112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安城市議会 2019-09-05 09月05日-03号

また、今後の5年間1年後、3年後、5年後ぐらいの区切りで予定お聞きします。 ○議長(二村守)  ただいまの質問に対し、答弁願います。都市整備部長。 ◎都市整備部長荻須篤)  現在の状況としましては、土地区画整理事業認可権者である愛知に対し、事業基本構想や都市施設の配置計画などまちづくり基本計画について協議進めております。

春日井市議会 2019-07-01 07月01日-03号

このシステムは,災害発生時の住民基本台帳のデータベースに被災者台帳つくり,1,家屋の被害,2,避難先,3,犠牲者の有無,4,口座番号,5,罹災証明書発行状況など一元管理するものです。氏名など端末に打ち込めば,被災関連情報すぐに見つけ出すことができます。このときの御答弁では,地域防災計画の見直しやBCPの策定の中で,システム導入について調査検討してまいりたいということでした。 

碧南市議会 2019-06-13 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第1日)  本文

自動運転ライドシェアに代表される交通革命と言われるほどの社会の大変革もたらす将来予測であります。  今回の計画改定には、このフレーズは全く出てきません。果たして、これで将来の碧南市のまちづくり決定してしまっていいのでしょうか。自動運転ライドシェアも遠い未来のものではありません。

春日井市議会 2018-12-12 12月12日-03号

現在では全国平均愛知平均から先ほど申し上げたように10ポイントも下回っております。 23年前からなぜこのように整備の速度(スピード)落としたのかまずお尋ねいたします。 また,本市の下水道基本計画に掲げられている計画の内容全部,つまり100%達成する目標時期はいつなのかお尋ねいたします。 次に,(2)であります。 

尾張旭市議会 2018-06-18 06月18日-03号

第4期障がい者計画・障がい福祉計画は、平成27年度から29年度までの3年間の計画で、「ともに生きよう みんなで支えあう住みよいまち 尾張旭」基本理念として、7つの基本目標掲げるとともに、第五次総合計画計画人口実現に効果が期待できる10の事業チャレンジ事業と位置づけ、重点的に取り組んでまいりました。 障がい者計画では、60の成果指標中、7割以上で目標達成または改善となりました。 

犬山市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会(第6日 3月12日)

市長に伺いたいのは、今、ソメイヨシノの寿命が40年、50年というような答弁が今までも、今もあったんですけども、先進事例として挙げられた岩倉市は桜で有名ですけども、保存方法などでは、僕が調べた限りでは、青森弘前市が日本では一番先駆者としてされているんではないかなと。市内にも樹齢100年超えるソメイヨシノがあったり、弘前方式という桜の保存方法研究しているということでした。

岩倉市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第 4号 3月 2日)

その一つに親世代雇用が不足していること、親世代正規雇用受け、長くよい環境で働けることが子育ての難しさ軽減させ、将来の不安なども少しずつ解消してくれると思います。子どもの貧困への心配なくすことは少子化改善することにもつながるのではないでしょうか。社会の仕組み変えることは簡単ではありません。しかし、子ども未来の定義とするならば、一番優先して考えるべき問題とも言えるのではないでしょうか。

豊田市議会 2017-12-04 平成29年12月定例会(第2号12月 4日)

教育行政部長太田庸介) 豊田教育行政計画は、教育基本法に基づき国が定める教育振興基本計画参酌し、地域の実情に応じて策定する豊田市版の教育振興基本計画として位置づけています。  同時に、次期計画では、市長が定めることとなった教育施策の根本的な方針である豊田教育大綱実現するための具体の行動計画としても位置づけております。  

春日井市議会 2017-09-25 09月25日-03号

このように,中核市は各分野市民サービスに大きくかかわる権限有し,確実に市民サービスの向上もたらす制度であります。 現在,全国で48の都市中核市の指定受けております。私は,48番目に,ことし1月に中核市となった青森八戸市と,来年4月に中核市移行目指している兵庫明石市先月8月に調査してまいりました。 まず,八戸市でありますが,青森の東端に位置する人口23万人の都市であります。

豊橋市議会 2017-09-06 09月06日-03号

まず、環境省等から発信される、高病原性鳥インフルエンザの流行の状況発生状況についての情報注視してまいります。基本的には、これまでと同様に市民から死亡野鳥に関する通報があれば、その状況聞き取り、疑いがあるものに対しては、現場での調査行い、マニュアル等により、東三河総局へ持ち込むこと予定しております。