運営者 Bitlet 姉妹サービス
54件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-12-05 豊明市議会 2017年12月05日 平成29年12月定例月議会(第4号) 本文 生産価格を割り込んでしまい、農業従事者からは、離農意識の高まりが見られるところであります。  戦後の日本の農業を支えていた法律が廃止されるに当たり、総合して見ると、先行きの懸念を覚えるところであります。しかし、日本の農業も現状のままではますます衰退し、食料自給率もしたがって当然のこと、下落することと考えます。   もっと読む
2017-09-19 大府市議会 平成29年 9月19日建設消防委員会−09月19日-09号 また、都市近郊という立地条件により、非農業者出身の就農者が増えており、離農する農業者の農地を有効活用及び荒廃農地の発生を抑制するためには、利用権設定が有効と考えております。  2点目ですが、平成28年度の解消面積は6万3,941平方メートルで、そのうち、作物作付面積が9,459平方メートル、草刈りのみの面積が5万3,940平方メートル、農地転用面積が542平方メートルです。 もっと読む
2017-09-19 岩倉市議会 平成29年第3回定例会(第 5号 9月19日) 農家の高齢化などにより、優良な農地でも将来的に離農者や耕作放棄地の増加が見込まれるためだ。地域の雇用の受け皿をふやし、地方創生につながる。  国は、全国に約450万ヘクタールある農地を立地や営農条件によって5区分している。駅周辺の再開発に適した農地などでは、現在も転用を認めている。 もっと読む
2017-09-13 豊田市議会 平成29年予算決算委員会 産業建設分科会( 9月13日) その40件のうち、現在までの離農件数は6件であり、その定着率は85パーセントになっております。  以上です。 ○分科会長(木本文也) 大村委員。 ○分科会委員(大村義則) 予算執行実績報告書213ページ、6款1項3目農業振興費の14鳥獣対策費です。先ほども質疑があり、駆除された頭羽数1万670頭羽の主な内訳が示されましたが、その駆除した後の処理がどうなっているのか、お聞きしたいと思います。   もっと読む
2017-09-08 日進市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月08日−04号 ◎(遠松建設経済部長) 農地利用最適化推進委員の業務につきましては、耕作放棄地の発生防止、解消を図るため、農地パトロールを行い、現状の耕作放棄地を把握するとともに、後継者がいない、離農したいなど、そういった農家が所有いたします将来的に耕作放棄地となる可能性がある農地の把握に努めていただきたいと考えております。   もっと読む
2016-09-12 大府市議会 平成28年第 3回定例会−09月12日-02号 ◎市民協働部長(木學貞夫)  一般論ということですけれども、生活道路など、そういう狭小道路、こちらのほうに通過車両が流入するということが原因で事故等が起きるということですと、そういった場合は、まず最初に考えるのが、通過車両の流入抑制を行うことであると思います。   もっと読む
2016-06-14 稲沢市議会 平成28年第 3回 6月定例会-06月14日-02号 それでは最後になりますが、介護給付費を抑制するための考えに対しましてどのように考えているのか、見解をお聞かせ願います。 ◎福祉保健部長(川口紀昭君)  稲沢市におきましても高齢者が増加をし、介護給付費も増加をいたしております。それに伴い保険料負担も重くなってきており、このままでは制度の維持も問われることになっております。  そこで言われているのが地域包括ケアシステムの構築でございます。 もっと読む
2016-03-10 尾張旭市議会 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月10日−03号 一方、本市は、いち早く、平成26年3月に策定しました尾張旭市第五次総合計画において、人口減少、少子高齢化の急速な進行を見据え、人口増加を図り、少子高齢化を抑制する取り組みを盛り込んでおります。その具体的な内容といたしましては、計画人口実現のためのチャレンジとして5つの分野を掲げ、これまで以上に成果の向上を目指すとしております。 もっと読む
2016-03-01 豊田市議会 平成28年 3月定例会(第3号 3月 1日) 豊田市環境基本計画前期5年での結果を踏まえ、中間報告では目標に対していま一歩の項目もあり、見直しを行い後期重点プロジェクトを実施していますが、特に循環型社会の確立に向け、発生抑制とリサイクルの向上で、ごみそのものの減量化が必要であることは共通の認識だと思います。  ごみ減量化に向けた取組の進捗と、今後の取組について順次、お伺いしていきます。   もっと読む
