52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

犬山市議会 2019-09-19 令和元年総務委員会( 9月19日)

○委員(畑 竜介君) 同じく成果報告書の30ページになりますけども、きのう長谷川委員の質問でもちょこっとあったんですけども、大きい5番の業務の総点検というところで、令和元年度に見直しを実施している事項と、今後見直しを検討する事項ということで、RPAについて記載されていますが、これは具体的にどの課でどれぐらい、今だと軽自動車のあれでということですけども、実際にどれだけ削減される見込みなのかというのを詳

犬山市議会 2019-09-18 令和元年総務委員会( 9月18日)

○委員(長谷川泰彦君) 全員協議会資料の70ページの今の情報管理課のほうの14款の国庫支出金という中で、RPA導入というふうに言われましたが、今、今度導入は何をどのようなことでRPAの導入を進められているんでしょうか。 ○委員長(岡村千里君) 答弁を求めます。  長瀨情報管理課長。 ○情報管理課長(長瀨隆生君) 長谷川委員のご質疑にお答えいたします。  

東郷町議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-09-06

RPAについてです。  RPA、ロボテック・プロセス・オートメーション、単純なパソコン入力作業などを、コンピューターに自動的に処理させる技術です。こちらの実証実験を本年1月から3月にかけて行われました。2020年度、来年度からの本格導入を目指しての実証実験であったわけですが、実証実験の結果、実際に本格導入に至れるのか伺っていきたいと思います。  

みよし市議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第3号 9月 5日)

そうした中、注目を集めているのがテクノロジーの力によって業務を自動化するRPAであり、総務省平成30年度に初めて自治体へのRPA導入支援を予算化しました。  また、自治体戦略2040構想研究会が公開した研究調査報告では、RPA等の利活用は人口減少下のスマート自治体を実現、運用するための基礎的なインフラ技術であると指摘をされております。  

稲沢市議会 2019-08-26 令和元年第 4回 9月定例会-08月26日-03号

いずれにいたしましても、今後はICTの利活用による行政手続の簡素化、省力化が進むことが予想されるため、AIやRPAなどの情報技術を用いることにより、さらなる業務の効率化が自治体に求められるものと考えております。以上です。 ◆5番(魚住明君)  ありがとうございます。  スマート自治体というイメージを出されたわけでございます。

豊田市議会 2019-06-10 令和元年 6月定例会(第2号 6月10日)

研究会のテーマは、大きく分けて二つありまして、まず一つ目のテーマはRPA、すなわちコンピュータによる自動処理による業務プロセスの自動化について、二つ目のテーマは、AIを活用した総合案内サービス及び子育て相談サービスについてでございます。本市は、二つ目のテーマについて担当いたします。  

知立市議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会(第2日 6月 5日 一般質問)

ただ、今後導入も必要とされておりますAIやRPAについて、実証実験などを実施した自治体もございます。近隣自治体の状況や全国の自治体の進捗状況などを把握しながら今後も研究を進めていきたいと考えております。 ○議長(田中 健)  9番 杉浦議員。 ○9番(杉浦弘一)  本市のICT化の現状が、近隣他の自治体と比べて遜色がないという答弁でございました。少し安心するところでございます。  

西尾市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第2号) 議事日程及び出席者

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の導               入に向けて 4. 2番 犬飼勝博  1. 防災減災への取り組みについて             2. 安全・安心・快適に暮らせるまちづくりに向けて             3. 「子ども・若者総合相談センター」の設置について 5. 18番 鈴木正章  1. 

東郷町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-03-22

さて、1月25日に連携協定締結いたしましたRPA実証実験は、事務効率化による行政サービスの向上などを目的として、RPAの導入を検討するため、7つの事業について、3月まで実証実験を行っております。今後、費用対効果検証を行い、具体の導入について検討してまいります。  新緑が風に薫る季節となりました。4月には統一地方選挙の時期を迎えます。

みよし市議会 2019-03-12 平成31年総務協働委員会( 3月12日)

あと、今回、こちらとは関係ないんですが、RPAの関係、ロボティック・プロセス・オートメーションという形でいろいろお話がありましたので、ちょっとここで簡単に御説明だけさせてください。よろしいでしょうか。 ○(林 文夫委員長) はい、お願いします。 ○(望月広報情報課長) 実際、私ども、今、検討入っておりまして、去年の8月の30日にデモをやりました。

大府市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会−03月11日-03号

また、IoTやAIなどの技術革新が進む中、本市では、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入に向けた研究を進めております。来年度の本格稼働に向けて、現在、税や保険医療などの分野で実証実験を行っております。職員からは、導入可能な業務を積極的に提案する姿勢が見られ、全庁的に業務の改善意識は向上しております。  

東郷町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-03-07

380 ◯町長(井俣憲治君)[60頁] 人口減少が進み、高齢者人口がまもなくピークを迎え、労働力不足が懸念されるなか、本町といたしましても、住民生活に不可欠な行政サービスを提供し続けるための施策の一つとして、単純な作業事務事務作業をRPA情報分析をAIが処理することによる業務の効率化、標準化を準備、検討しているところでございます。  

稲沢市議会 2019-03-07 平成31年第 1回 3月定例会-03月07日-02号

また、来年度策定予定をしておりますICT化推進計画においても、AIやRPAなど、新しい技術による業務改善も盛り込む中で取り組んでまいりたいと考えております。  子育て介護等と仕事の両立につきましては、育児休業のほか、部分休業、育児短時間勤務、男性の育児参加による休暇制度介護休暇、介護時間及び深夜勤務の制限などを設けております。