471件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

犬山市議会 2019-03-12 平成31年総務委員会( 3月12日)

その場をFMを通してつくっていくというのが一番の目的であります。これってやっぱり行政情報も出したいもんですから、合わせもったというところになっています。  ネーミングからすると、ちょっと違和感を感じられるというのもわかりますが、市民の活躍の場というところで、ある意味では交付金をここにちょっと充当したいというところもありまして、ネーミングを考えたというところです。

長久手市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第4号 2月25日)

災害時の情報伝達体制について、これまでFM波を使用した防災ラジオなどさまざまな伝達手段について検討していますが、有効な伝達手段を確立できていないのが現状です。災害時における緊急情報の速達は重要であることから、このシステムだけでなく、ほかの情報伝達手段も含め、費用対効果なども勘案しつつ、早急に確立する必要があると考えます。  

豊田市議会 2018-12-12 平成30年12月定例会(第4号12月12日)

ソフト面でも防災力を強化するために豊田市では災害時や緊急時において防災行政無線を始め、メールやファクス、ホームページ、コミュニティFM等のさまざまな手段で情報を発信してまいりました。また、平成30年度からは情報伝達体制のさらなる強化を図るために屋内での情報受信が可能な防災ラジオの販売を開始し、高齢者世帯や独居世帯に配布が進んでいることも先ほどお聞きしました。

豊田市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第3号12月11日)

私はこれまで、12年間に市議会定例会を通じて公共建築物については、FM方式ファシリティマネジメントの導入や、建物カルテの整備などにより、建物を建築から解体まで資産として一元管理が必要なことや、建物の長寿命化を図るために予防保全の考えの必要性と効果的・効率的に実施するための組織体制の整備などについて質疑や提言をしてまいりました。  

津島市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日: 2018-12-03

114 ◯16番(森口達也君)[62頁]  ここに今、公共施設FM研究部会というところがまとめた業務、アウトソーシングという文書があるんですけれども、これは青森県の事例なんですけれども、例えば平成19年度に県有財産とかそういう物件が売れた13件が、翌年の20年度には、この年にアウトソーシング化をしているわけですよ。

あま市議会 2018-09-11 平成30年総務文教委員会 本文 開催日:2018年09月11日

◯山内隆久委員 成果報告書の26ページ、2款、1項、6目、コミュニティFM事業費ということで、当初予算決算額も同じですが、517万9,000円になっております。  海部地域の7市町村で分担ということですが、割合を見ると人口割が80%、面積割と均等割がそれぞれ10%で100%ということで御説明をいただいております。人口割が多いです。

豊橋市議会 2018-09-06 平成30年  9月 定例会-09月06日−02号

まず初めに、一昨日の台風21号の接近では、本市においての避難指示や避難勧告といった発令はありませんでしたけれども、今回本市は午前10時には、市内の全ての第一指定避難所70か所を開設ということを、ほっとメール、FM豊橋、ホームページを通じて市民に伝え、その結果として最大で25か所に、43世帯、61人の市民の方々が避難所に来られたということです。今回のそういう意味での素早い対応に感謝します。  

津島市議会 2018-09-05 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日: 2018-09-05

68 ◯13番(伊藤恵子君)[ 194頁]  同報系無線も、かなりお金がかかるからできないということですので、こういうFMラジオ地域情報を、ラジオを切っていても緊急の場合はラジオに緊急警報が出るという装置で、各自治体でこのラジオ、受信機の助成が始まっておりまして、そういうもので災害情報を知るということが非常に効果的だということですので、ぜひ検討していただきたいと

豊明市議会 2018-09-01 平成30年9月定例月議会(第4号) 本文

防災災害情報の発信のみならず、平常時は市民への情報発信、シティープロモーションにも役立てることができるコミュニティーFMの立ち上げを働きかけてはどうかということです。  コミュニティーFMは、原則として20ワット以下の地域密着型のFMで、身近なところでは、前回も御紹介した、刈谷市、安城市、知立市、碧南市、高浜市を放送エリアとするPitch FMなどがあります。

長久手市議会 2018-08-31 平成30年第3回定例会(第3号 8月31日)

だから皆さんに一遍FMを通じて、じゃあ、このまちをどうしたらいいのか、みんなでやめようじゃないかというようなことを前からお話をしております。そのために、北の2市と、それから南の4市と話し合いまして、じゃあ、このグラウンドは日進を使ったらどうだと、言ってみれば、全部で5つのまちは150キロ平米だと。私たちが競うのは1,500キロ平米だと、向こうは3万人でこっちは30万人。

知立市議会 2018-03-02 平成30年 3月定例会(第4日 3月 2日 一般質問)

八戸市の中心市街地にできましたポータルミュージアムというのがありまして、設計途中では八戸市中心市街地地域観光交流施設というようなややこしい名前でやってみえたんですけど、それは観光に特化しているわけではなくて、最終的には八戸ポータルミュージアムはっちという名前で、その中には5階建ての中に中心的に子育てはやってるんですけど、そのほかに飲食もあり、FM局のサテライトがあり、文化的な専門的な研究をする人が寝泊

東海市議会 2018-03-01 平成30年 3月定例会 (第1日 3月 1日)

環境経済部長(沢田稔幸)  質問事項6、産業振興とにぎわいづくりについての質問項目の1点目、ユウナルステーションの位置づけと活用についてでございますが、本年1月に開設をいたしましたユウナルステーションは、東海観光情報センターと知多メディアスネットワークが運営するFMスタジオを併設された施設でございまして、観光施策を推進する重要な施設であると位置づけているところでございます。  

長久手市議会 2018-02-26 平成30年第1回定例会(第3号 2月26日)

しかしながら、同時期に同じ財政課が所管し、内容に極めて関連性の高い公共施設等総合管理計画、いわゆるFMでございますが、これの市民ワーキング開催と重複させることがよいかどうかを内部で検討いたしました結果、まずは公共施設等総合管理計画のワーキングを優先させまして、その次に市役所公共施設整備基本計画のワーキングを本年の3月から実施することにした次第でございます。

犬山市議会 2017-12-11 平成29年12月定例会(第5日12月11日)

それから、メールもやっていますけど、登録してない方や高齢者には届かないというようなことがありまして、お隣の美濃加茂市では、FM放送があるんですけども、そこのFMを利用した防災ラジオを美濃加茂市ではスタートするということを捉えて質問されていましたけども、可児市も同じFM局だということで、こういう質問をされていました。