 2019-12-10 12月10日-03号

国が電力インフラに求める耐風力、耐えるという意味の耐風力は、毎秒40メートル。千葉市では1966年以降現行基準ができた97年までで最大瞬間風速は40メートルを超えたのは1回だけ。しかし、98年以降は6回を記録、もはや想定外な異常気象とは言えなくなりました。 この異常にさらに輪をかけたリスクインフラの老朽化であります。

仙北市議会 2019-12-10 12月10日-03号

今後、交付金の削減や自主財源の先細りが強く懸念される中、市内インフラの維持管理に多額の負担を強いられる。さらには各庁舎の抱える様々な問題や不要になった、あるいはこれから不要になる市有建築物の解体整理にも相当額の費用を要する。あわせて、急速な市民の平均年齢の高齢化による社会保障費の増大も大きな問題になりつつある。

仙北市議会 2019-12-09 12月09日-02号

したがって、こうした国の動向を踏まえても、今後、市民安全・安心を担保する重要なインフラとして病院を存続させることができるのか否かについては喫緊の課題でありまして、より危機感を持って病院経営に取り組む必要があると考えます。 そこで、市立病院を初めとし、診療所も含めた市内の医療体制の在り方や今後について、次の点を伺いたいと思います。 1点目です。

男鹿市議会 2019-12-09 12月09日-03号

道路舗装等のメンテナンスということでありますけれども、インフラ整備の中で自転車に特化したということではなく対応していくことになろうかと思います。 自転車そのもののメンテナンスの対応ということでございますけれども、あくまでも道路環境整備という中で今問題になっているメンテナンス会議等の中で舗装関係の環境は改善させていくという具合に考えております。