運営者 Bitlet 姉妹サービス
1166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 大府市議会 平成30年第 3回定例会−09月14日-03号 また、地震災害における給水の備えとして、耐震化に注目してまいりましたが、大阪北部地震においては、水橋が破損し、大量の水が川に注ぎ落ちている様子が報道され、その先で断水が起こるであろうことは容易に想像ができました。地中の耐震だけでなく、水橋にも備えが必要であることに気付かされました。特に基幹路、主たる路は、より整備時期が古い可能性があり、中には橋の構造になっているものもあるだろう。 もっと読む
2018-09-13 大府市議会 平成30年第 3回定例会−09月13日-02号 また、浸水被害軽減のため、ため池に洪水調整機能の付加、水路改修、大東小学校での校庭貯留、排水機場の更新等を実施しています。  次に、5項目目の「土砂災害特別警戒区域等に対する取組は」についてでございますが、毎年5月頃に実施します災害対策支部総点検時に、支部員、地域住民及び危機管理課職員で危険箇所の現地確認をしています。 もっと読む
2018-09-07 犬山市議会 平成30年 9月定例会(第2日 9月 7日) これは当初は私自身も犬山地内で貯留施設をつくって、西の扶桑町のほうの下流に流すべきだという意見を当初言っていました。それから、途中から、扶桑町も困っておる。広域で扶桑町と犬山市で協議をして、何とか土地の安いほうで貯留施設ができんか協議してくれという提案をこの場でもさせていただきました。   もっと読む
2018-09-07 春日井市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−01号 本案は,熊野桜佐地区雨水1号調整池築造工事の工事請負契約を締結するに当たり,春日井市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき,議会の議決をお願いするものでございます。  工事名は,熊野桜佐地区雨水1号調整池築造工事。契約金額は,11億3,940万円。契約の相手方は,秋吉・猪野特定建設工事共同企業体。代表者は,春日井市穴橋町字山本1488番地,株式会社秋吉組。 もっと読む
2018-06-20 春日井市議会 平成30年  6月 定例会(第4回)-06月20日−01号 当局より,事業の目的は御幸町・長塚町など,勝西排水区49ヘクタールの浸水被害の軽減を図るため,貯留容量6,300立方メートルの雨水調整池の整備を行うものです。   もっと読む
2018-06-15 岩倉市議会 平成30年第2回定例会(第 5号 6月15日) ○12番(宮川 隆君) では、視点を変えまして、バブル期に急速に整備した水道の破損や施設の壁面の剥離など、今後ますます修繕の発生件数が増加することが想定されます。あわせて、これまでより素早い対応、密度の高い対応が要求されるものと考えます。  公共施設維持管理係等、職員の安易な増員を伴わない解決策は考えられているのでしょうか。 ○議長(黒川 武君) 総務部長。 もっと読む
2018-06-13 豊田市議会 平成30年 6月定例会(第4号 6月13日) 昭和47年7月豪雨では、枝下用水の幹線部分が上部からの雨水を受けきれずに決壊し市街地に大量の雨水が流れ込みました。  そこで、小項目2、四七災害の被害状況について伺います。 ○議長(鈴木 章) 前田部長。 もっと読む
2018-06-12 江南市議会 平成30年  6月 定例会-06月12日−02号 この排水路には、その後も堤防北側の宮田町藤ノ森地区からの排水の流入がありましたが、藤ノ森地区は木曽川流域の排水区であり、日光川流域に藤ノ森地区の排水を流出することを解消するため、平成26年度に県道里小牧北方江南線下の路を閉塞し、蘇南公園南側の黒岩放水路から木曽川に流れるように改築しました。   もっと読む
2018-06-07 江南市議会 平成30年  6月 定例会-06月07日−01号 第4項は、雨水貯留浸透施設に係る固定資産税の課税標準の特例措置の参酌基準が見直されたことを受けて、特例割合を改めるものでございます。   もっと読む
2018-06-04 春日井市議会 平成30年  6月 4日 建設委員会-06月04日−01号 まず、1の本事業の目的は、御幸町・長塚町などの勝西排水区49ヘクタールの浸水被害の軽減を図るため、貯留容量6,300立方メートルの雨水の調整池の整備を行うものです。  次に、2のこれまでの経過につきまして簡単に御説明申し上げます。 もっと読む
2018-06-04 春日井市議会 平成30年  6月 4日 建設委員協議会-06月04日−01号 (2)雨水流出抑制対策といたしましては、家庭雨水利用促進補助10件、雨水浸透阻害行為許可を28件、行っております。  事項2 工務関係では、河川排水路整備や修繕、しゅんせつにおきまして、それぞれ記載のとおり実施いたしました。4 新川総合治水関連雨水流出抑制対策では、勝川駅南公園の地下に貯留量約3,000立法メートルの雨水調整池を平成29年、30年の2カ年で工事に着手いたしました。 もっと読む
