14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

日進市議会 2017-02-27 02月27日-02号

さて、この4月から開設いたします消費生活センターの役割といたしましては、こうした特殊詐欺未然に防止するための相談のほか、インターネットトラブルリフォーム被害、送りつけ商法霊感商法また、クーリングオフなどのさまざまな消費者被害について、消費生活アドバイザーなどの資格を持つ相談員相談に当たります。また、場合によっては相手先との交渉に当たる場合もございます。

日進市議会 2016-02-25 02月25日-02号

項目めの1点目、悪質商法から市民を守るために。 不必要な高価なものの購入、家屋の必要以上の修繕など、主にひとり暮らし高齢者を狙った悪質商法が日進でも後を絶ちません。悪質商法による被害状況はどうか、どのように対応されているのか、また、本市における28年度広域連携による消費生活センター整備を評価しますが、具体的な取り組み内容相談支援体制はいかがかをお聞きします。 

扶桑町議会 2012-12-12 平成24年総務文教常任委員会(12月12日)

で、何をやっているかというと、霊感商法だとか、壺を売りつけて非常に社会的に非難されるような行動をしているような集団から出ておる陳情なんですよね。そういうことを考えたら、こんなやつに乗ったら扶桑町議会見識が僕は疑われると思うんですよね。以上です。 ○委員長新井三郎君) ほかにございますか。    〔挙手する者なし〕 ○委員長新井三郎君) ほかにないようですので、討論に入ってもいいですか。

新城市議会 2011-03-05 平成23年3月定例会(第5日) 本文

個別の公共施設は、貸し出しに当たっては公序良俗に反するような使用には貸さないというような個別の規定があると思いますけれども、例えばそういった団体市民被害を与えそうな、催眠商法だとか霊感商法のような用途で公共施設を使用した場合に、市民被害が及ぶ可能性があるんですけど、そういうような状態、この暴力団排除条例では難しいかと思いますけれども、もう少し総合的に市民の安全を守るような、単なる県やその他の団体

碧南市議会 2010-03-11 2010-03-11 平成22年予算審査特別委員会経済建設分科会 本文

377 ◆商工課長鈴木哲夫君) ことしの内容ですけれども、悪質商法それから多重債務金銭相談商品相談という形の相談をいただいております。具体的に言えば、件数は、悪徳商法が5件、多重債務が8件、金銭相談が2件、商品相談が2件、その他1件という形でございます。ただ、月平均すると1日1件ぐらいの相談という形に今のところなっております。  

碧南市議会 2009-09-14 2009-09-14 平成21年第6回定例会(第3日)  本文

それで、4月から8月までの相談件数でございますが、これが6件ございまして、内容的にはやはり高額商品を契約してしまったけれども解約できないかだとか、同じような内容でございますが、霊感商法で、要は商品を購入契約したけれども解約できないかですとか、あるいは多重債務になったが何とかならないかというような御相談が主なものでございます。  

一宮市議会 2005-03-07 03月07日-02号

従来のお金に対する教育は、欧米の金銭教育の翻訳である投資の上手な方法などが主なテーマとなっており、それ以外には貯蓄についての金融教育や悪質商法等に対する消費者教育等がありますが、クレジットカードやローンを活用した目に見えない消費までを含めたトータルな金銭教育については、余り取り組まれてきませんでした。

東郷町議会 2004-03-10 平成16年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2004-03-10

教室内容といたしましては、空き巣、ひったくり、霊感商法おれおれ詐欺などの手口を紹介し、被害に遭わないよう注意を呼びかけております。東郷町老人の集いにおきましても防犯啓発の時間をいただき、多くの高齢者啓発を行いました。  保育園児につきましては、連れ去り・誘拐防止教室音貝保育園中部保育園で行いました。

刈谷市議会 1994-09-07 09月07日-01号

また侍商法つまり、資格取得商法に引っかかる寸前におかしいと気づき、県消費者生活センターに調査をしてもらい、受講料25万円の支払いを未然に防ぐことができたというニュースもあり、改めて訪問販売手口の巧妙さに驚かされる次第でございます。そのほかにも、アポイントセールス。あなたは抽選に当たりました、おめでとうございます。

刈谷市議会 1993-06-07 06月07日-01号

近年、ここではT教会というふうに言わせていただきますが、T教会や得体の知れない自己啓発セミナーがマスコミをにぎわしていることは御承知のとおりでありますが、この問題は単なる有名芸能人のゴシップや霊感商法犯罪性にとどまる問題ではなく、一方で、今日の青年団体青年教育関係者に対する青年教育の問い直しを迫られている課題であるといっていいと思います。青年は、本来悩み多き世代であります。

半田市議会 1989-06-14 06月14日-01号

このような状態の中で、従来の事業者規制を行うという行政手法では、次々と新しいやり口を考える悪質業者に対して被害が拡大したあとで対応を図るという後追い的行政にならざるを得ず、問題の抜本的解決のためには悪質商法等による消費者トラブルに巻き込まれないよう主体性を持った消費者を早い段階から育成することが何よりも重要になってきているのではないでしょうか。 

  • 1