39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鹿角市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第5号 3月13日)

スポーツは、昨年8月にジャカルタ夏季アジア大会で公開競技となっており、またことしの「いきいき茨城ゆめ国体2019」の文化プログラムとしてeスポーツ選手権が初開催されます。これに伴いまして、4月からは都道府県予選が行われるとのことであります。  そこでお伺いいたしますが、県内並びに市内においてeスポーツの取り組みを進めている団体はあるのでしょうか。

鹿角市議会 2018-03-13 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日)

まずは潜在労働力ということですのでごり押しはしませんが、市内の経営者の皆さんの中には実は本当に求人募集を出しても全然人が来ないということで、直接アジアの現地に出向き労働力を確保されている方もいらっしゃいます。例えばそういったものへの何か手助けというものはできないでしょうか、お聞かせください。 ○議長(宮野和秀君) 産業部長

鹿角市議会 2017-02-14 平成29年第1回定例会(第4号 2月14日)

ほかにも、アメリカで行われた世界ジュニアノルディック選手権に花輪二中の3年男子生徒が出場しましたし、今月下旬に札幌で行われるアジア大会の冬季大会にも鹿角出身の選手が出場されるようです。  スキーのまち鹿角として、全国レベルの大会開催ができるということはもちろんですが、強い選手を育成し、競技ベルの向上こそがスキーのまち鹿角だと思います。

鹿角市議会 2016-12-12 平成28年第7回定例会(第2号12月12日)

アジアの中でトップクラスの英語力を目指すべきであり、今後の英語教育改革においては、その基礎的・基本的な知識技能、それらを活用して主体的に課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力等の養成は重要な課題である。我が国の英語教育は、現行の学習指導要領を受けた改善も見られますが、特にコミュニケーション能力育成についてさらなる改善を要するなど課題も多い。

鹿角市議会 2016-09-13 平成28年第6回定例会(第2号 9月13日)

そこで、本市の観光情報の提供について伺いたいと思いますけれども、観光客全体の増加と考えた場合、海外からの観光客をふやすということがもちろん重要なのは当たり前でありますが、海外といいましても欧米だけではなくて、経済発展の著しいアジア各国はもちろん、季節が反対の南半球のオーストラリアからの観光客の誘致ということも特にこれから重要になってくるのではないかと思います。

北秋田市議会 2016-03-08 平成28年  3月 定例会-03月08日−01号

さて、我が国の経済は、中国を初めとするアジア新興国の景気が減速することによるリスクなどが考慮され、最近の株価の乱高下や為替の急激な変動が示すように、先行きの不透明感が増しています。またTPPが農業に及ぼす影響も明確になっていないことから、多くの農家が不安を抱えており、経済情勢は楽観視できる状況にはないと認識しております。  

鹿角市議会 2016-03-08 平成28年第2回定例会(第4号 3月 8日)

TPPのメリットを最大に生かし、中小企業や地場産業農業も含めアジア太平洋地域への輸出海外展開を促進し、鹿角の経済活性化につなげていくべきと考えます。  そこでまず、市民に対するTPPの影響による不安を払拭することが必要と考えますが、その対策はどのようになっておりますか。 ○議長(田村富男君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2015-12-08 平成27年第7回定例会(第3号12月 8日)

最後になりますが、スポーツ振興についてということで、スキー施設アジア大会が開催できる規格にすること、それからここから国際交流のスタートができる、また駅伝のみならずハーフマラソン、フルマラソンが開催できる可能性があります。スポーツ振興が交流人口拡大のポイントになる前向きな考え方を教育長からお願いしたいと思います。 ○議長(田村富男君) 市長。

北秋田市議会 2015-09-29 平成27年  9月 定例会-09月29日−04号

この道を進めば国民の暮らしを犠牲にするだけでなく、北東アジア軍拡競争を引き起こし、軍事軍事の悪循環を導いてしまいます。国民を守るための抑止力を高めるどころか、不必要な緊張を高めるのは明白であります。成立した憲法違反の安全保障法は廃止以外にはないということを申し上げまして、この陳情に賛成させていただきます。よろしくお願いします。 ○議長(松尾秀一)   次に、原案に反対の討論ございますか。  