2018-03-20 豊山町議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月20日−04号 付託議案第4号豊山町道路線の認定について、委員より、道路の下に雨水貯留施設の有無は、また行きどまり道路を町道として認定するのに問題はないかの質疑があり、道路部分は浸透性舗装を行っている。町に帰属することによって下水道に接続しやすい等との答弁がありました。討論はなく、全員賛成により原案のとおり可決することを認めることに決定いたしました。   もっと読む
2018-03-16 犬山市議会 平成30年建設経済委員会( 3月16日) *********** 〇付託議案     第3号議案 犬山市資源物回収施設の設置及び管理に関する条例の制定について     第4号議案 犬山市不用品再利用促進施設の設置及び管理に関する条例の制定に           ついて     第6号議案 城前広場の設置及び管理に関する条例の制定について     第8号議案 犬山市附属機関設置条例の一部改正について(建設経済委員会の所           もっと読む
2018-03-16 江南市議会 平成30年  3月 定例会-03月16日−06号 交通結節点整備事業で、雨水貯留施設設置工事費の全額を減額補正しているが、繰越明許費としない理由は何か、また工事の着工はいつになるのかとの質疑があり、この工事は国庫交付金の内示額が予算を上回ったため、平成30年度の施工予定を平成29年度に前倒し、9月に補正予算を計上したもので、雨水貯留施設を設置する布袋駅東駅前広場用地は、複数の鉄道高架工事施工業者が作業ヤードとして使用しており、調整を図りましたが、年度内 もっと読む
2018-03-15 一宮市議会 平成30年  3月 建設水道委員会-03月15日−01号 次に、委員会資料ナンバー6−6、流域貯留施設築造事業「末広小学校」をお願いします。末広小学校流域貯留施設は、学校の敷地内に降った雨水を、グラウンドを盤下げして貯留する施設を整備するもので、防災・安全交付金を活用して、平成31年度の完成を目指しています。平成30年度につきましては、測量設計に係る委託料の予算をお願いしております。   もっと読む
2018-03-12 稲沢市議会 平成30年第 1回 3月定例会-03月12日-04号 また、人口減少対策としてまちの基盤づくりを推進するため、名鉄国府宮駅周辺の再整備に向けた地元への説明会、意向調査などに係る経費や、三宅川流域の浸水被害対策のため、稲沢公園の西側道路内の雨水貯留施設設置に係る設計料などを計上いたしております。  第3は、公共施設の再編でございます。 もっと読む
2018-03-09 日進市議会 平成30年  3月 9日 予算決算委員会市民建設分科会-03月09日−01号 2款1項下水道渠整備事業について、質疑、意見はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次に、第3表、地方債補正について、質疑、意見を伺います。質疑、意見はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次に、給与費明細書について、質疑、意見を伺います。質疑、意見はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕  次に、地方債に関する調書について、質疑、意見を伺います。 もっと読む
2018-03-05 稲沢市議会 平成30年第 1回 3月定例会−03月05日-01号 石橋浄水場の自家発電機設備につきまして、災害時等に電力供給が途絶えた場合においても、平常時と同様の水道水供給をより長時間行えるよう設備更新工事を行うとともに、上水道の基幹路や避難所等へ給水する重要支線路の耐震化に取り組み、安全でおいしい水道水の安定供給に努めてまいります。  また、清潔で快適な生活環境を形成するため、公共下水道の整備を進めてまいります。 もっと読む
2018-02-28 犬山市議会 平成30年 3月定例会(第1日 2月28日) さらに、都市浸水対策の一環として、宅地内に雨水貯留浸透施設を設置される方に対して補助金を交付する制度を設け、市民の皆様方へ豪雨時に河川や水路へ流入する雨水の抑制にご協力いただけるよう周知に努めてまいります。  水道事業については、市内に張りめぐらされた水道について、その耐震化を図りながら、丸山天白町をはじめ、市内各所において、布設替工事を継続的に実施してまいります。   もっと読む
2018-02-28 岩倉市議会 平成30年第1回定例会(第 2号 2月28日) 施政方針ではあえて強調していませんが、平成30年度も、児童福祉では、病児保育や一時保育の充実などの保育環境の充実、浸水対策では、五条川小学校の雨水地下貯留施設整備、住宅施策としては、空き家バンクや空き家等解体補助、三世代同居・近居支援事業、産業振興では、中小企業・小規模事業者活性化行動計画に基づく地域産業活性化支援事業を初めとした各種事業、企業誘致など、その他シティプロモーション事業や婚活事業にも取 もっと読む