2016-03-01 豊田市議会 平成28年 3月定例会(第3号 3月 1日) 豊田市環境基本計画前期5年での結果を踏まえ、中間報告では目標に対していま一歩の項目もあり、見直しを行い後期重点プロジェクトを実施していますが、特に循環型社会の確立に向け、発生抑制とリサイクルの向上で、ごみそのものの減量化が必要であることは共通の認識だと思います。  ごみ減量化に向けた取組の進捗と、今後の取組について順次、お伺いしていきます。   もっと読む
2015-12-08 稲沢市議会 平成27年第 7回12月定例会-12月08日-02号 ◎経済環境部長(岩間福幸君)  耕作放棄地は、後継者不足、担い手不足、農作物の価格低迷による他産業への転換、資材高騰による離農など、さまざまな理由で農業従事者の方々が耕作を断念したことにより発生しております。   もっと読む
2015-09-04 瀬戸市議会 平成27年 9月定例会-09月04日−04号 ③ 10年後の本市の農業を想像した時、農業従事者の更なる高齢化、離農者の増加による「農地(遊休農地)の管理者不足」が最大の懸案事項であると思われるが、農業従事者を確保していく為、市としてどの様に取り組み、解決をしていくのか伺う。 もっと読む
2015-03-16 大府市議会 平成27年 3月16日建設消防委員会−03月16日-03号 やはり牛が毎日使用するものの価格の高騰が直接経営に影響して、離農のケースが増えておるわけですけれど、予算を検討する際に、こういった直接的な飼料などの支援の検討は、議論としてあったのかどうか。予算は何も出ていませんけれど、いかがでしょうか。 ◎農政課長(高木繁光)  今年度については、しておりません。 もっと読む
2015-03-13 豊川市議会 平成27年 予算特別委員会(3月)-03月13日−02号 今後、メニュー等を検討していく中で、もう少し精査していくお考えがあるのか、それから、ほかの補助メニュー等があまり消化されなかった場合に、その余った金額等を太陽光発電等に回していくお考えがあるか、あるいは、国の施策として補助金はなくなりましたが、国の施策としては、原発再稼働等いろいろな中で太陽光発電システムに対して抑制がかかっていると思いますが、市としては、やはり住民の要望に応え積極的に推進していくという もっと読む
2014-12-10 みよし市議会 平成26年第4回定例会(第3号12月10日) こうした新規事業は、5年先、10年先を見据えて行うものですが、将来的に、どのような規模になり、犯罪抑制のため、どのような効果を想定されているのでしょうか。 ○議長(近藤鋓男議員) 協働部長。 もっと読む
2014-09-09 新城市議会 2014-09-09 平成26年9月定例会(第3日) 本文 私は、この示唆が区の産廃反対の声を抑制したと思います。  というのは、この6月の時期というのは、タナカ興業の土地の買い戻しをすることができる特約が有効だったときでした。  後に、市議会は反対の決議をあげますし、今も地元の反対が根強く広がっている状況を見ますと、昨年の6月、一番行わなければならなかった地元区民への産廃業者施設の情報伝達がおくれたと思います。   もっと読む
2014-06-12 稲沢市議会 平成26年第 3回 6月定例会-06月12日-03号 ◎経済環境部長(加賀雅行君)  耕作放棄地につきましては、後継者不足、担い手不足、農産物の価格低迷や、資材高騰に伴い農業収入が減少することによる離農など、さまざまな理由で農業従事者の方々が耕作を断念したことにより発生いたしております。   もっと読む
2014-06-10 大府市議会 平成26年第 2回定例会-06月10日-02号 次に、3項目目「耕作放棄地に対する課題と対策は」についてでございますが、高齢な農業従事者の離農、相続による土地持ち非農家の増加、農産物価格の低迷による担い手不足等により耕作放棄地の増加が懸念されております。 もっと読む
2012-12-11 北名古屋市議会 平成24年第4回定例会(12月)-12月11日−02号 私どもは、国は自治体や加入者のみに国保財政の負担増を強いるのではなく、また医療費抑制施策での県単位の広域化でなく、国の責任で福祉の増進に寄与する役割を果たすことが、市民の命と健康を守ることと考えます。今後の福祉制度のあり方についてと、現状をどのように捉え、正常化していくのか、副市長にお尋ねします。   もっと読む
2012-03-06 西尾市議会 2012.03.06 平成24年3月定例会(第5号) 本文 市全体では、水田においては引き続き担い手を中心に集積を進め、畑については新規就農者なども容易に借り入れできる体制を整備するなど、耕作放棄地の抑制に努めてまいります。 ◯議長(新家喜志男) 鈴木正章議員。 ◯8番(鈴木正章) 再質問いたします。ご答弁がございましたオペレーターの露地野菜作付の実績は、どんな状況なんでしょうか。 もっと読む