北秋田市議会 2014-12-19 平成26年 12月 定例会-12月19日−04号

東西冷戦終結後の四半世紀だけをとってもグローバルなパワーバランスの変化、大量破壊兵器弾道ミサイルの開発、国際テロ組織などの脅威により、アジア太平洋地域では問題が発生し、緊張が続いております。また、その脅威が世界のどの地域で発生しても、我が国の安全保障に直接的な影響を及ぼす状況となっております。

鹿角市議会 2011-12-06 平成23年第6回定例会(第2号12月 6日)

今年度はご提言をいただいた内容につきまして、アンケートの実施、あるいは観光学科を有するノースアジア大学と連携をし、外部の観点からの拠点施設検証を行っております。関係団体代表者の皆様と数回にわたり協議もしており、さらに地域住民から広く意見をいただくことを目的に去る11月28日に意見交換会を開催したという状況でございます。  

鹿角市議会 2011-09-14 平成23年第5回定例会(第3号 9月14日)

また、今年度は本市と観光に関する協定締結しているノースアジア大学と連携をし、関係団体等とのワーキング会などを実施しながら外部の観点からの拠点施設検証も行っているところであります。  施設整備に当たっては、大湯地域での合意形成というのが最も重要でありますので、広くご意見を伺うとともに今後も協議を重ね、集約された民意を可能な限り事業に反映させてまいりたいと考えております。

北秋田市議会 2011-03-09 平成23年  3月 定例会-03月09日−03号

アジアから見ますと、日本のスキー場は大変コースが広く、雪質がよくて大人気だそうです。県とも相談しながら、スキー場の整備を行い、観光を拠点として魅力あるものとしていただきたいと思います。  ご答弁、お願いします。  以上です。 ○議長(佐藤吉次郎)   当局の答弁、願います。  市長。

北秋田市議会 2010-09-16 平成22年  9月 定例会-09月16日−02号

そういった中での当北秋田市への入り込み状況でありますが、平成21年度の宿泊者数は、中国、韓国及び台湾を中心にアジア諸国から37名、北米地域から18名の合計55名となっており、また本年1月から3月までの森吉山樹氷まつり期間中は、韓国、台湾のツアー客を中心として588名がゴンドラを利用されております。しかし、その受け入れ態勢やPR活動を検証した場合、必ずしも十分であったとは言えないと感じています。  

鹿角市議会 2010-09-14 平成22年第6回定例会(第2号 9月14日)

米の継続的な支援、提供についてでございますが、年明けの1月にはアジアカップがスケジュールに組まれておりますので、まずはこれを焦点にして新米を提供したいと考えておりますが、前段で申し上げました多方面とのつながりを大事に継続してまいりたいと考えております。 ○議長(黒澤一夫君) 田村富男君。

鹿角市議会 2010-06-16 平成22年第4回定例会(第3号 6月16日)

○市長(児玉 一君) 市では、観光庁が進めるビジット・ジャパン・キャンペーンに沿いまして、アジア市場とした誘客を進めておりますが、近年、本市においても団体ツアーを初め外国人観光客に入り込み数が増加傾向にあります。外国人観光客に対するホスピタリティの向上を図る必要があろうかと思っております。  

鹿角市議会 2008-03-04 平成20年第2回定例会(第2号 3月 4日)

○10番(石川 徹君) 例えば白神山地や屋久島、世界だと中国アジアヨーロッパ、たくさん世界遺産があります。やはり意識ベルの問題というか、先ほども申し上げましたけれども、個人的な仕事をされている方ももちろん配慮して、やはり広告物は、少し考えて対応していただきたいと思います。これは要望いたしておきますので……。 ○議長(中西日出男君) 教育次長

  • 1
  • 2